Show Menu
トピック×

スタートポイントの使用

スタートポイントは Workbench で作成されたプロセスを呼び出します。これはフォームの送信時にプロセスを呼び出すフォームに関連付けられています。プロセスについて理解するには、「 Geometrixx Finance リファレンスサイトのチュートリアル 」を参照してください。
この概念について参照すると、スタートポイント、スタートプロセス、フォームという用語が区別なく使用される場合があります。
To initiate a process from the AEM Forms app, you need to have a startpoint of type Workspace in your process. また、スタートポイントに対して「 Mobile Workspace でスタートポイントを表示する 」オプションをオンにする必要もあります。
Workbench で定義されたプロセスを開始するには
  1. AEM Forms アプリケーションで使用可能なスタートポイントを表示するには、 ホーム画面 に移動してください。
  2. On the Home screen, by default, the All Forms list is displayed.
    スタートポイントはフォームに関連付けられています。スタートポイントに関連付けられたフォームをリストでタップして開きます。
    スタートポイントに関連付けられているフォームが開きます。
  3. スタートポイント ​フォームに、詳細情報を入力します。
    添付ファイル 」ボタンを使用して、このタスクに注釈を追加できます。
  4. After you fill the form, tap the Submit button.
アプリケーションがオフラインの場合、フォームとそのデータは Outbox フォルダーに保存されます。
アプリケーションがオンラインの場合、タスクは AEM Forms Server と同期され、プロセスで指定されたユーザーに割り当てられます。
タスクリスト内のタスクを実行するには、「 タスクを開く 」を参照してください。