Show Menu
トピック×

sendToPrinter API の使用

概要

AEM Forms では、SendToPrinter サービスを使用することで、プリンタにドキュメントを送信できます。SendToPrinter サービスは、次の印刷アクセスメカニズムをサポートしています。
  • 直接アクセス可能なプリンタ : A printer that is installed on the same computer is called a direct accessible printer, and the computer is named printer host. This type of printer can be a local printer that is connected to the computer directly.
  • 間接アクセス型プリンタ : The printer that is installed on a print server is accessed from other computers. Technologies such as the common UNIX® printing system (CUPS) and the Line Printer Daemon (LPD) protocol are available to connect to a network printer. To access an indirect accessible printer, specify the print server’s IP or host name. Using this mechanism, you can send a document to an LPD URI when the network has an LPD running. The mechanism lets you route the document to any printer that is connected to the network that has an LPD running.
    ドキュメントをプリンターに送信する場合は、次のいずれかの印刷プロトコルを指定します。
    • CUPS : A printing protocol named common UNIX printing system. This protocol is used for UNIX operating systems and enables a computer to function as a print server. The print server accepts print requests from client applications, processes them, and sends them to configured printers. On the IBM AIX® operating system, usage of CUPS is not recommended.
    • `` DirectIP : A standard protocol for remote printing and managing print jobs. This protocol can be used locally or remotely. Print queues are not required.
    • `` LPD : A printing protocol named Line Printer Daemon protocol or Line Printer Remote (LPR) protocol. This protocol provides network print server functionality for UNIX-based systems.
    • SharedPrinter : A printing protocol that enables a computer to use a printer that is configured for that computer.
    • CIFS :Outputサービスは、Common Internet File System(CIFS)印刷プロトコルをサポートします。

SendToPrinter Service の使用

テーブルには、以下の項目が表示されます。
  • さまざまなプロトコルで使用する printerName または PRINTSERVER に関する情報。
  • プリンタサーバー URI とプリンタ名の様々な組み合わせに対してプリンタが返す値または例外
プロトコル(アクセスメカニズム)
プリントサーバー URI(PrinterSpec.printServer)
プリンタ名(PrinterSpec.printerName)
結果
SharedPrinter
任意
空白
例外:必須の引数sPrinterNameを空にすることはできません。
SharedPrinter
任意
無効
プリンターが見つからないという内容の例外がスローされます。
SharedPrinter
任意
Valid
印刷ジョブが正常に作成されます。
LPD
空白
任意
必須の引数sPrintServerUriを空にすることはできないという内容の例外がスローされます。
LPD
無効
空白
必須の引数sPrinterNameを空にすることはできないという内容の例外がスローされます。
LPD
無効
空でない
sPrintServerUriが見つからないことを示す例外が発生しました。
LPD
Valid
無効
プリンターが見つからないという内容の例外がスローされます。
LPD
Valid
Valid
印刷ジョブが正常に作成されます。
CUPS
空白
任意
必須の引数sPrintServerUriを空にすることはできないという内容の例外がスローされます。
CUPS
無効
任意
プリンターが見つからないという内容の例外がスローされます。
CUPS
Valid
任意
印刷ジョブが正常に作成されます。
DirectIP
空白
任意
必須の引数sPrintServerUriを空にすることはできないという内容の例外がスローされます。
DirectIP
無効
任意
プリンターが見つからないという内容の例外がスローされます。
DirectIP
Valid
任意
印刷ジョブが正常に作成されます。
CIFS
Valid
空白
印刷ジョブが正常に作成されます。
CIFS
無効
任意
CIFS を使用した印刷中に不明なエラーがスローされます。
CIFS
空白
任意
必須の引数sPrintServerUriを空にすることはできないという内容の例外がスローされます。

認証サポート

認証は、CIFS 印刷に対してのみサポートされます。認証するには、PrinterSpecにユーザー名/パスワード/ドメインを指定します。 次の手順を実行することで、AEM Granite CyprtoSupport Service を使用してパスワードを暗号化することができます。
  1. https://<server>:<port>/system/consoleに移動します。
  2. メイン 暗号サポート 」に移動します。
  3. いくつかのプレーンテキストを入力し、「 保護 」をクリックします。