Show Menu
トピック×

ポリシーセットの作成および管理

ポリシーセットは、ある共通の目的を持つポリシーをグループ化するために使用します。ポリシーセットは、システム内のユーザーのサブセットで利用できます。
それぞれのポリシーセットには、少なくとも 1 人のポリシーセットコーディネーターが割り当てられます。 ポリシーセットコーディネーター ​は、管理者、または追加の権限を持つユーザーです。一般に、ポリシーセットコーディネーターに任じられる人は、組織内で担当ポリシーセット内に最も効果的なポリシーを作成できる専門家です。
ポリシーセットコーディネーターは、以下のタスクを実行できます。
  • 新しいポリシーの作成
  • ポリシーセット内のポリシーの編集と削除
  • ポリシーセット設定の編集
  • ポリシーセットコーディネーターの追加と削除
  • ポリシーセットに含まれるポリシーまたはドキュメントのポリシーイベントとドキュメントイベントの表示
  • ドキュメントへのアクセス権限の取り消し
  • ドキュメントのポリシーの切り替え
スーパーユーザーおよび権限を持つポリシーセットコーディネーターは、Document Security の管理インターフェイスを使用してポリシーセットを作成および削除できます。
ポリシーセットを削除すると、そのセットのポリシーは新しいドキュメントに適用されません。現在も使用中のポリシーについては、管理コンソールおよびエンドユーザー Web ページでポリシー情報を確認できます。ポリシーで保護されているドキュメントのドキュメント詳細ページからポリシー情報を表示できます。現在も使用中のポリシーについては、編集が可能です。
スーパーユーザーまたはポリシーセットコーディネーターは、User Management で作成したドメインを、ポリシーセットごとに表示されるユーザーおよびグループに追加します。このリストはポリシーセットコーディネーターによって参照されるものであり、ポリシーに追加するユーザーを選択するときにポリシーセットコーディネーターが参照できるドメインを制限するために使用されます。
ポリシーセットを作成するときは、ユーザーにドキュメント発行者のロールをアサインします。 ドキュメント発行者 ​は、ドキュメントをポリシーで保護するユーザーです。このユーザーはデフォルトで常にポリシーに含まれ、取り消しやポリシーの切り替えを含むフルアクセス権限を持ちます。ただし、共有ポリシーについては、管理者がドキュメント発行者のアクセス権限を変更できます。例えば、管理者はドキュメント発行者のドキュメントアクセスを取り消したり、ポリシーを切り替える権限を無効にできます。ドキュメントに適用されたポリシーを管理者が切り替えると、発行者名は、そのドキュメントに最後に適用されたポリシーの所有者の名前に更新されます。
Document Security のインストール時に、「 グローバルポリシーセット 」と呼ばれるデフォルトのポリシーセットが作成されます。このポリシーセットは、ソフトウェアをインストールした管理者またはこのポリシーセットを担当しているポリシーセットコーディネーターによって管理されます。

ポリシーセットの作成

インストール時に作成されるデフォルトのポリシーセットは、グローバルポリシーセットだけです。新たにポリシーセットを作成し、ポリシー、ユーザー、ポリシーセットコーディネーターおよびドキュメント発行者を追加することができます。ポリシーセットを作成すると、そのセット内にポリシーを作成できます。
ポリシーセットの作成時には、いつでも「戻る」ボタンで前の画面に戻ったり、「保存」ボタンでポリシーセットを保存することができます。
  1. Document Security ページで、ポリシー/「ポリシーセット」タブをクリックし、「新規作成」をクリックします。
  2. 「名前」ボックスに新しいポリシーセットの名前を入力し、必要に応じて「説明」ボックスに説明を入力して、「次へ」をクリックします。The name cannot contain a colon : .
    拡張文字が含まれるポリシーセット名を作成できますが、2 つの文字列を比較した場合、アクセント記号付きの文字(é など)とアクセント記号の付かない文字(e など)は同じものと見なされます。ポリシーセットが作成されると、同じ名前のポリシーセットが既に存在するかどうかを調べるために比較が行われます。この比較では、アクセント記号以外が同じである名前を区別することはできません。ポリシーセットがデータベースに既に追加されていると見なされ、新しい名前は追加されません。
  3. (オプション)ドキュメント発行者がユーザーをポリシーに追加するときにドキュメント発行者に表示されるドメインを設定するには、「ドメインを追加」をクリックして検索可能にするドメインを選択し、「追加」、「OK」の順にクリックします。
  4. 表示ユーザーおよびグループを追加ページで、「次へ」をクリックします。
  5. (オプション)ポリシーセットコーディネーターを追加するには、ポリシーセットコーディネーターを追加(ステップ 3/4)ページの「ユーザーおよびグループを追加」をクリックして、以下のタスクを実行します。
    • 「検索」ボックスに、名前または電子メールアドレスを入力します。
    • 「使用中」リストで、適切なオプションを選択します。
    • 「タイプ」リストで「ユーザー」を選択し、「対象」リストで、検索するドメインを選択します。
    • 「表示件数」リストで、1 ページに表示する結果の数を選択し、「検索」をクリックします。
    • 追加するユーザーまたはグループのチェックボックスを選択して、「次へ」をクリックします。
    • ポリシーセットコーディネーターの権限を選択して、「追加」をクリックします。設定できる権限は次のとおりです。
      • イベントの表示
      • ドキュメントの管理(ドキュメントへのアクセス権限の失効と復元およびドキュメントのポリシーの切り替え)
      • ポリシーの管理(ポリシーの作成、編集および削除)
      • ドキュメント発行者の管理(ドキュメント発行者の追加と削除)
      • 委任(ポリシーセットコーディネーターの追加と削除)
  6. さらにポリシーセットコーディネーターを追加するには、手順 5 を繰り返します。
  7. ポリシーセットコーディネーターの設定を確認して、「次へ」をクリックします。
  8. 「ユーザーおよびグループを追加」をクリックして、ポリシーセット内のポリシーを使用してドキュメントを保護できるドキュメント発行者を追加します。
  9. ドキュメント発行者を追加ページで次のタスクを実行します。
    • 「検索」ボックスに、名前または電子メールアドレスを入力します。
    • 「使用中」リストで、適切なオプションを選択します。
    • 「タイプ」リストで「ユーザー」を選択し、「対象」リストで、検索するドメインを選択します。
    • 「表示件数」リストで、1 ページに表示する結果の数を選択し、「検索」をクリックします。
    • 追加するユーザーおよびグループのチェックボックスを選択して、「追加」、「OK」 の順にクリックします。
  10. 「保存」をクリックします。
こうして作成したポリシーセットにはポリシーを追加することができます( ポリシーの作成および編集 を参照)。

ポリシーセットの編集

  1. Document Security ページで、ポリシー/「ポリシーセット」タブをクリックし、編集するポリシーセットをクリックします。
  2. 該当するタブをクリックし、必要に応じて編集を行います。
    • 詳細: ​ポリシーセットの名前と説明を編集します。
    • ポリシー: ​ポリシーセット内でポリシーを作成、有効化、編集、削除します。
    • 表示されるユーザーとグループ: ​ポリシーに含めることができる、表示されるユーザーとグループを追加または削除します。
    • ポリシーセットコーディネーター: ​コーディネーターの権限を追加、削除、変更します。
    • ドキュメント発行者: ​セット内のポリシーを使用してドキュメントを発行できるユーザーを追加または削除します。
  3. 表示されるユーザーまたはグループ、ポリシーセットコーディネーターまたはドキュメント発行者を削除するには、該当するタブをクリックして、そのエントリのチェックボックスを選択し、「削除」、「OK」の順にクリックします。
  4. 表示されるユーザーまたはグループ、ポリシーセットコーディネーターまたはドキュメント発行者を追加するには、該当するタブをクリックし、「ユーザーまたはグループを追加」をクリックして、追加するユーザーまたはグループを検索し、エントリを選択して、「追加」、「OK」の順にクリックします。
  5. 「ポリシー」タブで、ポリシーセットに追加するポリシーを検索したり、新しいポリシーを作成したりします。
    • ポリシーを検索するには、「ポリシー ID」または「ポリシー名」を選択し、該当する値を入力し、表示する項目数を選択して、「検索」をクリックします。
    • 新しいポリシーの作成について詳しくは、 ポリシーの作成および編集 を参照してください。

ポリシーセットの削除

ポリシーセットを削除すると、そのセットのポリシーは新しいドキュメントに適用されません。現在も使用中のポリシーについては、管理コンソールおよびエンドユーザー Web ページでポリシー情報を確認できます。ポリシーで保護されているドキュメントのドキュメント詳細ページからポリシー情報を表示できます。現在も使用中のポリシーについては、編集が可能です。
  1. 「ポリシー」をクリックし、「ポリシーセット」タブをクリックします。
  2. 削除するポリシーセットのチェックボックスを選択します。
  3. 「削除」をクリックし、「OK」をクリックします。