Show Menu
トピック×

ContextHub の診断

ContextHub には、ContextHub フレームワークの概要を確認できる診断ページがあります。To open the page, go to the contexthub.diagnostics.html page of your AEM author instance, for example:
http://<host>:<port>/conf/<tenant>/settings/cloudsettings/default/contexthub.diagnostics.html
ContextHub の診断ページには、作成されたストアおよび UI モジュール、読み込まれているクライアントライブラリフォルダー、役立つページへのリンクに関する情報が表示されます。
診断情報が返されるようにするために、デバッグモードを有効にする必要があります。そうしないと、診断ページが空白になります。デバッグモードを有効にする方法について詳しくは、 このドキュメント を参照してください。
ContextHub設定が従来のパスの下に引き続き配置されている場合、診断ページの場所はです http://<host>:<port>/libs/settings/cloudsettings/legacy/contexthub.diagnostics.html

ストア

ストアセクションには、設定されているすべての ContextHub ストアが一覧表示されます。リストの各項目は、次の情報で構成されます。
  • タイトル: ​ストアのベースとなっている ストアタイプ
  • パス: ​設定を保持しているリポジトリノードへのパス。
  • リソースタイプ: ​ストアタイプが定義されているリポジトリノードのパス。
  • クライアントライブラリ: ​読み込まれ、ストアタイプを実装するクライアントライブラリのカテゴリ。

モジュール

モジュールセクションには、設定されているすべての ContextHub UI モジュールが一覧表示されます。リストの各項目は、次の情報で構成されます。
  • タイトル:UIモジ ュールが基に 、UIモジュールのタイプ。
  • パス: ​設定を保持しているリポジトリノードへのパス。
  • リソースタイプ: UI モジュールタイプが定義されているリポジトリノードのパス。
  • クライアントライブラリ: ​読み込まれ、UI モジュールタイプを実装するクライアントライブラリのカテゴリ。

Clientlibs

Clientlibs セクションには、ContextHub によって読み込まれたすべてのクライアントライブラリフォルダーが一覧表示されます。クライアントライブラリは、次のように分類されます。
  • kernel.js: ContextHub フレームワーク、セグメントエンジン、ストアタイプを実装するクライアントライブラリ。
  • ui.js: ContextHub UI および UI モジュールタイプを実装するクライアントライブラリ。
  • style.css: ​クライアントライブラリから読み込まれる CSS ファイル。

URL

URL セクションには、次の ContextHub 機能へのリンクが含まれます。
  • 設定エディター:ストア、UI モード 、UIモジュールを設定できるContextHub設定ページを開きます。
  • ContextHubモジュールの設定:/etc/cloudsettings/default/contexthub.config.kernel.jsファイルを開きます。このファイルには、ContextHubストア設定のJavaScriptオブジェクト表現が含まれています。
  • ContextHub UIの設定:/etc/cloudsettings/default/contexthub.config.ui.jsファイルを開きます。このファイルには、ContextHub UIモード設定のJavascriptオブジェクト表現が含まれています。
  • kernel.js:/etc/cloudsettings/default/contexthub.kernel.jsファイルを開きます。このファイルには、ContextHubフレームワーク、セグメントエンジンおよびストアタイプを実装するクライアントライブラリのソースコードが含まれています。
  • ui.js:/etc/cloudsettings/default/contexthub.ui.jsファイルを開きます。このファイルには、ContextHub UIおよびUIモジュールタイプを実装するクライアントライブラリのソースコードが含まれています。
  • style.css:/etc/cloudsettings/default/contexthub.styles.cssファイルを開きます。このファイルには、ContextHub UIモジュールとUIモジュールのCSSスタイルが含まれています。