Show Menu
トピック×

Adobe Experience Manager Assetsリリースノート

Adobe Experience Manager 6.5 Assetsリリースの主な機能と主な特徴を以下に示します。

Integration with Adobe Creative Cloud and creative workflows

Adobe Experience Manager では、様々な方法で と連携し、クリエイティブチームとマーケティングチームが密接に共同作業するワークフローでアセットを共有できます。Experience Manager 6.5 では連携を引き続き改善し効率化して、より多くのチャンスを明らかにし、既存の手段の無駄も省きます。
Read on to know the specific capabilities and integrations of Experience Manager 6.5 that you can leverage to best support your content velocity use cases.

Adobe Asset Link

Adobe Asset Link コンテンツ作成プロセスにおけるクリエイティブとマーケティング担当者のコラボレーションを強化します。 クリエイティブは、に保存されているコン Experience Manager Assetsテンツに、最もなじみのあるアプリを残さずにアクセスできます。 Creatives can seamlessly browse, search, check out, and check in assets using the in-app panel in Adobe Photoshop, Adobe Illustrator, and Adobe InDesign apps.
Adobe Asset Link は、 Creative Cloudエンタープライズ版の一部です 。 For more information about it, including necessary configuration of your Experience Manager deployment, see Adobe Asset Link .

Adobe Stock 統合

Your organization can use its Adobe Stock enterprise plan within Experience Manager Assets to ensure that licensed assets are broadly available for your creative and marketing projects. You can quickly find, preview, and license Adobe Stock assets that are saved in Experience Manager, using the powerful DAM capabilities of Experience Manager.
Adobe Stock サービスは、あらゆるクリエイティブプロジェクトに使用できる、適切にキュレーションされ、著作権使用料が不要で質の高い何百万点もの写真、ベクター、イラスト、ビデオ、テンプレートおよび 3D アセットを提供します。
図:プレビューAdobe Stockの画像とライセンスをExperience Manager Assets。
図:でライセンス画像を検索し、フィAdobe StockルターしまExperience Managerす。

Dynamic references in Adobe InDesign

Experience Manager Assets ファイルで使用さ Adobe InDesign れる動的な動作。 参照先のアセットがリポジトリ内で移動すると、参照が自動的に更新されます。 詳しくは、複合アセットの管 理方法を参照してください

Brand Portal の機能

Experience Manager Assets Brand Portal では、承認済みアセットを容易に取得、効果的に制御し、それらのアセットを様々なデバイスをまたいで外部のベンダー/代理店、および内部のビジネスユーザーへと安全に配布できます。アセットの共有を効率化し、アセットの市場投入時間を短縮し、コンプライアンスに違反した使用や不正アクセスのリスクをなくすことができます。
詳細については、](https://helpx.adobe.com/experience-manager/brand-portal/using/whats-new.html)AEM Assets Brand Portal の新機能[を参照してください。

Connected Assets

大規模企業では、Web サイトの作成に必要なインフラストラクチャを分散させることができます。しかし、Web サイトの作成機能と必要なデジタルアセットが、分断させた状態で別々の場所に存在する場合があります。
Experience Manager Sites は Web ページの作成機能を備え、 は Web サイトに必要なアセットを提供するデジタルアセット管理(DAM)システムです。Experience Manager とを統合することで、上記の使用例をサポートするように Sites なりまし Assetsた。 接続され たアセット機能の設定方法と使用方法を参照してください
図:別の展開上のページに、展Experience Manager開からアセッSitesトをドラッグして配置Experience Managerします。

Dynamic Media

Dynamic Media リッチメディアのオーサリングと配信が強化され、没入型で Experience Manager Assets パーソナライズされた最新のエクスペリエンスを実現します。 高品質のマスターアセットを1つアップロードし、アドビの高度なクラウドレンダリングとビューアを使用することで、任意のレンディションを組み合わせて、組織のメディア戦略をサポートできます。
For more details on new Dynamic Media features see Dynamic Media Release Notes .

360 ビデオのサポート

Manage your 360-video files directly in Experience Manager using the cutting edge viewers to deliver VR-experiences to desktops, mobile and VR-headsets. 詳しくは、 360 ビデオ の使用 を参照してください。

カスタムビデオのサムネール

DAM に保存されているビデオそのものまたは他のコンテンツのフレームを使用して、ビデオアセットのサムネールをカスタマイズできるようになりました。詳しくは、 ビデオのサムネールについて を参照してください。

アクセシビリティの強化

Dynamic Media ビューアで、アリアサポート、スクリーンリーダー、代替テキストなどのアクセシビリティ機能が強化されました。 詳細については、 Dynamic Media ビューアのリリースノート を参照してください。

検索エクスペリエンスの強化

Experience Manager 6.5以降では、マーケターは検索結果ページから目的のアセットをより迅速に見つけることができます。 検索フィルターのアセット数は、検索フィルターを適用する前でも更新されます。フィルターに対するアセット数を確認すると、検索結果を効率的にナビゲートすることができます。For more information, see Search assets in Experience Manager .
図:検索結果を検索ファセットでフィルタリングせずに、アセットの数を確認する。

使いやすさの向上

フォルダ内または検索結果から、読み込まれたすべてのアセットを1回で選択できるようになりました。 複数のアセットをすばやく管理するのに役立ちます。The check box selects all the assets that fits the scenario, say a search result and not just the assets that are visible in the Experience Manager interface.
図:「すべて選択」オプションを使用すると、読み込まれたすべてのアセットを1回のクリックで選択できます。

メタデータの機能強化

Assets では、フォルダープロパティページに表示されるレイアウトおよびメタデータを定義する、アセットフォルダーのメタデータスキーマを作成できます。既存のフォルダーまたは新規作成するフォルダーにフォルダーメタデータスキーマを割り当てることができるようになりました。詳しくは、](/help/assets/folder-metadata-schema.md)フォルダーメタデータスキーマ[を参照してください。
カスケードメタデータを指定すると、選択肢をフォームに手動で入力するのではなく、実行時に JSON ファイルから読み込むことができます。詳しくは、 カスケードメタデータ を参照してください。

レポート機能の強化

ダウンロードしたレポートに、コンテンツフラグメントとリンク共有が含まれるようになりました。 詳しくは、 AEM Assets レポート を参照してください。