Show Menu
トピック×

イネーブルメントリソースの作成と割り当て

イネーブルメントリソースの追加

新しいコミュニティサイトにイネーブルメントリソースを追加するには:
  • 作成者インスタンスでシステム管理者としてログインします。
  • From global navigation, select Communities > Resources
  • イネーブルメントリソースを追加するコミュニティサイトを選択します。
    • Select Enablement Tutorial .
  • From the menu, select Create .
  • Select Resource .

基本情報

以下のとおり、リソースの基本情報を入力します。
  • サイト名
    選択したコミュニティサイトの名前に設定します。有効化のチュートリアル
  • Resource Name*
    スキーレッスン1
  • タグ
    Tutorial : Sports / Skiing
  • カタログに表示
    「オン」に設定し ます
  • 説明
    初心者向けの雪滑り。
  • 画像を追加
    割り当て表示内のメンバに対してリソースを表す追加画像。
  • 次へ 」を選択します。

コンテンツの追加

複数のリソースを選択できるように見えますが、選択できるのは 1 つだけです。
Select the '+' icon , in the upper right corner, to begin the process of choosing the Resource by identifying the source.
リソースをアップロードします。ビデオリソースの場合は、カスタム開始をアップロードして再生するビデオ画像の前に表示するか、ビデオからサムネールを生成できるようにします(数分かかる場合があります。待つ必要はありません)。
  • 次へ 」を選択します。

設定

  • ソーシャルの設定
    デフォルトの設定は、学習者が使用可能なリソースのコメントや評価を体験する場合にのみ使用します。
  • 期限
    (オプション) 割り当てを完了する日付を選択できます。
  • リソース作成者
    (オプション) 空白のままにします。
  • Resource Contact*
    (必須) プルダウンメニューを使用して、メンバを選択し Quinn Harper ます。
  • リソースエキスパート
    (オプション) 空白のままにします。
    注意 :ユーザーまたはグループが表示されない場合は、ユーザーまたはグループがグループに追加され、発行インスタンス Community Enable Members で「 保存 」されたことを確認します。
  • 次へ 」を選択します。

割り当て

  • 割り当て先を追加
    この有効化リソースは学習パスに追加されるので、設定を解除しておきます。 学習者が、有効化リソースを含む学習パスと共に個々の有効化リソースに割り当てられた場合、学習者は有効化リソースに2回割り当てられます。
  • 作成 」を選択します。
リソースが正常に作成されると、リソースコンソールに戻ります。新しく作成されたリソースが選択状態になっています。このコンソールから、学習者の投稿、追加、その他の設定の変更が可能です。
新しいバージョンのイネーブルメントリソースをアップロードする際は、新しいリソースを作成したうえで、古いバージョンのリソースからメンバーを登録解除して新しいバージョンのリソースに登録することを推奨します。

リソースの公開

登録者が割り当てられたリソースを確認できるようにするには、その前に次の手順でリソースを公開する必要があります。
  • ワールド Publish アイコンを選択
アクティベーションが成功したことを示す以下のメッセージが表示されます。

2 つ目のイネーブルメントリソースの追加

上記の手順を繰り返し、学習パス作成用の関連するイネーブルメントリソースを作成して公開します。
2番目のリソースを発行します
Enablement Tutorial のリソースのリストに戻ります。
ヒント:両方のリソースが表示されない場合は、ページを更新します。

学習パスの追加

学習パスは、複数のイネーブルメントリソースを論理的にグループ化して 1 つのコースとしたものです。
  • From the Resources console, select + Create
  • Select Learning Path
基本情報 ​を追加します。
  • 学習パス名
    スキーレッスン
  • タグ
    チュートリアル:スキー
  • カタログに表示
    チェックを外したままにする
  • 画像のアップロード
    リソースコンソールで学習パスを表す場合。
  • 次へ 」を選択します。
前提条件となる追加する学習パスがないので、次のパネルをスキップします。
  • 次へ 」を選択します。
リソース追加パネルで、次の操作を行います。
  • 2つ + Add Resources のスキーレッションリソースを選択して学習パスに追加します。
    注意:選択できるのは 発行されたリソースのみです
学習パスと同じレベルのリソースのみを選択できます。例えば、グループ内に作成された学習パスには、グループレベルのリソースのみを使用できます。コミュニティサイト内に作成された学習パスには、そのサイト内のリソースを追加できます。
  • 送信 」を選択します。
  • 次へ 」を選択します。
  • 割り当て先を追加
    プルダウンメニューを使用して、 Community Ski Class グループを選択します。グループには、メンバー Riley Taylor Sidney Croft.
  • Learning Path Contact*
    (必須) プルダウンメニューを使用して、メンバを選択し Quinn Harper ます。
  • 作成 」を選択します。
学習パスが正常に作成されると、リソースコンソールに戻ります。新しく作成された学習パスが選択状態になっています。このコンソールから、学習者の投稿、追加、その他の設定の変更が可能です。
学習パスを​ 公開 ​します。