Show Menu
トピック×

AEM PhoneGap の起動

単一ページアプリケーションフレームワークを基にしたクライアント側レンダリング(React など)が必要なプロジェクトでは、SPA エディターを使用することをお勧めします。 詳細情報 を参照してください。
開発者にとって最も良い方法は、githubでAdobe Experience Manager Mobile Startkitを見てみることです。
https://github.com/Adobe-Marketing-Cloud-Apps/aem-phonegap-starter-kit
このスターターキットでは、プロジェクトの作成と管理、必要なツールのインストール、Maven アーキタイプの定義、ビルド、デプロイ、独自機能の作成など、AEM Mobile 開発の基礎知識を迅速に習得できます。
開発者は、このサンプルを基に、PhoneGap を使用した AEM Mobile アプリケーションを開発できます。スターターキットおよび参照アプリケーションを使用して学習することで、リッチなモバイルアプリケーションを作成するための基礎を確実に理解できます。
  • Use the AEM PhoneGap Starter Kit to create apps suitable for the AEM Mobile catalog.
  • A reference app with full source has been created that demonstrates many of the new features in AEM Mobile, whether you are migrating an existing app into AEM Mobile or starting fresh.
  • All our samples can be found here on github: https://github.com/Adobe-Marketing-Cloud-Apps and include bootstrapping your project with Maven.
  • Most conference talks will leverage the Kitchen Sink tutorial , which you can also find in Github and is focused on the usage of Apache Cordova native extensibility.
Once you have had a chance to familiarize yourself with the starterkit, it is important to learn about Adobe Experience Manager components and templates.

テンプレートおよびコンポーネント

AEM Templates and Components enable line of business owners to create custom experiences. Both *Templates *and Components are available out-of-the-box or can be custom developed by you, the developer either by extending existing components or creating greenfield (advanced). テンプレー トとコンポ ーネントは 、AEM作成者がドラッグ&ドロップして、魅力的で関連性のあるエクスペリエンスを作り出せるようにするものです。
以上の 2 つの手順を確実に理解したら、次の各ページを参照してください。