Show Menu
トピック×

コンテンツフラグメントレンダリング用のコンポーネントの設定

コンテンツフラグメ ントのレンダリングに 、いくつかの高度なサービスがあります。 これらのサービスを使用するには、そのようなコンポーネントのリソースタイプがコンテンツフラグメントフレームワークに対して自らを認識する必要があります。
以下に説明する高度なサービス が不要な場合 、この設定は無視できます。
標準搭載のコンポーネントを拡張する場合や使用する場合は、設定を変更しないことをお勧めします。
高度なサービスを使用しないで、コンテンツフラグメントAPIのみを使用するコンポーネントを新規に作成できます。 ただし、このような場合は、適切な処理を行えるようにコンポーネントを開発する必要があります。
したがって、コアコンポーネントを使用することをお勧めします。

設定が必要なアドバンスサービスの定義

コンポーネントの登録を必要とするサービスは次のとおりです。
  • 発行中に依存関係を正しく判断する(例えば、前回の発行以降に変更があった場合は、フラグメントとモデルをページと共に自動的に発行できるようにする)。
  • 全文検索でのコンテンツフラグメントのサポート。
  • 中間コンテンツの 管理/処理。
  • 混在メディアアセットの 管理/処理。
  • ディスパッチャーは、参照先のフラグメントをフラッシュします(フラグメントを含むページが再公開される場合)。
  • 段落ベースのレンダリングを使用する。
これらの機能が1つ以上必要な場合は(通常)、初期設定の機能を使用する方が、一から開発するよりも簡単です。

OSGiサービス — コンテンツフラグメントコンポーネントの設定

設定は、OSGiサービスコンテンツフラグメントコンポーネントの設定にバ インドする必要があります
com.adobe.cq.dam.cfm.impl.component.ComponentConfigImpl
詳しく は、「OSGiの設定 」を参照してください。
次に例を示します。
OSGiの設定は次のとおりです。
ラベル OSGi設定 説明
リソースタイプ dam.cfm.component.resourceType 登録するリソースの種類例:
core/wcm/components/contentfragment/v1/contentfragment
Referenceプロパティ dam.cfm.component.fileReferenceProp フラグメントへの参照を含むプロパティの名前。例えば、 fragmentPath fileReference
Element(s)プロパティ dam.cfm.component.elementsProp レンダリングする要素の名前を含むプロパティの名前。例: elementName
バリエーションのプロパティ dam.cfm.component.variationProp レンダリングするバリエーションの名前を含むプロパティの名前。例: variationName
一部の機能(例えば、段落範囲のみをレンダリングする場合)では、次の規則に従う必要があります。
プロパティ名 説明
paragraphRange
単一要素のレンダリングモードの場合に出力する段落の範囲を定義する stringプロパティ
形式:
  • 1 また 1-3 1-3;6;7-8 *-3;5-*
  • paragraphScope range
paragraphScope
単一要素のレンダリングモードで段落を出力する方法を定義する stringプロパティ
値:
  • all :すべての段落をレンダリングする
  • range :段落の範囲を描く paragraphRange
paragraphHeadings 見出し(例えば、、、など)を段落( h1 h2 )とし h3 てカウントするか( true )、カウントしないか( false )を定義するbooleanプロパティ
これは、以降の6.5マイルストーンで変更される可能性があります。

例として、次を参照してください(標準搭載のAEMインスタンス上)。
/apps/core/wcm/config/com.adobe.cq.dam.cfm.impl.component.ComponentConfigImpl-core-comp-v1.config

次を含みます。
dam.cfm.component.resourceType="core/wcm/components/contentfragment/v1/contentfragment"
dam.cfm.component.fileReferenceProp="fragmentPath"
dam.cfm.component.elementsProp="elementName"
dam.cfm.component.variationProp="variationName"