Show Menu
トピック×

カスタムポータルにおける通信を作成の UI の統合

概要

ここでは、通信を作成のソリューションをお使いの環境に統合する方法の詳細を説明します。

URL ベースの呼び出し

通信を作成アプリケーションをカスタムポータルから呼び出す 1 つの方法として、次の要求パラメーターを持つ URL を準備する方法が挙げられます。
  • レターテンプレートの識別子(cmLetterIdパラメーターを使用)。
  • 目的のデータソースから取得した XML データの URL(cmDataUrl パラメーターを使用)
例えば、カスタムポータルでは、URLを https://'[server]:[port]'/[contextPath]/aem/forms/createcorrespondence.html?random=[timestamp]&cmLetterId=[letter identifier]&cmDataUrl=[data URL] に含まれていない場合は、ポータル上のリンクからのhrefになります。
この呼び出し方法は安全ではありません。必要なパラメーターが URL に明示される GET 要求として渡されるからです。
通信を作成アプリケーションを呼び出す前に、データを保存、アップロードして、指定された dataURL で通信を作成の UI を呼び出します。この処理は、カスタムポータル自体で実行されるか、または異なるバックエンドプロセスで実行される可能性があります。

インラインデータベースの呼び出し

Another (and a more secure) way to call the Create Correspondence application could be to simply hit the URL at https://' # : # '/ # /aem/forms/createcorrespondence.html, while sending the parameters and data to call the Create Correspondence application as a POST request (hiding them from the end user). つまり、通信を作成アプリケーションの XML データを(cmData パラメーターを使用して、同じ要求の一部として)インラインで渡すことができることも意味します。これは、前述のアプローチでは、不可能で、理想的ではありませんでした。

レターを指定するパラメーター

名前
タイプ
説明
cmLetterInstanceId
文字列
レターインスタンスの識別子。
cmLetterId
文字列
レターテンプレートの名前です。
テーブル中のパラメーターの順序が、レターの読み込みに使用されるパラメーターの優先順位を指定します。

XML データソースを指定するパラメーター

名前 タイプ 説明
cmDataUrl URL cq、ftp、http、file などの基本的なプロトコルを使用してソースファイルから取得する XML データです。
cmLetterInstanceId 文字列 レターインスタンスで使用可能な xml データを使用します。
cmUseTestData Boolean データディクショナリに添付されたテストデータを再利用します。
テーブル中のパラメーターの順序が、XML データの読み込みに使用されるパラメーターの優先順位を指定します。

その他のパラメーター

名前 タイプ 説明
cmPreview Boolean 「True」に設定されている場合、レターをプレビューモードで開きます
ランダム Timestamp ブラウザーのキャッシュに関する問題を解決します。
cmDataURLにhttpまたはcqプロトコルを使用する場合、http/cqのURLは匿名でアクセスできる必要があります。