Show Menu
トピック×

エクスペリエンスフラグメント

基本知識

エクスペリエンスフラグメント は、ページ内で参照できるコンテンツおよびレイアウトを含む 1 つ以上のコンポーネントのグループです。
エクスペリエンスフラグメントマスターまたはバリアントでは、次を使用します。
  • sling:resourceType : /libs/cq/experience-fragments/components/xfpage
何も変わらな /libs/cq/experience-fragments/components/xfpage/xfpage.html いので、
  • sling:resourceSuperType : wcm/foundation/components/page

プレーン HTML レンディション

Using the .plain. selector in the URL, you can access the plain HTML rendition.
これはブラウザーから利用できますが、主な目的は、他のアプリケーション(例えば、サードパーティ Web アプリ、カスタムモバイル実装など)が、URL のみを使用して、エクスペリエンスフラグメントのコンテンツに直接アクセスできるようにすることです。
プレーン HTML レンディションは、次のようなパスにプロトコル、ホストおよびコンテキストパスを追加します。
  • のタイプ: src href または action
  • or end with: -src , or -href
次に例を示します。
.../brooklyn-coat/master.plain.html
リンクは、常に、パブリッシュインスタンスを参照します。リンクは、サードパーティによって使用されることを意図しているので、オーサーインスタンスではなく、常にパブリッシュインスタンスから呼び出されます。
プレーンレンディションセレクターは、追加のスクリプトとは異なり、トランスフォームを使用します。変 圧器としてSling Rewriter を使用。 これは、
  • /libs/experience-fragments/config/rewriter/experiencefragments

ソーシャルバリエーション

ソーシャルバリアントは、ソーシャルメディア(テキストおよび画像)に投稿できます。 AEMでは、これらのソーシャルバリアントにコンポーネントを含めることができます。例えば、テキストコンポーネント、画像コンポーネントなどです。
ソーシャル投稿の画像とテキストは、任意の画像リソースタイプまたはテキストリソースタイプから、(構築ブロックまたはレイアウトコンテナの)任意の深さのレベルで取得できます。
また、ソーシャルバリエーションを使用すると、(投稿環境で)ソーシャルアクションを行う際に、構築ブロックを考慮することもできます。
ソーシャルメディアネットワークに正しいテキストと画像を投稿するには、独自のカスタマイズコンポーネントを開発する場合、一部の規則を考慮する必要があります。
この場合、次のプロパティを使用する必要があります。
  • 画像の抽出
    • fileReference
    • fileName
  • テキストの抽出
    • text
この規則を使用しないコンポーネントは考慮されません。

エクスペリエンスフラグメントのテンプレート

編集可能なテ ンプレートのみ ページテンプレート - 編集可能 、エクスペリエンスフラグメントに対してサポートされています。
エクスペリエンスフラグメント用の新しいテンプレートを開発する場合は、編集可能なテンプレートの標準的な手法に従う ことができま す。
エクスペリエンスフラグメントを作成ウィザードで検出されたエクスペリエンスフラグメ ントテンプレートを作成するには 、次のいずれかのルールセットに従う必要があります。
  1. 両方:
    1. テンプレート(初期ノード)のリソースタイプは、次のものから継承する必要があります。 cq/experience-fragments/components/xfpage
    2. また、テンプレートの名前は次の文字で始まる必要があります。 experience-fragments これにより、ユーザーは/content/experience-fragmentsにエクスペリエンスフラグメントを作成できます。このフォルダーのプロパティには、で始まる名前を持つすべてのテ cq:allowedTemplates ンプレートが含まれていま experience-fragment す。 お客様は、このプロパティを更新して、独自の命名スキームやテンプレートの場所を含めることができます。
  2. 使用可能なテンプレートは 、エクスペリエンスフラグメントコンソールで設定できます。

エクスペリエンスフラグメントのコンポーネント

エクスペリエンスフラグメント /内で使用するコンポーネントの開発は、標準的な方法に従って行います。
追加の設定は、コンポーネントがテンプレートで許可され ることを確認することだけです。これは、コンテンツポリシーで実現します