Show Menu
トピック×

XMPユーティリティの操作

XMP Utilitiesサービスについて
PDFドキュメントにはメタデータが含まれています。メタデータは、ドキュメントに関する情報で、テキストやグラフィックなど、ドキュメントのコンテンツと区別されます。 Adobe Extensible Metadata Platform(XMP)は、ドキュメントのメタデータを処理するための標準です。
XMP Utilitiesサービスは、PDFドキュメントからXMPメタデータを取得して保存し、XMPメタデータをPDFドキュメントに読み込むことができます。
XMP Utilitiesサービスを使用して、次のタスクを実行できます。
For more information about the XMP Utilities service, see Services Reference for AEM Forms .

PDFドキュメントへのメタデータの読み込み

XMP UtilitiesのJavaおよびWebサービスAPIを使用して、XMPメタデータをプログラム的にPDFドキュメントに読み込むことができます。 メタデータは、ドキュメントの作成者やドキュメントに関連するキーワードなど、PDFドキュメントに関する情報を提供します。 メタデータは、次の図に示すように、ドキュメントのドキュメントプロパティダイアログ内に配置できます。
プログラムによってPDFドキュメントにメタデータを読み込む場合は、メタデータ値を指定する既存のXMLドキュメントを使用するか、またはタイプのオブジェクトを使用できま XMPUtilityMetadata す。 (『 AEM Forms APIリファレンス 』を参照)。
この節では、XMLドキュメントを使用してメタデータをPDFドキュメントに読み込む方法について説明します。
次のXMLコードには、前の図に対応するメタデータ値が含まれています。 例えば、キーワードを指定する太字の項目に注目してください。
 <?xpacket begin="?" id="W5M0MpCehiHzreSzNTczkc9d"?>
 <x:xmpmeta xmlns:x="adobe:ns:meta/" x:xmptk="Adobe XMP Core 4.2-jc015 52.349034, 2008 Jun 20 00:30:39-PDT (debug)">
       <rdf:RDF xmlns:rdf="https://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#">
          <rdf:Description rdf:about=""
                xmlns:xmp="https://ns.adobe.com/xap/1.0/">
             <xmp:MetadataDate>2008-10-22T10:52:21-04:00</xmp:MetadataDate>
             <xmp:CreatorTool>AEM Forms</xmp:CreatorTool>
             <xmp:ModifyDate>2008-10-22T10:52:21-04:00</xmp:ModifyDate>
             <xmp:CreateDate>2008-02-13T11:00:18-05:00</xmp:CreateDate>
          </rdf:Description>
          <rdf:Description rdf:about=""
                xmlns:pdf="https://ns.adobe.com/pdf/1.3/">
             <pdf:Producer>AEM Forms</pdf:Producer>
             <pdf:Keywords>keyword1, keyword2, keyword3,keyword4</pdf:Keywords>
          </rdf:Description>
          <rdf:Description rdf:about=""
                xmlns:xmpMM="https://ns.adobe.com/xap/1.0/mm/">
             <xmpMM:DocumentID>uuid:1cce1f84-331e-4d8d-8538-15441c271dd7</xmpMM:DocumentID>
             <xmpMM:InstanceID>uuid:cdda0ca6-7c91-4771-9dc9-796c8fe59350</xmpMM:InstanceID>
          </rdf:Description>
          <rdf:Description rdf:about=""
                >
             <dc:format>application/pdf</dc:format>
             <dc:description>
                <rdf:Alt>
                   <rdf:li xml:lang="x-default">Adobe Designer Sample</rdf:li>
                </rdf:Alt>
             </dc:description>
             <dc:title>
                <rdf:Alt>
                   <rdf:li xml:lang="x-default">Grant Application</rdf:li>
                </rdf:Alt>
             </dc:title>
             <dc:creator>
                <rdf:Seq>
                   <rdf:li>Tony Blue</rdf:li>
                </rdf:Seq>
             </dc:creator>
             <dc:subject>
                <rdf:Bag>
                   <rdf:li>keyword1</rdf:li>
                   <rdf:li>keyword2</rdf:li>
                   <rdf:li>keyword3</rdf:li>
                   <rdf:li>keyword4</rdf:li>
                </rdf:Bag>
             </dc:subject>
          </rdf:Description>
          <rdf:Description rdf:about=""
                xmlns:desc="https://ns.adobe.com/xfa/promoted-desc/">
             <desc:version rdf:parseType="Resource">
                <rdf:value>1.0</rdf:value>
                <desc:ref>/template/subform[1]</desc:ref>
             </desc:version>
             <desc:contact rdf:parseType="Resource">
                <rdf:value>Adobe Systems Incorporated</rdf:value>
                <desc:ref>/template/subform[1]</desc:ref>
             </desc:contact>
          </rdf:Description>
       </rdf:RDF>
 </x:xmpmeta>

For more information about the XMP Utilities service, see Services Reference for AEM Forms .

手順の概要

XMPメタデータをPDFドキュメントに読み込むには、次の手順を実行します。
  1. プロジェクトファイルを含めます。
  2. XMPUtilityServiceクライアントを作成します。
  3. XMPメタデータの読み込み操作を呼び出します。
プロジェクトファイルを含める
必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。 Javaを使用してクライアントアプリケーションを作成する場合は、必要なJARファイルを含めます。 Webサービスを使用している場合は、必ずプロキシファイルを含めてください。
XMPUtilityServiceクライアントの作成
プログラムでXMP Utilities操作を実行する前に、XMPUtilityServiceクライアントを作成する必要があります。 Java APIを使用すると、オブジェクトを作成することで実現で XMPUtilityServiceClient きます。 WebサービスAPIでは、オブジェクトを使用して行い XMPUtilityServiceService ます。
XMPメタデータの読み込み操作の呼び出し
サービスクライアントの作成後、XMPメタデータの読み込み操作の1つを呼び出して、指定したPDFドキュメントにXMPメタデータを読み込むことができます。
関連トピック

Java APIを使用したXMPメタデータの読み込み

XMP Utilities API(Java)を使用してXMPメタデータを読み込みます。
  1. プロジェクトファイルを含める
    Javaプロジェクトのクラスパスに、adobe-pdfutility-client.jarなどのクライアントJARファイルを含めます。
    adobe-pdfutility-client.jarファイルには、XMP Utilitiesサービスをプログラム的に呼び出すことを可能にするクラスが含まれています。
  2. XMPUtilityServiceクライアントの作成
    コンストラク XMPUtilityServiceClient ターを使用し、接続プロパティを含むオブジェクトを ServiceClientFactory 渡して、オブジェクトを作成します。
  3. XMPメタデータの読み込み操作の呼び出し
    XMPメタデータを変更するには、オブジェクトのメソ XMPUtilityServiceClient ッドまたはそのメ importMetadata ソッドを呼び出 importXMP します。
    この方法を使用する importMetadata 場合は、次の値を渡します。
    • PDFフ com.adobe.idp.Document ァイルを表すオブジェクトです。
    • 読み込 XMPUtilityMetadata むメタデータを含むオブジェクトです。
    この方法を使用する importXMP 場合は、次の値を渡します。
    • PDFフ com.adobe.idp.Document ァイルを表すオブジェクトです。
    • 読み込 com.adobe.idp.Document むメタデータが含まれるXMLファイルを表すオブジェクトです。
    どちらの場合も、返される値は、新しく読み込ま com.adobe.idp.Document れたメタデータを含むPDFファイルを表すオブジェクトです。 その後、このオブジェクトをディスクに保存できます。
関連トピック

WebサービスAPIを使用したXMPメタデータの読み込み

XMP Utilities webサービスAPIを使用してXMPメタデータをプログラムで読み込むには、次のタスクを実行します。
  1. プロジェクトファイルを含める
  2. XMPUtilityServiceクライアントの作成
    プロキシクラス XMPUtilityServiceService のコンストラクターを使用して、オブジェクトを作成します。
  3. XMPメタデータの読み込み操作の呼び出し
    XMPメタデータを変更するには、オブジェクトのメソ XMPUtilityServiceService ッドまたはそのメ importMetadata ソッドを呼び出 importXMP します。
    この方法を使用する importMetadata 場合は、次の値を渡します。
    • PDFフ BLOB ァイルを表すオブジェクトです。
    • 読み込 XMPUtilityMetadata むメタデータを含むオブジェクトです。
    この方法を使用する importXMP 場合は、次の値を渡します。
    • PDFフ BLOB ァイルを表すオブジェクトです。
    • 読み込 BLOB むメタデータが含まれるXMLファイルを表すオブジェクトです。
    どちらの場合も、返される値は、新しく読み込ま BLOB れたメタデータを含むPDFファイルを表すオブジェクトです。 その後、このオブジェクトをディスクに保存できます。
関連トピック

PDFドキュメントからのメタデータの書き出し

XMP UtilitiesのJavaおよびWebサービスAPIを使用して、PDFドキュメントからXMPメタデータをプログラム的に取得し、保存できます。
For more information about the XMP Utilities service, see Services Reference for AEM Forms .

手順の概要

PDFドキュメントからXMPメタデータを書き出すには、次の手順を実行します。
  1. プロジェクトファイルを含めます。
  2. XMPUtilityServiceクライアントを作成します。
  3. XMPメタデータの書き出し操作を呼び出します。
プロジェクトファイルを含める
必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。 Javaを使用してクライアントアプリケーションを作成する場合は、必要なJARファイルを含めます。 Webサービスを使用している場合は、必ずプロキシファイルを含めてください。
XMPUtilityServiceクライアントの作成
プログラムでXMP Utilities操作を実行する前に、XMPUtilityServiceクライアントを作成する必要があります。 Java APを使用する場合は、オブジェクトを作成することで実現で XMPUtilityServiceClient きます。 WebサービスAPIでは、これはオブジェクトを使用して行わ XMPUtilityServiceService れます。
XMPメタデータの書き出し操作の呼び出し
サービスクライアントの作成後、XMPメタデータの書き出し操作の1つを呼び出して、XMPメタデータの検査やディスクへの保存に使用できます。
関連トピック

Java APIを使用したXMPメタデータの書き出し

XMP Utilities API(Java)を使用したXMPメタデータの書き出し:
  1. プロジェクトファイルを含める
    Javaプロジェクトのクラスパスに、adobe-pdfutility-client.jarなどのクライアントJARファイルを含めます。
    adobe-pdfutility-client.jarファイルには、XMP Utilityサービスをプログラム的に呼び出すことを可能にするクラスが含まれています。
  2. XMPUtilityServiceクライアントの作成
    コンストラク XMPUtilityServiceClient ターを使用し、接続プロパティを含むオブジェクトを ServiceClientFactory 渡して、オブジェクトを作成します。
  3. XMPメタデータの読み込み操作の呼び出し
    XMPメタデータを調べるには、オブジェクトの XMPUtilityServiceClient メソッドを呼び出 exportMetadata し、PDFファイルを表すオ com.adobe.idp.Document ブジェクトを渡します。 取得したメタデータを XMPUtilityMetadata 含むオブジェクトを返します。
    XMPメタデータを取得して保存するには、オブジェクトのメ XMPUtilityServiceClient ソッドを呼び出 exportXMP し、PDFファイルを表 com.adobe.idp.Document すオブジェクトを渡します。 このメソッドは、取得し com.adobe.idp.Document たメタデータを含むオブジェクトを返します。このメタデータは、XMLファイルとしてディスクに保存できます。
関連トピック

WebサービスAPIを使用したXMPメタデータの書き出し

XMP Utilities API(Webサービス)を使用してXMPメタデータを書き出します。
  1. プロジェクトファイルを含める
    • XMP UtilitiesサービスのWSDLファイルを使用するMicrosoft .NETクライアントアセンブリを作成します。
    • Microsoft .NETクライアントアセンブリを参照します。
  2. XMPUtilityServiceクライアントの作成
    プロキシクラス XMPUtilityServiceService のコンストラクターを使用して、オブジェクトを作成します。
  3. XMPメタデータの読み込み操作の呼び出し
    XMPメタデータを調べるには、オブジェクトの XMPUtilityServiceClient メソッドを呼び出 exportMetadata し、PDFファイルを表すオ BLOB ブジェクトを渡します。 取得したメタデータを XMPUtilityMetadata 含むオブジェクトを返します。
    XMPメタデータを取得して保存するには、オブジェクトのメ XMPUtilityServiceClient ソッドを呼び出 exportXMP し、PDFファイルを表 BLOB すオブジェクトを渡します。 このメソッドは、取得し BLOB たメタデータを含むオブジェクトを返します。このメタデータは、XMLファイルとしてディスクに保存できます。
関連トピック