Show Menu
トピック×

アダプティブフォームにおけるセパレータコンポーネント

セパレータコンポーネントを使用して、フォームのパネルを視覚的に区別することができます。セパレータコンポーネントの全体的な外観やスタイルは、次のセパレータコンポーネントのプロパティを指定することによって定義することができます。
  • 要素名 :コンポーネント名を指定します。SOM 式は、要素名フィールドで指定された値を持つコンポーネントに対応しています。
  • 太さ:セパレータコンポーネントの太さをピクセル単位で指定します。
  • CSS クラス: ​セパレータコンポーネントに対しカスタム CSS クラスを指定します。
  • インラインスタイル: AEM Forms では、インライン CSS スタイルをアダプティブフォームの各コンポーネントに適用し、変更のプレビューをリアルタイムでプレビューできるようになりました。
レイアウトモードを使用して、セパレータコンポーネントがまたがる列数を定義できます。 詳しくは、レイアウトモードを使用し てコンポーネントのサイズを変更するを参照してくださ い。
セパレータコンポーネントのプロパティを指定するには:
  1. Select a separator component and tap . プロパティがサイドバーで開きます。
  2. インライン CSS プロパティセクションでタブをクリックし、CSS プロパティを指定します。例:「フィールド」タブで、「 アイテムの追加 」をクリックします。2 つのフィールドを持った行が追加されます。
  3. 左から最初の行で、適用したい CSS3 プロパティを指定します。例: border など。また、下矢印をクリックしてプロパティを選択することもできます。ドロップダウンリストに含まれているプロパティは一部であり、サポートされている CSS3 プロパティであればこのフィールドで任意に指定することができます。
  4. 隣接するフィールドで、指定された CSS3 プロパティに対し、有効な値を指定します。例: 3px solid black など。
  5. アイテムの追加 」をクリックし、次のプロパティとその値を追加します。
  6. プレビュー 」をクリックし、フォームの変更をプレビューで表示します。
  7. OK 」をクリックして変更を確認するか、または「 キャンセル 」をクリックして変更せずにダイアログを閉じます。