Show Menu
トピック×

AEM desktop app for AEM Forms

AEMデスクトップアプリケーションを使用すると、Adobe Experience Manager(AEM)AssetsリポジトリとAEM Formsバイナリファイルをシステム上のネットワークディレクトリにマップできます。 同期されたアセットとバイナリファイルをファイルエクスプローラーで表示し、各種のアプリケーションを使用してファイルを編集することができます。ファイルを表示するだけでなく、バイナリファイルの作成、アップロード、削除を行うこともできます。また、ソフトウェアから、ファイルのオープン、編集、保存を直接実行することもできます。例えば、Designer で直接 XDP ファイルを開いて編集することができます。アセットに対してローカルで行った変更内容は、AEM アセットリポジトリと AEM Forms の UI に反映されます。
AEM デスクトップアプリケーションは、AEM インスタンスからダウンロードすることができます。For detailed information about downloading the app, see AEM desktop app Release Notes .

AEM Forms assets supported in AEM desktop app

AEM デスクトップアプリケーションを使用して、フォームテンプレートタイプ(.xdp)、PDF フォームタイプ(.pdf)、ドキュメントタイプ(.pdf)、画像タイプ、XML スキーマタイプ(.xsd)、スタイルシートタイプ(.xfs)の AEM Forms バイナリファイルを同期することができます。AEM デスクトップアプリケーションでは、他のすべてのファイル(サポートされていないファイル)は 0 バイトファイルとして表示されます。サポートされていないファイルを 0 バイトファイルとして表示することにより、他の使用可能なアセットが AEM Forms サーバー上に存在することをユーザーに認識させることができます。
ファイル名には、英数字、ハイフン、下線のみを含めることができます。

Enable AEM Forms for AEM desktop app

AEMデスクトップアプリケーションは、Microsoft WindowsではWebDAVプロトコルを使用し、Mac OS xではSMB1を使用してAEM Formsサーバーに接続します。 AEM Formsサーバーは、バイナリファイルやその他のアセットをWebDAVまたはSMBクライアントと同期できません。 AEM Forms for AEM Desktop appを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. 管理者として AEM Forms にログインします。
  2. In the author instance, click Adobe Experience Manager > Tools > Deployment > Operations > Web Console . をクリックします。新しいウィンドウが Web コンソールに表示されます。
  3. Web コンソールウィンドウで、「 FormsManager アドオン設定 」オプションを探して選択します。
  4. FormsManager アドオン設定ダイアログで「 非同期リソース 」チェックボックスの選択を解除して「 保存 」をクリックします。
  5. AEM Forms サーバーを再起動します。再起動後、AEM Formsサーバーは、AEMデスクトップアプリケーションに対するコンテンツの受け入れと共有を有効にします。
  6. AEM デスクトップアプリケーションを起動し、AEM Forms サーバーに接続します。
    On successful connection, the app populates the content/dam and content/dam/formsanddocuments folders. 上記のフォルダーとローカルフォルダーとの間でファイルを移動するだけでなく、AEM デスクトップアプリケーションを使用して、自動的にデータが取り込まれたフォルダー間でコンテンツを移動することができます。