Show Menu
トピック×

PDFユーティリティの操作

PDF Utilitiesサービスについて
PDF Utilitiesサービスでは、PDFファイル形式とXDPファイル形式間の変換、PDFドキュメントプロパティの設定と取得、XMPメタデータの操作を行うことができます。 例えば、PDFドキュメントを別の形式に変換する前に、そのプロパティを調べて、変換用に呼び出すサービス操作を決定すると便利です。
PDF Utilitiesサービスを使用して、次のタスクを実行できます。
For more information about the PDF Utilities service, see Services Reference for AEM Forms .

PDFドキュメントのXDPドキュメントへの変換

PDF UtilitiesのJavaおよびWebサービスAPIを使用して、PDFドキュメントをXDPドキュメントにプログラム的に変換できます。
For more information about the PDF Utilities service, see Services Reference for AEM Forms .

手順の概要

PDFドキュメントをXDPドキュメントに変換するには、次の手順を実行します。
  1. プロジェクトファイルを含めます。
  2. PDFUtilityServiceクライアントを作成します。
  3. PDFからXDPへの変換操作を呼び出します。
プロジェクトファイルを含める
必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。 Javaを使用してクライアントアプリケーションを作成する場合は、必要なJARファイルを含めます。 Webサービスを使用している場合は、必ずプロキシファイルを含めてください。
PDFUtilityServiceクライアントの作成
プログラムで「PDF Utilities」操作を実行する前に、PDFUtilityServiceクライアントを作成する必要があります。 Java APIを使用すると、オブジェクトを作成することで実現で PDFUtilityServiceClient きます。 WebサービスAPIでは、オブジェクトを使用して行い PDFUtilityServiceService ます。
「PDF to XDP conversion」操作の呼び出し
サービスクライアントを作成した後、PDFからXDPへの変換操作を呼び出すことができます。
関連トピック

Java APIを使用したPDFドキュメントのXDPドキュメントへの変換

PDF Utilities API(Java)を使用してPDFドキュメントをXDPドキュメントに変換します。
  1. プロジェクトファイルを含める
    Javaプロジェクトのクラスパスに、adobe-pdfutility-client.jarなどのクライアントJARファイルを含めます。
  2. PDFUtilityServiceクライアントの作成
    コンストラク PDFUtilityServiceClient ターを使用し、接続プロパティを含むオブジェクトを渡 ServiceClientFactory して、オブジェクトを作成します。
  3. 「PDF to XDP conversion」操作の呼び出し
    変換を実行するには、オブジェクトの PDFUtilityServiceClient メソッドを呼び出 convertPDFtoXDP し、PDFファイルを表 com.adobe.idp.Document すオブジェクトを渡します。 このメソッドは、新しく com.adobe.idp.Document 作成されたXDPファイルを表すオブジェクトを返します。
関連トピック

WebサービスAPIを使用したPDFドキュメントのXDPドキュメントへの変換

PDF Utilities API(Webサービス)を使用してPDFドキュメントをXDPドキュメントに変換します。
  1. プロジェクトファイルを含める
    • PDF UtilitiesサービスのWSDLファイルを使用するMicrosoft .NETクライアントアセンブリを作成します。
    • Microsoft .NETクライアントアセンブリを参照します。
  2. PDFUtilityServiceクライアントの作成
    プロキシクラス PDFUtilityServiceService のコンストラクターを使用して、オブジェクトを作成します。
  3. 「PDF to XDP conversion」操作の呼び出し
    オブジェクト PDFUtilityServiceService のメソッドを convertPDFtoXDP 呼び出し、PDFファイルを表 BLOB すオブジェクトを渡します。 このメソッドは、新しく BLOB 作成されたXDPファイルを表すオブジェクトを返します。
関連トピック

XDPドキュメントからPDFドキュメントへの変換

PDF UtilitiesのJavaおよびWebサービスAPIを使用して、XDPドキュメントをPDFドキュメントにプログラム的に変換できます。
For more information about the PDF Utilities service, see Services Reference for AEM Forms .

手順の概要

XDPドキュメントをPDFドキュメントに変換するには、次の手順を実行します。
  1. プロジェクトファイルを含めます。
  2. PDFUtilityServiceクライアントを作成します。
  3. XDPからPDFへの変換操作を呼び出します。
プロジェクトファイルを含める
必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。 Javaを使用してクライアントアプリケーションを作成する場合は、必要なJARファイルを含めます。 Webサービスを使用している場合は、必ずプロキシファイルを含めてください。
PDFUtilityServiceクライアントの作成
プログラムで「PDF Utilities」操作を実行する前に、PDFUtilityServiceクライアントを作成する必要があります。 Java APIを使用すると、オブジェクトを作成することで実現で PDFUtilityServiceClient きます。 WebサービスAPIでは、オブジェクトを使用して行い PDFUtilityServiceService ます。
XDPからPDFへの変換操作の呼び出し
サービスクライアントを作成した後、XDPからPDFへの変換操作を呼び出すことができます。
関連トピック

Java APIを使用したXDPドキュメントのPDFドキュメントへの変換

PDF Utilities API(Java)を使用してXDPドキュメントをPDFドキュメントに変換します。
  1. プロジェクトファイルを含める
    Javaプロジェクトのクラスパスに、adobe-pdfutility-client.jarなどのクライアントJARファイルを含めます。
  2. PDFUtilityServiceクライアントの作成
    コンストラク PDFUtilityServiceClient ターを使用し、接続プロパティを含むオブジェクトを渡 ServiceClientFactory して、オブジェクトを作成します。
  3. XDPからPDFへの変換操作の呼び出し
    変換を実行するには、オブジェクトの PDFUtilityServiceClient メソッドを呼び出 convertXDPtoPDF し、XDPファイルを表 com.adobe.idp.Document すオブジェクトを渡します。 このメソッドは、新しく com.adobe.idp.Document 作成されたPDFファイルを表すオブジェクトを返します。
関連トピック

WebサービスAPIを使用したXDPドキュメントのPDFドキュメントへの変換

PDF Utilities API(WebサービスAPI)を使用してXDPドキュメントをPDFドキュメントに変換します。
  1. プロジェクトファイルを含める
    • PDF UtilitiesサービスのWSDLファイルを使用するMicrosoft .NETクライアントアセンブリを作成します。
    • Microsoft .NETクライアントアセンブリを参照します。
  2. PDFUtilityServiceクライアントの作成
    プロキシクラス PDFUtilityServiceService のコンストラクターを使用して、オブジェクトを作成します。
  3. XDPからPDFへの変換操作の呼び出し
    変換を実行するには、オブジェクトの PDFUtilityServiceService メソッドを呼び出 convertXDPtoPDF し、XDPファイルを表 BLOB すオブジェクトを渡します。 このメソッドは、新しく BLOB 作成されたPDFファイルを表すオブジェクトを返します。
関連トピック

PDFドキュメントのプロパティの取得

ドキュメントが入力可能なフォームか、ドキュメントの読み取りに最低限必要なAcrobatバージョンかなど、PDF UtilitiesのJavaおよびWebサービスAPIを使用して、PDFドキュメントのプロパティをプログラムで取得できます。
For more information about the PDF Utilities service, see Services Reference for AEM Forms

手順の概要

PDFドキュメントのプロパティを取得するには、次の手順を実行します。
  1. プロジェクトファイルを含めます。
  2. PDFUtilityServiceクライアントを作成します。
  3. プロパティ取得操作を呼び出します。
プロジェクトファイルを含める
必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。 Javaを使用してクライアントアプリケーションを作成する場合は、必要なJARファイルを含めます。 Webサービスを使用している場合は、必ずプロキシファイルを含めてください。
PDFUtilityServiceクライアントの作成
プログラムで「PDF Utilities」操作を実行する前に、PDFUtilityServiceクライアントを作成する必要があります。 Java APIを使用すると、オブジェクトを作成することで実現で PDFUtilityServiceClient きます。 WebサービスAPIでは、これはオブジェクトを使用して行わ PDFUtilityServiceService れます。
プロパティ取得操作を呼び出します
サービスクライアントを作成した後、プロパティ取得操作を呼び出すことができます。
関連トピック

Java APIを使用したPDFドキュメントのプロパティの取得

PDF Utilities API(Java)を使用してPDFドキュメントのプロパティを取得します。
  1. プロジェクトファイルを含める
    Javaプロジェクトのクラスパスに、adobe-pdfutility-client.jarなどのクライアントJARファイルを含めます。
  2. PDFUtilityServiceクライアントの作成
    コンストラク PDFUtilityServiceClient ターを使用し、接続プロパティを含むオブジェクトを渡 ServiceClientFactory して、オブジェクトを作成します。
  3. プロパティ取得操作を呼び出します
    変換を実行するには、オブジェクトの PDFUtilityServiceClient メソッドを呼び出 getPDFProperties し、次のように渡します。
    • A com.adobe.idp.Document object that represents the PDF document.
    • 評価す PDFPropertiesOptionSpec るプロパティを含むオブジェクトです。
    The method returns a PDFPropertiesResult object that contains the results of the query.
関連トピック

WebサービスAPIを使用したPDFドキュメントのプロパティの取得

PDF Utilities webサービスAPIを使用してPDFドキュメントのプロパティを取得します。
  1. プロジェクトファイルを含める
    • PDF UtilitiesサービスのWSDLファイルを使用するMicrosoft .NETクライアントアセンブリを作成します。
    • Microsoft .NETクライアントアセンブリを参照します。
  2. PDFUtilityServiceクライアントの作成
    プロキシクラス PDFUtilityServiceService のコンストラクターを使用して、オブジェクトを作成します。
  3. プロパティ取得操作を呼び出します
    変換を実行するには、オブジェクトの PDFUtilityServiceService メソッドを呼び出 getPDFProperties し、次のように渡します。
    • A BLOB object that represents the PDF document.
    • 評価す PDFPropertiesOptionSpec るプロパティを含むオブジェクトです。
    The method returns a PDFPropertiesResult object that contains the results of the query.
関連トピック

PDFドキュメントの保存モードの設定

PDF UtilitiesサービスのJavaおよびWebサービスAPIを使用して、PDFドキュメントの保存モードをプログラムで設定できます。 PDF Utilitiesサービスを使用して保存モードを設定する場合、PDF Utilitiesサービスは保存モードを設定するだけで、実際にはPDFドキュメントを保存しません。 PDFドキュメントは、別のサービス操作に渡されるときに保存されます。 例えば、PDF Utilitiesサービスを使用して特定の保存モードを設定し、それをEncryptionサービスに渡すと、PDFドキュメントが実際に保存され、暗号化されます。
For more information about the PDF Utilities service, see Services Reference for AEM Forms .

手順の概要

PDFドキュメントの保存オプションを設定するには、次の手順を実行します。
  1. プロジェクトファイルを含めます。
  2. PDFUtilityServiceクライアントを作成します。
  3. 保存モードを設定します。
  4. 保存操作を呼び出します。
  5. PDFドキュメントを別の操作に渡します。
プロジェクトファイルを含める
必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。 Javaを使用してクライアントアプリケーションを作成する場合は、必要なJARファイルを含めます。 Webサービスを使用している場合は、必ずプロキシファイルを含めてください。
PDFUtilityServiceクライアントの作成
プログラムで「PDF Utilities」操作を実行する前に、PDFUtilityServiceクライアントを作成する必要があります。 Java APIを使用すると、オブジェクトを作成することで実現で PDFUtilityServiceClient きます。 WebサービスAPIでは、これはオブジェクトを使用して行わ PDFUtilityServiceService れます。
保存モードの設定
次の保存オプションのいずれかを選択できます。
  • INCREMENTAL :保存に要する時間を短縮するために増分的に保存するには
  • FAST_WEB_VIEW :Web表示用に保存
  • FULL :完全保存を使用して保存するには(最適化を行わないで)
「save style」操作の呼び出し
サービスクライアントを作成した後、プロパティ取得操作を呼び出すことができます。
PDFドキュメントを別のAEM Forms操作に渡す
PDF Utilitiesサービスで指定した保存モードを設定したら、PDFドキュメントを別のAEM Forms操作に渡します。 その操作から戻ると、PDFドキュメントは指定したモードで保存されます。 例えば、PDF Utilitiesサービスを使用してモードを設定し、そのPDFドキュメントをEncryptionサービスの操作に渡す場合、返されたPDFドキュメントはパスワードで暗号化され、 FAST_WEB_VIEW モードで保存され encryptUsingPassword FAST_WEB_VIEW ます。
このセクションに関連付けられているクイックスタートでモ FAST_WEB_VIEW ードが設定され、PDFドキュメントがEncryptionサービスの操作に渡さ encryptUsingPassword れます。
関連トピック

Java APIを使用したPDFドキュメントの保存オプションの設定

PDF Utilities API(Java)を使用してPDFドキュメントの保存オプションを設定します。
  1. プロジェクトファイルを含める
    Javaプロジェクトのクラスパスに、adobe-pdfutility-client.jarなどのクライアントJARファイルを含めます。
  2. PDFUtilityServiceクライアントの作成
    コンストラク PDFUtilityServiceClient ターを使用し、接続プロパティを含むオブジェクトを渡 ServiceClientFactory して、オブジェクトを作成します。
  3. 保存モードの設定
    • コンストラクタを使用して PDFUtilitySaveMode オブジェクトを作成します。
    • オブジェクトのメソッドを呼び出し、保 PDFUtilitySaveMode 存モードを指 setSaveStyle 定するstring値を渡して、保存モードを設定します。 例えば、Web表示用に保存するには、を渡しま FAST_WEB_VIEW す。
  4. 「save style」操作の呼び出し
    オブジェクト PDFUtilityServiceClient のメソッドを setSaveMode 呼び出し、次の値を渡します。
    • A com.adobe.idp.Document object that represents the PDF document.
    • 使用す PDFUtilitySaveMode る保存スタイルを含むオブジェクトです。
    • 以前の設定を上書きするかどうかを指定するために使用されるBoolean値です。
    このメソッドは、指定した保存ス com.adobe.idp.Document タイルを使用して形式設定されたオブジェクトを返します。
  5. PDFドキュメントを別のAEM Forms操作に渡す
    • 返されたオブジェクト com.adobe.idp.Document を別のAEM Forms操作に渡します。
関連トピック

WebサービスAPIを使用したPDFドキュメントの保存オプションの設定

PDF Utilities AP(Webサービス)を使用して、PDFドキュメントの保存オプションを設定します。
  1. プロジェクトファイルを含める
    • PDF UtilitiesサービスのWSDLファイルを使用するMicrosoft .NETクライアントアセンブリを作成します。
    • Microsoft .NETクライアントアセンブリを参照します。
  2. PDFUtilityServiceクライアントの作成
    プロキシクラス PDFUtilityServiceService のコンストラクターを使用して、オブジェクトを作成します。
  3. 保存モードの設定
    • コンストラクタを使用して PDFUtilitySaveMode オブジェクトを作成します。
    • 保存モードを設定するには、保存モードを指定するオブジェクト PDFUtilitySaveMode のメソッドに saveStyle string値を割り当てます。 例えば、Web表示用に保存するには、を指定しま FAST_WEB_VIEW す。
  4. 「save style」操作の呼び出し
    オブジェクト PDFUtilityServiceService のメソッドを setSaveMode 呼び出し、次の値を渡します。
    • A BLOB object that represents the PDF document.
    • 使用す PDFUtilitySaveMode る保存スタイルを含むオブジェクトです。
    • 以前の設定を上書きするかどうかを指定するために使用されるBoolean値です。
    このメソッドは、指定した保存ス BLOB タイルを使用して形式設定されたオブジェクトを返します。 その後、そのオブジェクトをPDFドキュメントとして保存できます。
  5. PDFドキュメントを別のForms操作に渡す
    • 返されたオブジェクト BLOB を別のAEM Forms操作に渡します。
関連トピック

PDFドキュメントのサニタイズ

PDF Utilities Java APIを使用して、PDFドキュメントをXDPドキュメントにプログラム的に変換できます。
For more information about the PDF Utilities service, see Services Reference for AEM Forms .

手順の概要

PDFドキュメントを削除するには、次の手順を実行します。
  1. プロジェクトファイルを含めます。
  2. PDFUtilityServiceクライアントを作成します。
  3. サニタイズ操作を呼び出します。
プロジェクトファイルを含める
必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。 Javaを使用してクライアントアプリケーションを作成するには、必要なJARファイルを含めます。
PDFUtilityServiceクライアントの作成
プログラムでサニタイゼーション操作を実行する前に、PDFUtilityServiceクライアントを作成する必要があります。 Java APIを使用すると、オブジェクトを作成することで実現で PDFUtilityServiceClient きます。
「PDF to XDP conversion」操作の呼び出し
サービスクライアントを作成した後で、サービス化操作を呼び出すことができます。
関連トピック

Java APIを使用してPDFドキュメントを削除する

PDF Utilities API(Java)を使用してドキュメントを削除します。
  1. プロジェクトファイルを含める
    Javaプロジェクトのクラスパスに、adobe-pdfutility-client.jarなどのクライアントJARファイルを含めます。
  2. PDFUtilityServiceクライアントの作成
    コンストラク PDFUtilityServiceClient ターを使用し、接続プロパティを含むオブジェクトを渡 ServiceClientFactory して、オブジェクトを作成します。
  3. 「PDF to XDP conversion」操作の呼び出し
    変換を実行するには、オブジェクトの PDFUtilityServiceClient メソッドを呼び出 convertPDFtoXDP し、PDFファイルを表 com.adobe.idp.Document すオブジェクトを渡します。 このメソッドは、新しく com.adobe.idp.Document 作成されたXDPファイルを表すオブジェクトを返します。
関連トピック