Show Menu
トピック×

フォームのレンダリング

Formsサービスについて
Formsサービスを使用すると、通常はDesignerで作成されるフォームを検証、処理、変換および配信する、インタラクティブなデータキャプチャクライアントアプリケーションを作成できます。 フォーム作成者は、Formsサービスが様々なブラウザー環境のPDF、SWFまたはHTMLでレンダリングする単一のフォームデザインを開発できます。
エンドユーザーがフォームを要求すると、クライアントアプリケーションはFormsサービスに要求を送信し、Formsサービスは適切な形式でフォームを返します。 Formsサービスは、要求を受け取るとすぐに、データとフォームデザインを結合し、目的の形式でフォームを配信します。 Formサービスの出力はインタラクティブフォームで、通常はPDFドキュメントです。 インタラクティブフォームを使用すると、ユーザーはフォーム上のフィールドに入力できます。
クライアントアプリケーションの種類に応じて、フォームをクライアントのWebブラウザーに書き込んだり、フォームをPDFファイルとして保存したりできます。 Webベースのアプリケーションは、フォームをWebブラウザーに書き込むことができます。 デスクトップアプリケーションは、フォームをPDFファイルとして保存できます。 WebブラウザーとPDFファイルに書き出す方法をデモするには、「 レンダリングフォーム 」セクションにあるクイック開始を次のように整理します。
  • Java APIで厳密に型指定された(SOAPモード)例は、Javaサーブレットです。
  • Webサービス(Java Base64)の例はJavaサーブレットです。
  • Webサービス(MTOM)の例は、コンソールアプリケーションです(すべてのクイック開始にMTOMの例があるわけではありません)。
Javaサーブレットを使用してFormsサービスを呼び出すWebアプリケーションの作成について詳しくは、「フォームをレンダリングするWeb アプリケーションの 作成 」を参照してください。
フォームデザイン(XDPファイル)またはPDFドキュメントをFormsサービスに渡すには、次の2つの方法があります。
  • URL値を使用してフォームデザインを参照できます。 この方法では、 URLSpec オブジェクトを使用します。 コンテンツルートは、 URLSpec オブジェクトの setContentRootURI メソッドを使用してFormsサービスに渡されます。 フォームデザイン名( formQuery )は、別のパラメーターとして渡されます。 2つの値が連結され、フォームデザインの絶対参照が取得されます。 (「フォームの レンダリング 」セクションにあるクイック開始のほとんどは、この方法を使用します)。
  • フォームデザインを含むフォーム com.adobe.idp.Document をFormsサービスに渡すことができます。 フォームデザインを含む renderPDFForm2 オブジェクトを、という名前で renderHTMLForm2 com.adobe.idp.Document 受け入れる2つの新しいメソッドが追加されました。 (Formsサービスに ドキュメントを渡すを参照)。
Formsサービスを使用して、次のタスクを実行できます。