Show Menu
トピック×

複数のインプレースエディターの設定

リッチテキストエディタは、複数のインプレースエディタを持つようにAdobe Experience Managerで設定できます。 このような設定にすると、適切なコンテンツを選択して、適切なエディターを開くことができます。

複数のエディターの設定

複数のインプレースエディターを有効にするには、 cq:InplaceEditingConfig ノードタイプの構造を cq:ChildEditorConfig ノードタイプの定義で強化します。
次に例を示します。
   /**
       * Configures in-place editing of a component.
       *
       * @prop active true to activate in-place editing for the component.
       * @prop editorType ID of in-place editor to use.
       * @prop cq:childEditors collection of {@link cq:ChildEditorConfig} nodes.
       * @prop configPath path to editor's config (optional).
       * @node config editor's config (used if no configPath is specified; optional).
     */
    [cq:InplaceEditingConfig] > nt:unstructured
      - active (boolean)
      - editorType (string)
      + cq:childEditors (nt:base) = nt:unstructured
      - configPath (string)
      + config (nt:unstructured) = nt:unstructured

    /**
      * Configures one child editor for a sub-component. The name of the this node is
      * used as DD ID.
      *
      * @prop type type of the inline editor. For example, ["image"].
      * @prop title Title of the inline editor.
      * @prop icon Icon to represent the inline editor.
    */
    [cq:ChildEditorConfig] > nt:unstructured
      orderable
      - type (string)
      - title (string)

複数のエディターを設定するには、次の手順に従います。
  1. ノード cq:inplaceEditing (タイプ cq:InplaceEditingConfig )で次のプロパティを定義します。
    • 名前: editorType
    • タイプ: String
    • 値: hybrid
  2. このノードの下で、ノードを作成します。
    • 名前: cq:ChildEditors
    • タイプ: nt:unstructured
  3. Under cq:childEditors node, create a node for each in-place editor:
    • 名前: 各ノードの名前は、それが表すプロパティの名前で、ドロップターゲットと同様に、 例えば、 image text
    • タイプ: cq:ChildEditorConfig
    定義されたドロップターゲットと子エディターの間には相関関係があります。The name of the cq:ChildEditorConfig node is considered as the drop target ID, for use as a parameter to the selected child editor. 編集可能サブ領域にドロップターゲットがない場合(例えば、テキストコンポーネント内など)、子エディターの名前は、対応する編集可能領域を識別するIDと見なされます。
  4. On each of these nodes ( cq:ChildEditorConfig ) define the properties:
    • 名前: type .
    • Value: The name of the registered in-place editor; for example, image and text .
    • 名前: title .
    • 値: 使用可能なエディターのコンポーネント選択リストに表示されるタイトル。 例えば、 Image Text

Additional configuration for Rich Text Editors

複数のリッチテキストエディター(RTE)の設定は、個々の RTE インスタンスをそれぞれ別個に設定できるので、やや異なります。詳しくは、「リッチテキストエディターの 設定 」を参照してください。 複数のRTEに各インプレースRTEの設定を作成させる場合。 アドビでは、個々のRTEごとに異なる設定を持つこ cq:InplaceEditingConfig とができるので、に新しい設定ノードを作成することをお勧めします。 新しいノードで、個々のRTE設定を作成します。
    texttext
        cq:dialog
        cq:editConfig
            cq:inplaceEditing
                cq:childEditors
                    someconfig
                        text1
                            rtePlugins
                        text2
                            rtePlugins

ただし、RTE の場合、 configPath プロパティがサポートされるのは、コンポーネント内のテキストエディター(編集可能なサブエリア)のインスタンスが 1 つだけのときです。This use of configPath is provided to support backwards compatibility with older user interface dialogs of the component.
RTE 設定ノードの名前を config にしないでください。Otherwise, the RTE configurations are available for only the administrators and not for the users in the group content-author .

Code samples

You can find the code of this page on aem-authoring-hybrideditors project on GitHub . 完全なプロジェクトはZIPアーカイブとしてダウンロ ードできます

インプレ追加ースエディター

For general information about adding an in-place editor see the document customize page authoring .