Show Menu
トピック×

フォームのイベント追跡のカスタマイズ

Analytics が有効になっているアダプティブフォームでは次のイベントがデフォルトで追跡されます。
イベント 使用可能な変数
render formName、formTitle、formInstance、source
abandon formNam、formTitle、formInstance、source
保存 formName、formTitle、formInstance、panelName、source
submit formName、formTitle、formInstance、source
エラー formName、formTitle、fieldName、fieldTitle、panelTitle
help formName、formTitle、fieldName、fieldTitle、panelTitle
fieldVisit formName、formTitle、fieldName、fieldTitle、panelTitle
panelVisit formName、formTitle、panelName、panelTitle

fieldVisit イベントのタイムアウトのカスタマイズ

AEM Forms のデフォルト設定では、ユーザーが 60 秒以上フィールドにとどまると、 fieldvisit イベントがトリガーされ、フィールドの詳細が Adobe Analytics に送信されます。AEM Configuration コンソール(/system/console/configMgr)で、AEM Forms Analytics Configuration の下にある Field time tracking baseline をカスタマイズすると、タイムアウト制限を調整できます。

追跡イベントのカスタマイズ

You can modify the trackEvent function available in /libs/afanalytics/js/custom.js file to customize the event tracking. アダプティブフォームで追跡中のイベントが発生すると、 trackEvent 関数が呼び出されます。The trackEvent function accepts two parameters: eventName and variableValueMap .
You can evaluate value of eventName and variableValueMap arguments to change the tracking behavior of events. 例えば、ある一定数のイベントが発生した場合、Analytics サーバーに情報を送信するように指定できます。また、次のカスタマイズを実行できます。
  • イベントが送信されるまでのしきい値を設定できます。
  • You can maintain a state to decide action, for example, fieldVisit pushes a dummy event based on the timestamp of the last event.
  • pushEvent 関数を使用して Analytics サーバーにイベントを送信できます。**
  • Analytics サーバーにイベントを一切プッシュしないようにすることもできます。

サンプル

In the following example, state for the error event of each fieldName attribute is maintained. エラーが再発した場合にのみ、Analytics サーバーにイベントが送信されます。
case 'error':
        if(errorOccurred[variableValueMap.fieldName] == true) {
            pushEvent(eventName, variableValueMap)
        }
        errorOccurred[variableValueMap.fieldName] = true;
        break;

panelVisit イベントのカスタマイズ

デフォルトの AEM Forms セットアップでは、60 秒ごとに、アダプティブフォームを含むウィンドウがアクティブになっているかどうかがチェックされます。If the window is active, a panelVisit event is triggered to Adobe Analytics. そうすることで、そのドキュメントまたはフォームがアクティブであることを確認し、対応するフォームまたはドキュメントでの滞在時間を計算できます。
アクティビティの確認と滞在時間の計算に使用されるイベント名は、"panelVisit" です。このイベントは、上記の表に記載されているパネル訪問イベントとは異なります。
You can modify the scheduleHeartBeatCheck function available in the /libs/afanalytics/js/custom.js file to change or stop this event sent to Adobe Analytics at a regular interval.