Show Menu
トピック×

電子メール通知におけるメタデータの使用

ユーザーまたはグループにタスクを作成して割り当てるには、タスクの割り当て手順を使用します。ユーザーまたはグループにタスクが割り当てられると、電子メール通知が指定されたユーザーまたは指定されたグループのメンバーに送信されます。一般的な 電子メール通知 には、割り当てられたタスクのリンクと、タスクに関連する情報が含まれています。
電子メールテンプレートのメタデータを使用して、電子メール通知の情報を動的に入力できます。例えば、以下の電子メール通知のタイトル、説明、期限、優先度、最終日の値は、実行時(電子メール通知が生成されるとき)に動的に選択されます。
メタデータは、キーと値のペアで保存されます。電子メールテンプレートでキーを指定すると、そのキーが実行される際(電子メール通知が生成されるとき)、値に置き換えられます。たとえば、下記のコードサンプルでは、「$ 」がキーになります。これは、実行時には「Loan-Request」の値で置き換えられます。
subject=Task Assigned - ${workitem_title}

message=<html><body>\n\
 <table style="width: 480px; font-family: Helvetica, Arial, sans-serif; border: 0; padding: 0; vertical-align: top; text-align: left; word-wrap: break-word; margin: 16px auto; color:#323232; background-color:#FFFCF9; border-collapse: collapse;">\n\
  <tbody>\n\
   <tr>\n\
    <td style="height: 100px; width: 480px; background-color: #FFE0CB; border-top: 5pt solid black; font-family: Helvetica, Arial, sans-serif; font-weight: bold; font-size: 15px; line-height: 20px; padding: 12px; color: #707070;">\n\
      Sample Company\n\
    </td>\n\
   </tr>\n\
   <tr>\n\
    <td style="font-family: Helvetica, Arial, sans-serif; height: auto; background-color: #FFFCF9; padding: 32px 16px 20px 16px; ">\n\
     <pre style="font-size: 13px; font-family: Helvetica, Arial, sans-serif;  font-weight: normal; color: #323232;"> Hello ${workitem_assignee},\n\
 The following task has been assigned to you:</pre>\n\
    </td>\n\
   </tr>\n\
   <tr>\n\
    <td style="width: 480px;">\n\
     <table style="height: auto; width: 480px; background-color:#FFFBF9; font-family: Helvetica, Arial, sans-serif; border-collapse: collapse;">\n\
      <tbody>\n\
       <tr style="border-bottom: solid 2px #FFFCF9;">\n\
        <td style="font-family: Helvetica, Arial, sans-serif; width: auto; height: auto; background-color:#FFF5EF; font-weight: bold; font-size: 11px; line-height: 20px; padding: 12px; color: #707070;"> TITLE</td>\n\
        <td style="font-family: Helvetica, Arial, sans-serif; background-color:#FFF5EF; text-align: left; vertical-align: middle; height: auto; font-weight: normal; font-size: 13px; line-height: 20px; padding: 10px 16px 10px 32px; color: #323232;">\n\
         <p>${workitem_title}</p>\n\
        </td>\n\
       </tr>\n\
                            <tr style="border-bottom: solid 2px #FFFCF9;">\n\
        <td style="font-family: Helvetica, Arial, sans-serif; width: auto; height: auto; background-color:#FFF5EF; font-weight: bold; font-size: 11px; line-height: 20px; padding: 12px; color: #707070;"> DESCRIPTION</td>\n\
        <td style="font-family: Helvetica, Arial, sans-serif; background-color:#FFF5EF; text-align: left; vertical-align: middle; height: auto; font-weight: normal; font-size: 13px; line-height: 20px; padding: 10px 16px 10px 32px; color: #323232;">\n\
         <p>${workitem_description}</p>\n\
        </td>\n\
       </tr>\n\
       <tr style="border-bottom: solid 2px #FFFCF9;">\n\
        <td style="font-family: Helvetica, Arial, sans-serif; width: auto; height: auto; background-color:#FFF5EF; font-weight: bold; font-size: 11px; line-height: 20px; padding: 12px; color: #707070;"> DUE DATE</td>\n\
        <td style="font-family: Helvetica, Arial, sans-serif; background-color:#FFF5EF; text-align: left; vertical-align: middle; height: auto; font-weight: normal; font-size: 13px; line-height: 20px; padding: 10px 16px 10px 32px; color: #323232;">\n\
         <p>${workitem_due_date}</p>\n\
        </td>\n\
       </tr>\n\
       <tr style="border-bottom: solid 2px #FFFCF9;">\n\
        <td style="font-family: Helvetica, Arial, sans-serif; width: auto; height: auto; background-color:#FFF5EF; font-weight: bold; font-size: 11px; line-height: 20px; padding: 12px; color: #707070;"> PRIORITY</td>\n\
        <td style="font-family: Helvetica, Arial, sans-serif; background-color:#FFF5EF; text-align: left; vertical-align: middle; height: auto; font-weight: normal; font-size: 13px; line-height: 20px; padding: 10px 16px 10px 32px; color: #323232;">\n\
         <p>${workitem_priority}</p>\n\
        </td>\n\
       </tr>\n\
       <tr>\n\
        <td style="font-family: Helvetica, Arial, sans-serif; width: auto; height: auto; background-color:#FFF5EF; font-weight: bold; font-size: 11px; line-height: 20px; padding: 12px; color: #707070;"> WORKFLOW</td>\n\
        <td style="font-family: Helvetica, Arial, sans-serif; background-color:#FFF5EF; text-align: left; vertical-align: middle; height: auto; font-weight: normal; font-size: 13px; line-height: 20px; padding: 10px 16px 10px 32px; color: #323232;">\n\
         <p>${workitem_workflow}</p>\n\
        </td>\n\
       </tr>\n\
      </tbody>\n\
     </table>\n\
    </td>\n\
   </tr>\n\
   <tr style = "text-align: center; vertical-align: middle;">\n\
    <td style="padding:48px 0 72px 0;"> \n\
     <a href="${workitem_url}" target="_blank" style="background-color: #1EBBBB; font-size: 18px; line-height: 25px; font-weight: bold; color: #FFFFFF; text-decoration: none; padding: 15px 15px 15px 15px;">Open Task</a>\n\
    </td>\n\
   </tr>\n\
   <tr>\n\
    <td style="border-top: solid 1px #EDEAE7; padding: 16px;">\n\
     <p><span style="font-size: 12px; font-weight: normal; font-style: italic; color: #919191;">This is an automatically generated email. Please do not reply to this email.</code></p>\n\
    </td>\n\
   </tr>\n\
  </tbody>\n\
 </table>\n\
</body>\n\
</html>\n\

電子メール通知におけるシステム生成メタデータの使用

AEM Forms アプリケーションには、すぐに使えるメタデータ変数(キーと値のペア)がいくつか用意されています。これらの変数を電子メールテンプレートに使用することができます。変数の値は、関連する Forms アプリケーションに基づいています。次の表では、すぐに使える全メタデータ変数のリストを示します。
キー 説明
workitem_title 関連する Forms アプリケーションのタイトル。
workitem_url 関連する Forms アプリケーションにアクセスする URL。
workitem_description 関連する Forms アプリケーションの説明。
workitem_priority 関連する Forms アプリケーションに指定されている優先度。
workitem_due_date 関連する Forms アプリケーションで作業した最終日。
workitem_workflow Forms アプリケーションに関連するワークフローの名前。
workitem_assign_timestamp ワークフローアイテムが現在の担当者に割り当てられた日時。
workitem_assignee 現在の担当者の名前。
host_prefix オーサーサーバーの URL。例:https://10.41.42.66:4502
publish_prefix パブリッシュサーバーの URL。例:https://10.41.42.66:4503

電子メール通知におけるカスタムメタデータの使用

電子メール通知ではカスタムメタデータを使用することもできます。カスタムメタデータには、システム生成メタデータに加えて追加情報が含まれています。例えば、データベースから取得したポリシーの詳細などです。ECMAScriptまたはOSGiバンドルを使用して、crx-repositoryにカスタムメタデータを追加できます。

ECMAScript を使用したカスタムメタデータの追加

ECMAScript はスクリプト言語です。この言語は、クライアント側のスクリプト作成とサーバーアプリケーションに使用されます。次の手順を実行して、ECMAScrip を使用して電子メールテンプレートにカスタムメタデータを追加します。
  1. 管理者アカウントを使用して CRX DE にログインします。The URL is https://' # : # '/crx/de/index.jsp
  2. /apps/fd/dashboard/scripts/metadataScripts に移動します。拡張子が .ecma のファイルを作成します。例えば、usermetadata.ecma です。
    上記のパスが存在しない場合は作成します。
  3. キーと値のペアにカスタムメタデータを生成するロジックを持つコードを .ecma ファイルに追加します。例えば、次の ECMAScript コードは、保険ポリシーにカスタムメタデータを生成します。
    function getUserMetaData()  {
        //Commented lines below provide an overview on how to set user metadata in map and return it.
        var HashMap = Packages.java.util.HashMap;
        var valuesMap = new HashMap();
        valuesMap.put("policyNumber", "2017568972695");
        valuesMap.put("policyHolder", "Adobe Systems");
    
        return valuesMap;
    }
    
    
  4. 「すべて保存」をクリックします。これで、スクリプトを AEM ワークフローモデルの選択に使用できるようになりました。
  5. (オプション)スクリプトのタイトルの指定:
    タイトルを自分で指定しない場合、カスタムメタデータフィールドには、ECMAScript ファイルの完全なパスが表示されます。次の手順を実行して、スクリプトに意味のあるタイトルを指定します。
    1. スクリプトノードを拡張します。 jcr:content ​ノードを右クリックしてから、「 Mixins 」をクリックします。
    2. Mixin を編集ダイアログに mix:title と入力して、「 + 」をクリックします。
    3. プロパティに次の値を入力します。
      名前
      jcr:title
      String
      スクリプトのタイトルを指定します。例えば、ポリシーホルダーのカスタムメタデータとします。指定した値がタスクの割り当て手順に表示されます。

OSGi バンドルと Java インターフェースを使用したカスタムメタデータの追加

WorkitemUserMetadataService Java インターフェースを使用して電子メールテンプレートにカスタムメタデータを追加することができます。WorkitemUserMetadataService Java インターフェースを使用する OSGi バンドルを作成して、AEM Forms サーバーにデプロイすることができます。これにより、タスクの割り当て手順でメタデータを選択できるようになります。
Java インターフェイスを使用して OSGi バンドルを作成するには、 AEM Forms Client SDK jar ファイルと granite jar ファイルを、外部の依存関係として OSGi バンドルプロジェクトに追加します。OSGi バンドルの作成には、任意の Java IDE を使用できます。以下の手順では、Eclipse を使用して OSGi バンドルを作成します。
  1. Eclipse IDE を開きます。ファイル/新規プロジェクトに移動します。
  2. ウィザードを選択画面で、Maven プロジェクトを選択し、「次へ」をクリックします。
  3. 新しい Maven プロジェクトではデフォルトを保持し、「次へ」をクリックします。archetype を選択して「次へ」をクリックします。例えば、maven-archetype-quickstart などです。プロジェクトにグループ ID、アーティファクト ID、バージョン、パッケージを指定して、「完了」をクリックします。プロジェクトが作成されます。
  4. 編集のために pom.xml ファイルを開き、ファイルのすべての中身を次で置き換えます。
  5. WorkitemUserMetadataService Java インターフェースを使用するソースコードを追加して、電子メールテンプレートにカスタムメタデータを追加します。以下にサンプルコードを示します。
    package com.aem.impl;
    
    import com.adobe.fd.workspace.service.external.WorkitemUserMetadataService;
    import org.apache.felix.scr.annotations.Component;
    import org.apache.felix.scr.annotations.Properties;
    import org.apache.felix.scr.annotations.Property;
    import org.apache.felix.scr.annotations.Service;
    import org.osgi.framework.Constants;
    
    import java.util.HashMap;
    import java.util.Map;
    
    @Component
    @Service
    @Properties({
            @Property(name = Constants.SERVICE_DESCRIPTION, value = "A sample implementation of a user metadata service."),
            @Property(name = WorkitemUserMetadataService.SERVICE_PROPERTY_LABEL, value = "Default User Metadata Service")})
    
    public class WorkitemUserMetadataServiceImpl
      implements WorkitemUserMetadataService
    {
      public WorkitemUserMetadataServiceImpl() {}
    
      public Map<String, String> getUserMetadataMap()
      {
        HashMap<String, String> metadataMap = null;
        metadataMap = new HashMap();
        metadataMap.put("test_metadata", "tested-interface implementation");
        return metadataMap;
      }
    }
    
    
  6. コマンドプロンプトを開き、OSGi バンドルプロジェクトを含むディレクトリに移動します。次のコマンドを使用して OSGi バンドルを作成します。
    mvn clean install
  7. バンドルを AEM Forms サーバーにアップロードします。AEM Package Manager を使用して、バンドルを AEM Forms サーバーに読み込むことができます。
バンドルをインポートすると、タスクの割り当て手順でメタデータを選択して、電子メールテンプレートで使用できるようになります。