Show Menu
トピック×

開発ツール

JCR、Apache Sling または AEM のアプリケーションを開発するために、以下のツールセットが用意されています。
  • one set consisting of CRXDE Lite and WebDAV. CRXDE Lite は CRX/AEM に搭載されており、これを使用してブラウザー内で標準的な開発作業を実行できます。CRXDE Lite を使用すると、ファイル(.jsp、.java など)、フォルダー、テンプレート、コンポーネント、ダイアログ、ノード、プロパティおよびバンドルを作成、編集することができ、さらに SVN によるロギングや統合が可能です。
    CRX/AEMサーバーに直接アクセスできない場合、標準搭載のコンポーネントとJavaバンドルを拡張または変更してアプリケーションを開発する場合、または専用のデバッガー、コード完了および構文の強調表示が不要な場合に、CRXDE Liteを使用することをお勧めします。
  • one set consisting of an Integrated Development Environment (for example: Eclipse or IntelliJ ), a build tool (for example: Apache Maven ), FileVault which has been developed by Adobe to map a repository to a file system, a version control system (for example: Subversion), a bug tracker system (for example: Jira), a central dependency management system (for example: Apache Archiva) and a build automation system (for example: Apache Continuum).
    このセットアップで、アプリケーション(コンテンツ、コード、設定)をあらゆる開発環境とプロセスに完全に統合できます。リポジトリのファイルシステムは FileVault によって様々な要素間のリンクで表わされ、前述のすべての開発ツールでファイルを操作できます。