Show Menu
トピック×

Java APIクイック開始の概要

AdobeAEM FormsAPIクイック開始は、AEM Formsサービスとやり取りするプログラムの開発に向けた取り組みを迅速化するのに役立ちます。 クイック ​開始は完全なプログラムで、独自のプロジェクトにコピーして貼り付け、開始点として使用できます。 クイック開始を実行して、動作を確認し、必要に応じて変更することができます。
AEM Formsの操作は、AEM Formsで厳密に型指定されたAPIを使用して実行できます。接続モードはSOAPに設定する必要があります。
Java厳密に型指定されたAPIクイック開始は、Javaアプリケーションの実行に必要なJARファイルのリストを提供します。 ほとんどのJavaクイック開始は、内で実行されるコンソールアプリケーションで main す。 ただし、FormsJavaが厳密に型指定したAPIクイック開始は、Webアプリケーション内で実行するJavaサーブレットとして実装されます。
JARファイルのリストは、クイック開始の先頭にあるコメントセクションにあります。 例えば、次のコメントはOutputクイック開始にあり、各Javaクイック開始に含まれる一般的なJARファイルリストです。
 /*
     * This Java Quick Start uses the SOAP mode and contains the following JAR files
     * in the class path:
     * 1. adobe-output-client.jar
     * 2. adobe--client.jar
     * 3. adobe-usermanager-client.jar
     *
     * These JAR files are located in the following path:
     * <install directory>/Adobe/Adobe_Experience_Manager_forms/SDK/client-libs/common
     *
     * The adobe-utilities.jar file is located in the following path:
     * <install directory>/Adobe/Adobe_Experience_Manager_forms/SDK/client-libs/jboss
     *
     * The jboss-client.jar file is located in the following path:
     * <install directory>/Adobe/Adobe_Experience_Manager_forms/jboss/bin/client
     *
     * If you want to invoke a remote AEM Forms instance and there is a
     * firewall between the client application and AEM Forms, then it is
     * recommended that you use the SOAP mode. When using the SOAP mode,
     * you have to include additional JAR files located in the following
     * path
     * <install directory>/Adobe/Adobe_Experience_Manager_forms/SDK/client-libs/thirdparty
     *
     * For information about the SOAP
     * mode and the additional JAR files that need to be included,
     * see "Setting connection properties" in Programming
     * with AEM Forms
     *
     * For complete details about the location of the AEM Forms JAR files,
     * see "Including AEM Forms library files" in Programming
     * with AEM Forms
     */

複数のサービスのクイック開始

JEE上のAEM Formsとの プログラミングにあるほとんどのクイック開始は 、操作を実行するために特定のサービスを呼び出します。 ただし、一部のクイック開始は、特定のワークフローを実行するために複数のAEM Formsサービスを呼び出します。 次のリストは、複数のAEM Formsサービスを呼び出すJavaクイック開始を提供します。
クイック開始(SOAPモード):Java API (Forms、Output、ドキュメント管理サービスを呼び出す)を使用して、送信済みのXMLデータを使用してPDFドキュメントを作成する
クイック開始(SOAPモード):Java API (Formsおよびドキュメント管理サービスを呼び出す)を使用してFormsサービスにドキュメントを渡す
クイック開始(SOAPモード):Java API (FormsおよびSignatureサービスを呼び出す)を使用したXFAベースのフォームのデジタル署名
クイック開始(SOAPモード):Java APIを使用したロールと権限の管理 (DirectoryManagerおよびAuthorizationManagerサービスを呼び出す)
クイック開始(SOAPモード):Java API (Outputおよびドキュメント管理サービスを呼び出す)を使用してOutputサービスにドキュメントを渡す
「AEM Formsでのプログラミング」にあるクイック開始は、AEM FormsがJBoss® Application ServerおよびMicrosoft® Windows®オペレーティングシステムにデプロイされていることに基づいています。 ただし、UNIX®など別のオペレーティングシステムを使用している場合は、Windows固有のパスを、該当するオペレーティングシステムでサポートされているパスに置き換えます。 同様に、別のJ2EEアプリケーションサーバーを使用する場合は、有効な接続プロパティを指定していることを確認してください。 ( 接続プロパティの設定 を参照。)
ほとんどのWebサービスクイック開始はC#で記述され、.NET Frameworkを使用します。 ただし、SOAP標準をサポートする任意の開発環境で、AEM Formsサービスを呼び出すことができるクライアントアプリケーションロジックを作成できます。 (See Invoking AEM Forms Using Web Services .)