Show Menu
トピック×

アダプティブフォームの再利用

概要

既存のアダプティブフォームの一部のプロパティを使用して新しいアダプティブフォームを生成する場合は、単純にコピーと貼り付けの機能を使用できます。さらに、新しいアダプティブフォームを希望のフォルダーパスに貼り付けることもできます。すべてのメタデータプロパティが複製され、XFA ベースのアダプティブフォームの XFA と XSD ベースのアダプティブフォームの XSD もコピーされます。
ステータスとレビューの詳細はコピーされません。例えば、アダプティブフォームが発行され、その後にそのアダプティブフォームをコピーした場合、貼り付けられるアダプティブフォームは未発行の状態になります。同様に、コピーされたアセットがレビュー中の場合、貼り付けられたアセットは同じレビュー中とはなりません。

アダプティブフォームのコピー

次のいずれかの方法を使用して、アダプティブフォームをコピーします。
  1. クイックアク アイコンをクリックします。
    クイックアクションは、マウスのカーソルを合わせたときにサムネール上に表示されるアクション項目です。
  2. アダプティブフォームを選択します。選択方法はビューによって異なります。
    If you are in card view, go to selection mode by clicking the selection icon and click all the adaptive forms that you want to copy.
    リストビューの場合は、選択するすべてのアダプティブフォームのチェックボックスをオンにします。
    コピーと貼り付けの機能はアダプティブフォームのみをサポートしていますので、選択したアセットはすべてアダプティブフォームである必要があります。また、選択したすべてのアセットは同じフォルダー内のものである必要があります。
    After selecting the assets, click the copy icon present in the toolbar to copy the selected adaptive form.

アダプティブフォームの貼り付け

Clicking the copy action automatically exits the selection mode and makes the paste icon visible. Now go to the desired folder path and click the paste icon to paste the copied adaptive form.
同じフォルダー内に貼り付ける場合、または貼り付け先のフォルダー内に同じノード名(CRX リポジトリへの保存に使用される名前)の別のファイルがある場合は、接尾辞に 1 が追加されます(例えば、myaf は myaf1 となり、同じ場所に myaf1 がある場合は myaf が myaf2 になります)。その他のプロパティはすべて元のアダプティブフォームと同じになります。
aem6forms_pasteを貼り付け 、再び非表示になります。 一度に行える貼り付け操作は一回だけです。同じアセットのコピーを再度作成するには、もう一度コピーします。

新しいアダプティブフォームのコンテンツの変更

貼り付けたアダプティブフォームのコンテンツは、次の方法を用いて変更し、コピー元のフォームとは別のフォームにすることができます。
  1. メタデータプロパティの変更:
    タイトルや説明など、アダプティブフォームのメタデータプロパティを変更できます。For more details about metadata properties and how they can be changed, see Managing Form Metadata
  2. XFA/XSDベースのアダプティブフォームのXFA/XSDの変更:
    アダプティブフォームで使用する XFA/XSD を変更できます。これらのアダプティブフォームの変更方法について詳しくは、「 フォームメタデータの管理 」を参照してください。
  3. 再発行:
    貼り付けたアセットはコピー元のアセットとは別のものになります。エンドユーザーが使用できるように、新しいアセットとして発行することができます。アセットの公開方法について詳しくは、「 フォームの発行と非公開 」を参照してください。