Show Menu
トピック×

バージョンのパージ

標準インストールの場合、AEM は、コンテンツの更新後のページのアクティベート時に、ページまたはノードの新しいバージョンを作成します。
コンテンツが変更されない場合は、ページがアクティベートされ、新しいバージョンが作成されないことを示すメッセージが表示されます。
サイドキックの「 バージョン管理 」タブを使用すると、要求で追加のバージョンを作成できます。これらのバージョンはリポジトリに格納され、必要に応じて復元できます。
格納されたバージョンはパージされないので、時間の経過と共にリポジトリのサイズが大きくなっていきます。そこで、管理が必要になります。
AEM には、リポジトリの管理に役立つ様々なメカニズムが備わっています。
  • バージョンマネージャー 新しいバージョンが作成されると古いバージョンをパージするように設定できます。
  • バージョンのパージ ツールリポジトリの監視と保守の一部で使用されます。このツールを使用すると、次のパラメーターに従って、ノードまたはノードの階層の古いバージョンを削除するためにユーザーが介入できます。
    • リポジトリに保持するバージョンの最大数この数値を超えると、最も古いバージョンが削除されます。
    • リポジトリに保持するバージョンの期間の最大値バージョンの期間がこの値を超えると、リポジトリからパージされます。
  • the Version Purge maintenance task . バージョンのパージメンテナンスタスクをスケジュールして、古いバージョンを自動的に削除できます。その結果、バージョンの削除ツールを手動で使用する必要が最小限に抑えられます。
リポジトリサイズを最適化するためには、バージョン削除タスクを頻繁に実行する必要があります。トラフィックが限られている場合は、営業時間外にタスクをスケジュールする必要があります。

バージョンマネージャー

パージツールを使用した明示的なパージに加えて、バージョンマネージャーは、新しいバージョンが作成されると古いバージョンをパージするように設定できます。
To configure the Version Manager, create a configuration for:
PID com.day.cq.wcm.core.impl.VersionManagerImpl
以下のオプションが利用できます。
  • versionmanager.createVersionOnActivation (ブール値、デフォルト:true)ページがアクティブ化されたときにバージョンを作成するかどうかを指定します。 レプリケーションエージェントがバージョンの作成を抑制するように設定されていない限り、バージョンが作成されます。これはバージョンマネージャーで順守されます。A version is created only if the activation happens on a path that is contained in versionmanager.ivPaths (see below).
  • versionmanager.ivPaths (String # , default: {"/"} )をtrueに設定した場合に、アクティベーション時にバージョンが暗黙的に作成さ versionmanager.createVersionOnActivation れるパスを指定します。
  • versionmanager.purgingEnabled (ブール値、デフォルト:false)新しいバージョンが作成された場合に削除を有効にするかどうかを定義します。
  • versionmanager.purgePaths (String # , default:{"/content"})新しいバージョンが作成されたときにバージョンを削除するパスを指定します。
  • versionmanager.maxAgeDays (int、デフォルト:30)バージョンの削除時に、設定値より古いバージョンが削除されます。 値が1未満の場合、バージョンの経過時間に基づいて削除は実行されません。
  • versionmanager.maxNumberVersions (int、デフォルト5)バージョンの削除時に、n番目に新しいバージョンより古いバージョンが削除されます。 値が1未満の場合、バージョンの数に基づいて削除は実行されません。
  • versionmanager.minNumberVersions (int、デフォルト0)年齢に関係なく保持される最小バージョン数です。 この値を 1 未満に設定すると、保持するバージョン数の最小数は設定されません。
リポジトリに多数のバージョンを保存することはお勧めできません。そのため、バージョンパージ操作を設定するときは、パージから多くのバージョンを除外しすぎないでください。そうしないと、リポジトリサイズが適切に最適化されません。ビジネス要件が原因で多数のバージョンを維持する場合は、アドビサポートに連絡して、リポジトリサイズを最適化する別の方法を探してください。

保持オプションの組み合わせ

The options defining how which versions should be retained ( maxAgeDays , maxNumberVersions , minNumberVersions ), can be combined depending on your requirements.
保持するバージョン数の最大数と、保持する最も古いバージョンを組み合わせて定義する場合の例:
  • 次のように設定し、
    • maxNumberVersions = 7
    • maxAgeDays = 30
  • 次の状況になった場合、
    • 過去 60 日以内に 10 個のバージョンが作成されました。
    • そのうちの 3 個が過去 30 日以内に作成されました。
  • 結果は次のようになります。
    • 最新の 3 個のバージョンが保持されます。
保持するバージョン数の最大数と最小数、および保持する最も古いバージョンを組み合わせて定義する場合の例:
  • 次のように設定し、
    • maxNumberVersions = 3
    • maxAgeDays = 30
    • minNumberVersions = 3
  • 次の状況になった場合、
    • 60 日前に 5 個のバージョンが作成されました。
  • 結果は次のようになります。
    • 3 個のバージョンが保持されます。

バージョンのパージツール

バージョンのパージ ツールは、リポジトリ内のノードまたはノードの階層のバージョンをパージします。このツールの主な目的は、古いバージョンのノードを削除して、リポジトリのサイズを削減することです。