Show Menu
トピック×

AEM Forms Workspace のアーキテクチャ

AEM Forms Workspace は、CRX™ にホスティングされている Web アプリケーションです。ワークスペースがサポートされているブラウザーで開かれると、CRX リソースがアクセスされ、アプリケーションがブラウザー内で HTML ページとしてレンダリングされます。
アプリケーションは REST エンドポイント上にある AEM Forms サーバーにアクセスして、次のことを行います。
  • ユーザーのタスク、プロセススタートポイント、プロセス履歴、およびユーザー情報の取得
  • タスクに対する実行
  • データベースでのクエリータスク
  • ユーザーの環境設定の更新など
AEM Forms サーバーは、JDBC を通して AEM Forms データベースにアクセスします。データベースは、タスク、プロセスとそのインスタンス、ユーザー、および関連情報を維持します。
AEM Forms Workspaceは、モジュール式のJavaScript™コンポーネントで構成されており、これらのコンポーネントは、他のWebアプリケーションで個別にカスタマイズしたり、再利用したりできます。 コンポーネントは Web アプリケーションに構造を提供する JavaScript ライブラリである BackBone に基づいています。コンポーネントと BackBone とのインタラクションを説明する記事の詳細については、 ここ を参照してください。CRX フォルダー構造のコンポーネントの組織については、 この記事 で説明しています。
AEM Forms Workspace のために配信されるパッケージを以下に示しています。
  • adobe-lc-workspace-pkg-<version>.zip :これは CRX パッケージです。すなわち、Package Manager を使用して CRX 内にデプロイできます。
  • adobe-lc-workspace-<version>-src.zip :これは、デプロイパッケージ(Ship、Debug、Devの各パッケージ)を作成するためのAEM Forms Workspaceとスクリプトの完全なコードを含むアーカイブです。