Show Menu
トピック×

インタラクティブ通信オーサリング UI の概要

The user interface for authoring Interactive Communication is intuitive and provides the following for authoring print and web channel of the Interactive Communication:
  • WYSIWYG ドラッグアンドドロップドキュメントエディター
  • アセットの統合リポジトリ — サーバーにアップロードされ、サーバー上で作成されたアセットは、Interactive Communicationオーサリングインターフェイスのアセットブラウザーで使用できます。
新しいインタラクティブ通信の作成または既存のインタラクティブ通信の編集 を行う場合は、以下のユーザーインターフェイス要素を使用します。
A. サイドバ ーB. ページツー ルバーC. Content領域

コンポーネントのツールバー

コンポーネントを選択すると、そのコンポーネントを操作するためのツールバーが表示されます。切り取り、貼りつけ、移動、およびコンポーネントのプロパティを指定するオプションを使用することができます。次のオプションがあります。
A. 設定 :「 設定 」をタップすると、サイドバーにコンポーネントの各種プロパティが表示されます。
B. Edit Rules : When you tap Edit Rules, Rule Editor appears in which you can edit and create rules for the selected component. ルールエディターでは、他のフォームオブジェクト(コンポーネント)を選択し、それらのフォームオブジェクトのルールを編集/作成することもできます。
C. Copy : You can use the copy option to copy a component and paste it in other places in the Interactive Communication.
D. Cut : You can use the cut option to move a component from one place to another in the Interactive Communication.
E. Delete : Lets you delete the component from the Interactive Communication.
F. Insert Component : Lets you insert a component above the selected component.
G. Paste : Lets you paste the component you cut or copied using the options described above.
H. Group : Lets you select multiple components if you want to cut, copy, or paste more than one component together.
I. :コンポーネントの親を選択します。
J.表示 SOM式: コンポーネントの SOM式を表示できます
K:パネル内 のオブジェクトのグループ化: パネル内のコンポーネントをグループ化して、それらのコンポーネントに対する操作を同時に実行できます。 詳しくは、パネルでのオブジェクトのグ ループ化を参照してくださ い。
ル・デ・ラン 追加子パネル (パネルのみ):子パネルをパネルに追加できます。
M:パネ 追加ルツールバー (パネルのみ):パネルコンポーネントのツールバーを追加できます。 その後、ツールバーでさらにアクションを実行できます。
また、ツールバーの「置 」オプションを使用すると、既存のコンポーネントを別のコンポーネントに置き換えることができます。 このオプションは、パネルコンポーネントでは使用できません。

ページツールバー

上部のページツールバーには、インタラクティブコミュニケーションをプレビューし、そのプロパティを変更するオプションが用意されています。 インタラクティブプレビューは、作成時にコミュニケーションを作成し、それに応じて変更を加えることができます。 ページのツールバーには、以下の項目が表示されます。
  • Toggle Side Panel : Lets you show or hide Sidebar.
  • Page information : Lets you view page properties.
  • Emulator : Lets you emulate the look of your Interactive Communication for different display sizes such as tablets and phones.
  • 編集:次のような他のモードを選択できます。編集、スタイル、開発者およびデザインを参照してください。
    • 編集:Interactive Communicationとそのコンポーネントのプロパティを編集できます。 例えば、コンポーネントの追加、画像の削除、必須フィールドの指定などを行うことができます。
    • スタイル:このモードでは、インタラクティブ通信のコンポーネントの外観を調整することができます。例えば、スタイルモードでパネルを選択して、パネルの背景色を指定することができます。
    • 開発者:開発者は次の操作を行えます。
      • Interactive Communicationの構成要素を見つけます。
      • エラーが発生したタイミングと場所を特定し、問題を修正する。
    • ターゲット:サイドバーに表示されていないカスタムコンポーネントまたはあらかじめ用意されているコンポーネントを有効または無効にできます。
  • プレビュー:インタラクティブプレビューを公開する際の外観を選択できます。