Show Menu
トピック×

複数手順フォームシーケンスの概要

フォーム作成者は、アダプティブフォームを使用すると非常に簡単に複数手順のデータ取得エクスペリエンスを作成できます。複数のパネルの作成や、各パネルと別の移動パターンとの関連付けに対する組み込みサポートが付属しています。フォーム作成者は、フォームフィールドを複数の論理的なセクションにグループ分けし、グループをパネルとして表示できます。パネル間の移動はすべてパネルレイアウトを使用して制御されます。作成者は、様々なレイアウトでパネルを配置できます。例えば、ウィザードレイアウトを使用して順番に配置したり、タブ付きレイアウトを使用してアドホックな方法で配置したりできます。 パネルレイアウトについては、「 アダプティブフォームのレイアウトの機能 」を参照してください。
一般的なフォームの記入では、データを取得する以上に、関連する多くの手順があります。完全なフォームの送信には、フォームへの電子署名、フォームに入力した情報の検証、支払い処理など、他の手順が含まれる場合があります。これらの手順は、個々の場合によって異なります。
データ取得に一連の手順を必要とするケースや、規則により特定の手順を踏む必要があるケースでは、AEM Forms はフォーム全体でその共通の構造を適用する方法を提供します。フォーム構造の実装を事前に計画して、フォームの手順シーケンスを定義します。
複数手順フォームシーケンスの例
フォームの入力、検証、署名、確認のシーケンスを作成する必要がある場合の使用例を考えてみます。このようなシーケンスを作成する手順は次のとおりです。
  1. フォームテンプレートを定義して、それに必要なパネルを追加します。シーケンスの各段階につき 1 つのパネルが必要なことにご注意ください。ただし、パネル内にサブパネルを含めることができます。
    この例では、次のパネルを追加できます。
    • 入力 :データを取得するためのフォームフィールドが含まれます。ここではネストされたサブパネルを追加して、さまざまな種類の情報(個人、家族、財務など)のセクションを作成できます。
    • 検証 :XFA ベースのアダプティブフォームで使用できる​ 検証 ​コンポーネントが含まれます。入力パネルで取得した情報を、検証のため読み取り専用モードで表示します。
    • E 署名 :XFA ベースのアダプティブフォームで使用できる​ 署名 ​コンポーネントが含まれます。E 署名には、次の署名サービスが含まれます。
      • Adobe Document Cloud eSign サービス
      • 手書きの署名
    • 確認 :ユーザーがフォームに署名してシーケンスの確認(概要)段階に到達したときにフォーム送信の確認メッセージを表示する​ 概要 ​コンポーネントが含まれます。作成者は概要コンポーネントのテキストの構成、お礼のメッセージの表示、生成された PDF へのリンクの表示などを設定できます。
  2. root パネルのレイアウトを​ ウィザード ​として選択します。
  3. 残りの手順を完了して、フォームテンプレートを作成します。詳しくは、「 カスタムアダプティブフォームのテンプレートの作成 」を参照してください。
フォームテンプレートでフォームのシーケンスを定義したら、適切なシーケンスで定義された基本構造を持つフォームを作成するためにそのテンプレートを使用できます。ただし、フォームはいつでも要件に合わせてカスタマイズできます。