Show Menu
トピック×

コンテンツサービス

単一ページアプリケーションフレームワークを基にしたクライアント側レンダリング(React など)が必要なプロジェクトでは、SPA エディターを使用することをお勧めします。 詳細情報
コンテンツサービス機能は、プレビューのみを目的として文書化されています。
6.3 GA Service Pack 1 のリリースで変更されることがあります。
AEM Mobile Content Servicesは、AEMで管理されるコンテンツをリクエストするための軽量な機能です。 これにより、AEMのコンテンツリポジトリ(JCR)やWebフレームワーク(Sling)に関する深い知識を必要とせずに、すべてのアプリ開発者がコンテンツを取得できる高パフォーマンスの方法が提供されます。 これにより、要求元のアプリケーションをコンテンツリポジトリから切り離すことができます。
コンテンツサービスで導入されるいくつかの新しい AEM 構成要素を使用して、開発者は、コンテンツのリポジトリ構造を知らなくても AEM の管理対象アセットにアクセスできます。
これらの構成要素は、柔軟性を維持し、今後の拡張を可能にするために必要なもので、AEM の管理対象アセットと、コンテンツを使用するモバイルアプリとの間に抽象レイヤーを提供します。これにより、AEM コンテンツサービスは、ネイティブアプリケーションのコンテンツ要件と AEM コンテンツリポジトリの間の抽象レイヤーとして機能できます。
コンテンツサービスは、コンテンツをアセット、パッケージド HTML(HTML/CSS/JS)またはチャネル独立コンテンツとして配信できます。
前提条件:
コンテンツサービスの使用を始める前に、コンテンツサービスのフラグを有効にしてください。アプリ内でモデルの作成および管理を有効にするには、設定ブラウザーでデータモデルを有効にする必要があります。
詳しくは、 コンテンツサービスの管理 ​を参照してください。
コンテンツサービスのフラグを設定し、設定ブラウザーでデータモデルを有効にしたら、以下のリソースを参照してください。これらのリソースで、AEM Mobile コンテンツサービスの使用と、モデル管理やエンティティ管理、AEM Mobile コンテンツサービスのコンテンツ配信/レンダリングなどのコンテンツサービスの概念について学習することができます。
  • リポジトリ内のモデル
  • レンダリングと配信