Show Menu
トピック×

ヘルスモニターの概要

ヘルスモニターでは、AEM Forms システムに関する重要な情報、例えばサーバー情報、メモリ使用量、プロセッサーの使用状況などを確認できます。また、キュー内の作業項目やジョブの数、そのステータスなど、ワークマネージャーの統計情報も入手できます。ヘルスモニターを使用して次のタスクを実行できます。
  • システムが正常に稼働していることの確認
  • システムでの問題発生時に診断に役立つ情報の表示
  • 問題のある作業項目またはジョブに対する操作の実行
  • ジョブマネージャーのデータベースからの古いレコードの削除
管理コンソールのヘルスモニターページには、次の 3 つのタブがあります。
  • 「システム」タブには、リソースモニタリングチャートおよび forms サーバー(またはクラスター環境のノード)に関する情報が表示されます( システム情報の表示 を参照)。
  • 「ワークマネージャー」タブには、ワークマネージャーキュー内の作業項目の数など、ワークマネージャーに関連するデータが表示されます。この情報は様々な条件に基づいてフィルタリングできます。また、操作ツールを使用して作業項目を個別に管理することもできます( ワークマネージャーに関連する統計情報の表示 を参照)。
  • 「ジョブクリアスケジューラー」タブでは、ジョブマネージャーのデータベースから古いレコードを削除できます( ジョブマネージャーのデータベースからの古いレコードの削除 を参照)。
ヘルスモニター Web ページには、Gemfire API によって集められた統計情報が表示されます。この API ではクラスター内のすべてのノードが自動的に検出されます。また、プロキシサーバーやロードバランサーを経由して統計情報を収集するときに発生する、セキュリティの問題を解決することもできます。Java オプションを利用してヘルスモニターを微調整できるので、AEM Forms 環境のパフォーマンスへの影響を抑えることができます( ヘルスモニターのパフォーマンスの最適なチューニング を参照)。
ヘルスモニターへのアクセス
  1. 管理コンソールで、ページの右上隅にある「ヘルスモニター」をクリックします。