Show Menu
トピック×

HTML5フォームの添付ファイルの有効化

HTML5フォームでは、添付ファイルをアップロード、プレビューおよび送信することができます。デフォルトでは、添付ファイルサポートは無効になっています。添付ファイルサポートを有効にするには:
  1. 文字列プロパティで カスタムプロファイル mfAttachmentOptions を作成します。
  2. In the custom profile, specify properties fileSizeLimit , multiSelect , and buttonTex t to configure options of the file attachment widget. 必要に応じて、より多くのカスタムプロパティを指定することもできます。
  3. カスタムプロファイルでは、次の設定を使用します。
    • multiSelect -> trueまたはfalse (デフォルトでは true)
    • fileSizeLimit -> value_in_mb (say 5) (デフォルトで2 MBs)
    • buttonText ->ポップアップウィンドウのボタンテキスト(デフォルトでは「Attach」)
    • accept ->受け入れるファイルタイプ(「audio/*, video/*, image/*, text/*, .pdf」(デフォルト)
    Microsoft Internet Explorer 9 では、指定された制限を超えたサイズのファイルを添付できます。これは既知の問題です。
  4. Use the metadata editor to select the custom profile that you have created above for HTML 5 forms.
  5. カスタムプロファイルを使用してフォームテンプレートをレンダリングすると、添付ファイルアイコンがフォームツールバーの上に表示されます。
    ドラフトと添付ファイル機能を有効にすると、フォームポータルはデフォルトで、ファイルカスタムプロファイルを提供します。 ドラフトとして保存 ​プロファイルに関する詳細は、 HTML5 フォームをドラフトとして保存 を参照してください。
  6. 添付ファイルアイコンをクリックすると、添付ファイル選択ダイアログボックスが表示されます。ファイルを参照して添付ファイルを選択して​ 「添付」 ​をクリックします。
    添付ファイルをプレビューするには、添付ファイル名をクリックします。
    匿名のユーザーは、ファイルプレビューオプションを使用できません。

添付ファイル送信フォーマット

添付ファイルが有効である場合、HTML5フォームはマルチパート形式のデータを送信します。The multi-part submission data has two parts dataXml and attachments .
For backward compatibility, if mfAllowAttachments option is turned off, then the HTML5 forms does not send the multi-part data. It sends simple data xml in application/xml format.
mfAllowAttachments フラグがオンになっている場合、 送信サービスのプロキシサービス もまたマルチパート形式のデータを dataXml と添付ファイルと共に投稿します。