Show Menu
トピック×

パフォーマンスツリー

対象範囲

以下の図は、パフォーマンスの問題をトラブルシューティングするために実行する必要がある手順のガイダンスを示しています。読みやすくするために、これは 5 つのセクションに分けられています。
図の各手順は、ドキュメントリソースまたは推奨事項にリンクされています。

前提条件と想定事項

パフォーマンスの問題は特定のページ(AEM コンソールまたは Web ページ)で発生し、かつ一貫して再現可能であることを想定しています。パフォーマンスをテストまたは監視するための手段があることが、調査を始めるための前提条件となります。
分析は手順 0 から開始されます。目的は、パフォーマンスの問題の原因であるエンティティ(Dispatcher、外部ホストまたは AEM)を特定し、調査する必要がある領域(サーバーまたはネットワーク)を判別することです。

セクション 1

セクション 2

セクション 3

セクション 4

セクション 5