Show Menu
トピック×

WebサービスAPIを使用したPDFドキュメントのディスアセンブリ

Assembler Service API(Webサービス)を使用してPDFドキュメントをディスアセンブリします。
  1. プロジェクトファイルを含めます。
    MTOMを使用するMicrosoft .NETプロジェクトを作成します。 サービス参照を設定する際は、必ず次のWSDL定義を使用してください。 http://localhost:8080/soap/services/AssemblerService?WSDL&lc_version=9.0.1 .
    AEM Formsをホ localhost ストするサーバーのIPアドレスで置き換えます。
  2. PDFアセンブラクライアントを作成します。
    • デフォルトのコンス AssemblerServiceClient トラクターを使用して、オブジェクトを作成します。
    • コンストラクタ AssemblerServiceClient.Endpoint.Address ーを使用してオブジェクトを作 System.ServiceModel.EndpointAddress 成します。 WSDLをAEM Formsサービス(例えば、 http://localhost:8080/soap/services/AssemblerService?blob=mtom )に渡すstring値。 属性を使用する必要はありま lc_version せん。 この属性は、サービス参照を作成する際に使用されます。
    • フィールド System.ServiceModel.BasicHttpBinding の値を取得してオブジェクトを作成 AssemblerServiceClient.Endpoint.Binding します。 戻り値を BasicHttpBinding にキャストします。
    • オブジェクト System.ServiceModel.BasicHttpBinding のフィールドをに MessageEncoding 設定しま WSMessageEncoding.Mtom す。 この値により、MTOMが使用されます。
    • 次のタスクを実行して、基本HTTP認証を有効にします。
      • フィールドにAEM formsユーザー名を割り当てま AssemblerServiceClient.ClientCredentials.UserName.UserName す。
      • 対応するパスワード値をフィールドに割り当てま AssemblerServiceClient.ClientCredentials.UserName.Password す。
      • 定数値をフィールド HttpClientCredentialType.Basic に割り当てま BasicHttpBindingSecurity.Transport.ClientCredentialType す。
      • 定数値をフィールド BasicHttpSecurityMode.TransportCredentialOnly に割り当てま BasicHttpBindingSecurity.Security.Mode す。
  3. 既存のDDXドキュメントを参照します。
    • コンストラクタを使用して BLOB オブジェクトを作成します。このオブ BLOB ジェクトは、DDXドキュメントの保存に使用されます。
    • Create a System.IO.FileStream object by invoking its constructor. DDXドキュメントのファイルの場所と、ファイルを開くモードを表すstring値を渡します。
    • オブジェクトのコンテンツを格納するバイト配列を作成 System.IO.FileStream します。 バイト配列のサイズは、オブジェクトのプロパティを取得するこ System.IO.FileStream とで指定で Length きます。
    • オブジェクトのメソッドを呼び出し、読み取るバイト配列、開 System.IO.FileStream 始位置、ストリ Read ーム長を渡すことによって、バイト配列にストリームデータを設定します。
    • オブジェクト BLOB にバイト配列の内容をプロ MTOM パティに割り当てて、オブジェクトを設定します。
  4. ディスアセンブリするPDFドキュメントを参照します。
    • コンストラクタを使用して BLOB オブジェクトを作成します。このオ BLOB ブジェクトは、入力PDFドキュメントの保存に使用されます。 このオ BLOB ブジェクトは、引数として invokeOneDocument に渡されます。
    • オブジェクト System.IO.FileStream を作成するには、コンストラクターを呼び出し、入力PDFドキュメントのファイルの場所とファイルを開くモードを表すstring値を渡します。
    • オブジェクトのコンテンツを格納するバイト配列を作成 System.IO.FileStream します。 バイト配列のサイズは、オブジェクトのプロパティを取得するこ System.IO.FileStream とで指定で Length きます。
    • オブジェクトのメソッドを呼び出し、読み取るバイト配列、開 System.IO.FileStream 始位置、ストリ Read ーム長を渡すことによって、バイト配列にストリームデータを設定します。
    • オブジェクトに BLOB バイト配列の内容をフィー MTOM ルドに割り当てて、オブジェクトを入力します。
    • Create a MyMapOf_xsd_string_To_xsd_anyType object. このコレクションオブジェクトは、ディスアセンブリするPDFを保存するために使用されます。
    • Create a MyMapOf_xsd_string_To_xsd_anyType_Item object.
    • キー名を表すstring値をオブジェクトのフィールド MyMapOf_xsd_string_To_xsd_anyType_Item に割り当て key ます。 この値は、DDXドキュメントで指定されたPDFソース要素の値と一致する必要があります。
    • PDFドキュメント BLOB を保存するオブジェクトをオブジェクトのフィー MyMapOf_xsd_string_To_xsd_anyType_Item ルドに割り当 value てます。
    • オブジェクト MyMapOf_xsd_string_To_xsd_anyType_Item をオブジェクトに追加 MyMapOf_xsd_string_To_xsd_anyType します。 オブジェクトの MyMapOf_xsd_string_To_xsd_anyType メソッドを呼 Add び出し、オブジェクトを渡 MyMapOf_xsd_string_To_xsd_anyType します。
  5. 実行時オプションを設定します。
    • コンストラクタ AssemblerOptionSpec ーを使用して、実行時のオプションを格納するオブジェクトを作成します。
    • オブジェクトに属するデータメンバーに値を割り当てて、ビジネス要件に合わせて実行時オプションを設定 AssemblerOptionSpec します。 例えば、エラーが発生した場合にジョブの処理を続行するようAssemblerサービスに指示するには、オブジェクトのフ false ィールドに AssemblerOptionSpec 割り当て failOnError ます。
  6. PDFドキュメントのディスアセンブリ
    オブジェクト AssemblerServiceClient のメソッドを invokeDDX 呼び出し、次の値を渡します。
    • PDFドキ BLOB ュメントをディスアセンブリするDDXドキュメントを表すオブジェクトです
    • ディスア MyMapOf_xsd_string_To_xsd_anyType センブリするPDFドキュメントを含むオブジェクト
    • 実行時 AssemblerOptionSpec のオプションを指定するオブジェクト
    このメ invokeDDX ソッドは、ジョ AssemblerResult ブの結果と発生した例外を含むオブジェクトを返します。
  7. 分解されたPDFドキュメントを保存します。
    新しく作成されたPDFドキュメントを取得するには、次の操作を実行します。
    • オブジェクトのフ AssemblerResult ィールドにアク documents セスします。このフィールドは、ア Map センブル解除されたPDFドキュメントを含むオブジェクトです。
    • オブジェクトを繰り返し Map 処理し、各結果ドキュメントを取得します。 次に、その配列メンバーをにキャス value トします BLOB
    • PDFドキュメントを表すバイナリデータを抽出するには、そのオブジェクトのプロパ BLOB ティにアクセス MTOM します。 PDFファイルに書き出し可能なバイト配列を返します。
関連トピック