Show Menu
トピック×

AEM でのモバイルアプリの開発

単一ページアプリケーションフレームワークを基にしたクライアント側レンダリング(React など)が必要なプロジェクトでは、SPA エディターを使用することをお勧めします。 詳細情報
AEM では、Adobe PhoneGap および Adobe Publishing Solution を利用することにより、コンテンツが豊富でユーティリティベースの次のようなクロスプラットフォームモバイルアプリケーションを作成し、管理できます。
  • 社内のすべてのモバイルアプリを 1 箇所で管理します。
  • 開発環境およびステージング環境でアプリをレビューします。プロファイルのプロビジョニングに伴う複雑さやアプリのビルドおよび共有用のアップロードを行う作業は不要です。
  • AEM オーサリング環境を使用して、アプリ向けのリッチコンテンツを作成および管理します。
  • Adobe PhoneGap で HTML5 を使用して、デバイスネイティブの機能による充実したエクスペリエンスを生成します。
  • Cordova WebView による新規または既存の​ ネイティブ ​アプリケーションに HTML5 WebView を導入します。
  • リッチなマルチメディアコンテンツを作成および管理して、Web、モバイル Web、モバイルアプリ、印刷物などすべての配信チャネルで共有します。
AEM は、Adobe PhoneGap Build サービス ​と統合され、アプリケーションをビルドしてデプロイするプロセスの簡素化を実現しています。
Adobe ContentSync を使用すると、ユーザーはアプリケーションを再インストールしたり、AppStore や Google Play やその他のアプリ提供元からダウンロードしたりすることなく、ページおよびコンテンツの更新を自分のデバイスに無線(OTA)で簡単にダウンロードできます。
Adobe Analytics ​は、AEM アプリに完全に統合されており、配布、位置情報、オペレーティングシステム、デバイス、クリックストリーム、iBeacon の詳細なトラッキングを行うことができます。

アプリの作成

Developers can use the AEM PhoneGap Starter Kit along with additional resources found in https://github.com/adobe-marketing-cloud-apps to bootstrap AEM apps with PhoneGap, including a reference native app running Cordova Webviews.
Starter Kit Git リポジトリの readme には、スターターキットを使用するためのチュートリアルが含まれています。
  • ブランディングのカスタマイズ
  • Maven サンプルビルドおよびデプロイメントターゲット
  • ソース制御リポジトリの設定
  • ローカルまたはリモートのAEMインスタンスにインストールしてデプロイする
  • AEM からのアンインストール
Additional reference implementation source, including labs, can be found on GitHub here and, the "kitchen-sink" source here .

iOS 9 ホストおよび HTTP ホスト用の開発

iOS の開発者は、iOS 9 で Cordova アプリを実行した場合の未解決の問題に留意する必要があります。This issue prevents requests from being made to insecure hosts (such as http://localhost:4502 ). この問題は、(Cordova CLI で利用される)cordova-ios の今後のリリースで解決される予定ですが、それまでは次の方法で回避できます。
  1. すぐに解決できる方法として、iOS 8シミュレーターを問題なく使用できます。
  2. If you must use iOS 9, your apps -Info.plist (found after running cordova platform add ios in “<app root>/platforms/ios/<app name>/<app name>-Info.plist”) file can be manually edited to include the following property:
<key>NSAppTransportSecurity</key>

<dict>

<key>NSAllowsArbitraryLoads</key> <true/>

</dict>

For more detail on “App Transport Security”, see the following section of Apple’s iOS9 prerelease docs and this Stack Overflow discussion .