Show Menu
トピック×

AEM 6.5 における Assets リポジトリの再構築

As described on the parent Repository Restructuring in AEM 6.5 page, customers upgrading to AEM 6.5 should use this page to assess the work effort associated with repository changes impacting the AEM Assets Solution. 一部の変更は、AEM 6.5のアップグレードプロセス中に作業を行う必要がありますが、その他の変更は、将来のアップグレードまで延期できます。
6.5 へのアップグレード時におこなう変更
今後のアップグレードの前に

6.5 へのアップグレード時におこなう変更

その他

以前の場所 /etc/dam/jobs
新しい場所 /var/dam/jobs
再構築の手引き
カスタムコードがこの場所に依存している(コードがこのパスに明示的に依存している)場合は、アップグレード前に、新しい場所を使用するようにコードを更新する必要があります。JCR 内の特定パスへの依存を減らすために Java API が利用可能な場合は、Java API を使用することをお勧めします。
クライアントがダウンロードする zip ファイルを一時的に保存するための場所。クライアントがアセットのダウンロードを要求するので、更新する必要はありません。新しい場所にファイルが生成されます。
メモ 該当なし

今後のアップグレードの前に

アセット/収集イベント電子メール通知テンプレート

以前の場所 /etc/notification/email/default
新しい場所
/libs/settings/dam/notification
/apps/settings/dam/notification
再構築の手引き
電子メールテンプレートが顧客によって変更されている場合は、新しいリポジトリ構造に合わせるために次の操作を実行します。
  1. 電子メ /libs/settings/dam/notification ールテンプレートは、からにコピーする必要があ /etc/notification/email/default ります /apps/settings/notification/email/default
    1. Because the destination is in /apps this change should be persisted in SCM.
  2. Remove the folder: /etc/dam/notification/email/default after the e-mail templates within it have been moved.
    1. If no updates were made to the e-mail template under /etc/notification/email/default , the folder can be removed as the original e-mail template exists under /libs/settings/notification/email/default as part of AEM 4 install.
メモ 該当なし

従来のアセット共有デザイン

以前の場所 /etc/designs/assetshare
新しい場所
/libs/settings/wcm/designs/assetshare
/apps/settings/wcm/designs/assetshare
再構築の手引き
SCM で管理されており、実行時にデザインダイアログから書き込まれていないデザインについては、次の操作を実行して最新のモデルに合わせます。
  1. Copy the designs from the Previous Location to the New Location under /apps .
  2. を使用して、デザイン内の CSS、JavaScript、静的リソースを クライアントライブラリ allowProxy = true に変換します。
  3. cq:designPath AEM/DAM 管理/アセット共有ページ/ページのプロパティ/詳細タブ/デザインフィールド を使用して、 プロパティで以前の場所への参照を更新します。
  4. 以前の場所を参照しているすべてのページを更新して、新しいクライアントライブラリカテゴリを使用するようにします。それには、ページの実装コードを更新する必要があります。
  5. Update the Dispatcher rules to allow serving of Client Libraries via the /etc.clientlibs/ proxy servlet.
For any Designs that are not managed in SCM, and modified run-time via Design Dialogs, do not move authorable designs out of /etc .
メモ 該当なし

アセットダウンロード電子メール通知テンプレート

以前の場所 /etc/dam/workflow/notification/email/downloadasset
新しい場所
/libs/settings/dam/workflownotification/email/downloadasset
/apps/settings/dam/workflownotification/email/downloadasset
再構築の手引き
電子メールテンプレート( downloadasset または transientworkflowcompleted )が変更されている場合は、以下の手順に従って新しい構造に合わせます。
  1. The updated e-mail template should be copied from /etc/dam/workflow/notification/email/downloadasset to /apps/settings/dam/workflow/notification/email/downloadasset
    1. Because the destination is in /apps this change should be persisted in SCM.
  2. Remove the folder: /etc/dam/workflow/notification/email/downloadasset after the e-mail templates within it have been moved.
    1. If no updates were made to the e-mail template under /etc , the folder can be removed as the orginal e-mail template exists under /libs/settings/dam/workflownotification/email/downloadasset as part of AEM 6.4 install.
メモ While /conf/global/settings/dam/workflownotification/email/downloadasset is technically supported for look-up (takes precedence before /apps via usual Sling CAConfig lookup, but after /etc ) the template could be placed in /conf/global/settings/dam/workflownotification/email/downloadasset . ただし、電子メールテンプレートを容易に編集できる実行時 UI がないので、これはお勧めできません。

サンプル DRM ライセンス

以前の場所
/etc/dam/drm/licenses/
新しい場所
/libs/settings/dam/drm
再構築の手引き
該当なし
メモ
該当なし

InDesign ワークフロースクリプト

以前の場所 /etc/dam/indesign/scripts
新しい場所
/libs/settings/dam/indesign
/apps/settings/dam/indesign
再構築の手引き
新しいリポジトリ構造に合わせるには:
  1. カスタムスクリプトまたは変更済みスクリプトをからにコ /etc/dam/indesign/scripts ピー /apps/settings/dam/indesign/scripts
    1. Only copy new or modified scripts as unmodified scripts provided by AEM will be available via /libs/settings in AEM 6.5
  2. メディア抽出プロセスワークフローステップを使用するすべてのワークフローモデルを見つけて、以下をおこないます。
    1. For each instance of the Workflow Step, update the paths in config to point explicitly at the proper scripts under /apps/settings/dam/indesign/scripts or /libs/settings/dam/indesign/scripts as appropriate.
  3. 完全に削除 (Remove /etc/dam/indesign/scripts )。
メモ It is recommended customized scripts be stored under /apps , since that is the location where code should be stored.

ビデオトランスコーディング設定

以前の場所 /etc/dam/video
新しい場所
/libs/settings/dam/video
/apps/settings/dam/video
再構築の手引き
Project level customizations need to be cut and pasted under equivalent /apps or /conf paths as applicable.
AEM 6.4 のリポジトリ構造に合わせるには:
  1. 変更したビデオ設定をからにコピ /etc/dam/video ーします /apps/settings/dam/video
  2. 削除 /etc/dam/video
メモ 該当なし

ビューアプリセット設定

以前の場所 /etc/dam/presets/viewer
新しい場所
/libs/settings/dam/dm/presets/viewer
/conf/global/settings/dam/dm/presets/viewer
再構築の手引き
既製のビューアプリセットの場合は、新しい場所でのみ使用できます。
カスタムビューアプリセットの場合:
  • you will have to run a migration script to move the node from /etc to /conf . The script is located at https://serveraddress:serverport/libs/settings/dam/dm/presets.migratedmcontent.json
  • または、設定を編集できます。編集した設定は新しい場所に自動保存されます。
Note that you do not have to adjust their copyURL/embed code to point to /conf . The existing request to /etc will be re-routed to the correct content from /conf .
メモ 該当なし

その他

以前の場所
/etc/clientlibs/foundation/asseteditor
/etc/clientlibs/foundation/assetshare
/etc/clientlibs/foundation/assetinsights
新しい場所 /libs/dam/clientlibs
再構築の手引き
Adjust any references to point to the new resources under /libs using the /etc.clientlibs/ allow proxy prefix.
最後に、移行されたclientlibsのフォルダーを /etc/clientlibs/foundation/
メモ 該当なし