Show Menu
トピック×

公開したサイトを使ってみる

パブリッシュサーバー上の新しいサイトの参照

新しく作成したコミュニティサイトが公開されたので、次はこのサイト作成時に表示された URL を参照します。ただし、このとき参照するのはパブリッシュサーバー上の URL です。次に例を示します。
  • 作成者URL = https://localhost:4502/content/sites/engage/en.html
  • 発行URL = https://localhost:4503/content/sites/engage/en.html
どのメンバーがオーサーインスタンスにサインインし、どのメンバーがパブリッシュインスタンスにサインインしているかを混乱なく把握するために、インスタンスごとに異なるブラウザーを使用することを推奨します。
公開済みサイトに初めてアクセスするときは、通常、そのサイト訪問者はまだサインインしておらず、匿名です。
https://localhost:4503/content/sites/engage/en.html {#http-localhost-content-sites-engage-en-html}

匿名のサイト訪問者

匿名サイト訪問者のUIには、次の情報が表示されます。
  • サイトのタイトル(はじめにのチュートリアル)
  • プロファイルリンク
  • メッセージのリンクなし
  • 通知リンクなし
  • 検索フィールド
  • ログインリンク
  • ブランドバナー
  • リファレンスサイトテンプレートに含まれるコンポーネントのメニューリンク。
様々なリンクを選択すると、読み取り専用モードになります。

JCRでの匿名アクセスの禁止

既知の制限により、コミュニティサイトのコンテンツはjcrコンテンツとjsonを通じて匿名訪問者に表示されますが、 匿名アクセスを許可 (サイトのコンテンツに対しては無効)。 ただし、この動作はSlingの制限を回避策として使用して制御できます。
コミュニティサイトのコンテンツを、jcrコンテンツとjsonを通じて匿名ユーザーによるアクセスから保護するには、次の手順に従います。
  1. AEM作成者インスタンスで、https:// hostname:port/editor.html/content/site/sitename.htmlに移動します。
    ローカライズされたサイトには移動しないでください。
  2. 「ページのプロ パティ」に移動
  3. 詳細 」タブに移動します。
  4. Enable Authentication Requirement .
  5. 追加ログインページのパス。 For example, /content/......./GetStarted .
  6. ページを公開します。

信頼されているコミュニティメンバー

This experience assumes Aaron McDonald was assigned the roles of community manager and moderator . If not, return to the author environment to modify the site settings and select Aaron McDonald as both community manager and moderator.
In the upper right corner, select Log in , and sign with username ( aaron.mcdonald@mailinator.com ) and password (password). TwitterまたはFacebookの資格情報を使用してサインインする機能に注目してください。
登録コミュニティのメンバーとしてサインインすると、次のメニュー項目が表示され、コミュニティサイトをクリックして参照できます。
  • プロファイル ・オプションを使用すると、表示と編集が可能になります。
  • 「メッセージ 」オプションを選択すると、ダイレクトメッセージのセクションに移動し、次の操作を行うことができます。
    1. 表示受信したダイレクトメッセージ( #)、送信済み( #)、削除済み( #)。
    2. 個人やグループに送信する新しいダイレクトメッセージを作成します。
  • 「通知 」オプションを選択すると、通知セクションに移動し、関心のあるイベントの表示や通知設定の編集を行うことができます。
  • モデレート権限を持つ場合は、「管理」をクリックすると 、AEM Communitiesのモデレートページに移動します。
カレンダーページがホームページになっていますが、これは、選択した参照サイトテンプレートの最初に含まれているのがカレンダー機能で、その後にアクティビティストリーム機能、フォーラム機能などが続いているからです。This structure is visible from the Site Template console or when modifying site properties in the author environment:
コミュニティのコンポーネントと機能の詳細については、次を参照してください。

自己登録

ログアウトした後に、新しいユーザー登録を作成できます。
  • Log In
  • Sign up for a new account
デフォルトでは、電子メールアドレスがログイン ID になります。このチェックボックスをオフにすると、訪問者は独自のログインID(ユーザー名)を入力できます。 ユーザー名は、公開ユーザーで一意である必要があります。環境
After specifying the user's name, email, and password, selecting Sign Up will create the user and enable them to sign.
Once signed in, the first page presented is their Profile page, which they can personalize.
メンバーが自分のログイン ID を忘れた場合は、電子メールアドレスを使用して回復することができます。