Show Menu
トピック×

カスタムフォームマッピングの作成

Adobe Campaign にカスタムテーブルを作成したら、そのカスタムテーブルにマップするフォームを AEM で作成できます。
このドキュメントでは、カスタムフォームマッピングの作成方法について説明します。このドキュメントのステップを完了すると、今後のイベントに新規登録できるイベントページを表示できます。その後、Adobe Campaign を使用して、登録したユーザーをフォローアップします。

前提条件

以下の製品がインストールされている必要があります。
  • Adobe Experience Manager
  • Adobe Campaign Classic

カスタムフォームマッピングの作成

カスタムフォームマッピングを作成するには、次の詳細な手順を実行する必要があります。詳しくは、以下の節を参照してください。
  1. カスタムテーブルの作成。
  2. シード ​テーブルの拡張。
  3. カスタムマッピングの作成。
  4. カスタムマッピングに基づいた配信の作成。
  5. 作成した配信を使用するフォームを AEM で作成。
  6. フォームを送信してテスト。

Adobe Campaign でのカスタムテーブルの作成

まず、Adobe Campaign でカスタムテーブルを作成します。この例では、次の定義を使用してイベントテーブルを作成します。
<element autopk="true" label="Event" labelSingular="Event" name="event">
 <attribute label="Event Date" name="eventdate" type="date"/>
 <attribute label="Event Name" name="eventname" type="string"/>
 <attribute label="Email" name="email" type="string"/>
 <attribute label="Number of Seats" name="seats" type="long"/>
</element>

イベントテーブルを作成したら、 データベース構造更新ウィザード ​を実行して、テーブルを作成します。

シードテーブルの拡張

Adobe Campaign で、「 追加 」をタップまたはクリックして、 シードアドレス(nms) ​テーブルの新しい拡張を作成します。
Now, use the fields from the event table to extend the seed table:
<element label="Event" name="custom_cus_event">
 <attribute name="eventname" template="cus:event:event/@eventname"/>
 <attribute name="eventdate" template="cus:event:event/@eventdate"/>
 <attribute name="email" template="cus:event:event/@email"/>
 <attribute name="seats" template="cus:event:event/@seats"/>
 </element>

拡張後、 データベース更新ウィザード ​を実行して、変更を適用します。

カスタムターゲットマッピングの作成

管理/キャンペーン管理 ​で、 ターゲットマッピング ​に移動し、新しい​ ターゲットマッピング ​を追加します。
内部名 ​にはわかりやすい名前を使用してください。

Creating a Custom Delivery Template

この手順では、作成した​ ターゲットマッピング ​を使用する配信テンプレートを追加します。
リソース/テンプレート ​で、配信テンプレートに移動し、既存の AEM 配信を複製します。「 宛先 」をクリックしたら、作成イベント「 ターゲットマッピング 」を選択します。

AEM でのフォームの作成

AEM の​ ページのプロパティ ​で、クラウドサービスが設定されていることを確認します。
その後、「 Adobe Campaign 」タブで、「 カスタム配信テンプレートの作成 」で作成した配信を選択します。
フィールドを設定する際は、フォームフィールドに一意の要素名を指定します。
フィールドの設定が完了したら、手動でマッピングを変更する必要があります。
CRXDE Lite で、(ページ)ノードの jcr:content に移動して、 acMapping の値を​ ターゲットマッピング ​の内部名に変更します。
フォームの設定で、「存在しない場合は作成」チェックボックスをオンにします。

フォームの送信

フォームを送信して、値が保存されているかどうかを Adobe Campaign 側で検証できるようになりました。

トラブルシューティング

"Invalid type for value '02/02/2015' from element '@eventdate' (document of type 'Event ( #)')"
フォームを送信すると、このエラーが AEM の error.log に記録されます。
日付フィールドのフォーマットが無効であることが原因です。回避策は、値を yyyy-mm-dd 形式で指定することです。