Show Menu
トピック×

AEM での Adobe PhoneGap Enterprise のコンテンツの管理

単一ページアプリケーションフレームワークを基にしたクライアント側レンダリング(React など)が必要なプロジェクトでは、SPA エディターを使用することをお勧めします。 詳細情報 を参照してください。
An AEM administrator is responsible for adding a new application to the AEM Mobile catalog, either by creating a new app using the creation wizard, or by importing an existing application. AEM administrators who create a new app using AEM Mobile's creation wizard typically select one of the desired app templates either from our out-of-the-box reference samples or (in most cases) a custom app template created by AEM developers.
HTML5 および PhoneGap を使用してモバイルアプリケーションをビルドしたら、コマンドセンター内でそのアプリケーションを管理できます。もちろん、コマンドセンターでは Cordova WebView を使用してネイティブアプリ向けの HTML5 コンテンツも管理できます(PhoneGap プラグインを利用すれば、ネイティブの機能にアクセスできます)。
AEM アプリコントロールセンターでは、モバイルアプリケーションをビルドしてデプロイし、モバイルアプリケーションを公開する前にアプリケーションメタデータを作成および編集できます。また、アプリケーションストアへの提出プロセスをやり直すことなく、最新の関連するコンテンツを共同で管理して頻繁に公開できます。さらに、アプリケーションのライフサイクルおよび使用状況の指標を分析して、顧客コンバージョンおよびブランドロイヤルティを高めることができます。
To build your AEM Mobile Application, see the Building Mobile Applications page, in Developers section.
環境を設定し、コントロールセンターを開始するには:
For learn about content services Content Services, see Administering Content Services .
The AEM Verify is a quick and an easy way to run your AEM mobile applications on any iOS or Android mobile device. The AEM Verify is a mobile app, on your device and you connect it to the server running the quickstart to get a list of apps to view. Click here to view the details.

その他のリソース

作成者および開発者の役割と責任について詳しくは、以下のリソースを参照してください。