Show Menu
トピック×

一般リリースノート(Adobe Experience Manager 6.5)

リリース情報

製品 Adobe Experience Manager
バージョン 6.5
タイプ メジャーリリース
正式版の日付 2019 年 4 月 8 日
推奨されるアップデート See AEM Releases and Updates

参考情報

このバージョンの Adobe Experience Manager のリリースサイクルは 2018 年 4 月 4 日に開始され、23 回の品質保証とバグ修正を繰り返し、2019 年 3 月 28 日に終了しました。このリリースで修正された、機能強化と新機能を含むお客様関連の問題の総数は 1345 件です。
Adobe Experience Manager 6.5 は、2019 年 8 月 4 日より正式版として提供されています。

最新情報

Adobe Experience Manager 6.5 は、Adobe Experience Manager 6.4 コードベースのアップグレードリリースです。新機能および強化機能、お客様向けの重要な修正、お客様向けの優先順位の高い機能強化、製品の安定性向上のための全般的なバグ修正が加えられています。また、SP4 までの Adobe Experience Manager 6.4 サービスパックリリースも含まれています。
以下のリストは概要を示し、以降のページは詳細を示します。

Experience Manager の基盤

変更点の完全なリストについては、 AEM の基盤 を参照してください。
Adobe Experience Manager 6.5 のプラットフォームは、アップデートバージョンの OSGi ベースのフレームワーク(Apache Sling および Apache Felix)と Java コンテンツリポジトリの Apache Jackrabbit Oak 1.10.2 上に構築されています。
Quickstart は、サーブレットエンジンとして Eclipse Jetty 9.4.15 を使用します。

Java サポート

  • 既にサポートされている Java 8 に加えて、Java 11 を新しくサポートします。
  • 最適なパフォーマンスを得るには、デフォルトの GC 値を他の値に置き換えてください。詳しくは、](/help/sites-deploying/custom-standalone-install.md)インストールとアップデート[の節を参照してください。
  • Java 11 および Java 8 のメンテナンスアップデートが Oracle から公開されない場合は、AEM 関連プロジェクトで使用するお客様向けにアドビが配布します。

Java の開発

  • There are now two versions of the Uberjar , a recommended version with public interfaces that are not marked for deprecation, as well as a version that includes interfaces marked for deprecation.

ユーザーインターフェイス

UI に対して様々な機能強化がおこなわれ、生産性と使いやすさが向上しました。
  • ユーザーとグループの新しい権限管理UI
  • 列表示では、画面上に表示されるエントリのみを読み込み、それ以外のエントリはユーザーがスクロールを開始した場合にのみ読み込まれるようになりました。リストおよびカード表示では、AEM 6.0 以降、この機能が既に実装されています(AEM 6.4 で改善されました)。
  • 列表示には、該当する場合、ページ/アセットのワークフローステータスが含まれるようになりました。
  • すべてを選択 」アクションを使用すると、同じフォルダー内のすべてのページ/アセットに対してアクションを手軽に実行することができます。
  • すべてを選択 」アクションは、読み込まれたページ/アセットだけでなく、すべてのページ/アセットに対してアクションを実行しようとします。バルクアクションを処理できるようにアクションがアップグレードされていない場合は、警告ダイアログが表示されます。
クラシック UI の機能がさらに強化される予定はありません。AEM 6.5 にはクラシック UI が含まれており、以前のリリースからアップグレードするお客様はクラシック UI をそのまま使用し続けることができます。クラシック UI は廃止中は引き続き完全にサポートされます。 詳細情報

検索とインデックス作成

  • Oak 内の検索では動的ファセットをサポートするようになりました。例えば、アセット検索のフィルターレールには、結果の予測量が表示されます。
  • QueryBuilder は、動的ファセットを使用して結果を返すように拡張されました。

アップグレード

  • AEM 6.5 への直接インプレースアップグレードは、AEM 6.2、6.3、6.4 を使用しているお客様に対してサポートされています。5.x または 6.0/6.1 を使用しているお客様がインプレースアップグレードを使用するには、まず 6.4 にアップグレードした後、6.5 にアップグレードするか、インスタンス間のコンテンツの転送を通じて AEM 6.5 に直接アップグレードする必要があります。

プロジェクトとワークフロー

  • ​6.4 で導入された新しいワークフローモデルエディターが改善され、「コピー」や「公開」などの新しい操作、ワークフローステップでの変数のサポート、強化された OR および AND 分割が追加されました。

Experience Manager Sites

すべての変更点リストは AEM サイトとアドオン を参照してください。

管理された単一ページアプリ

ページエディターでは、コンテンツのコンテキスト内編集と、レンダリングされたクライアント側エクスペリエンス内での作成/レイアウトの機能が追加されました( SPA エディター とも呼ばれます)。JavaScript フレームワークの React または Angular を使用して作成された既存の単一ページアプリを、AEM SJ SDK を使用して拡張することで、お客様による編集が可能になります。
SPA のサポートは AEM 6.4 SP2 の一部として導入されたものですが、AEM 6.5 ではさらに以下が可能になりました。
  • テンプレートエディターを使用して、AEM で編集可能な SPA の部分を編集および設定できます。
  • マルチサイト管理を使用して、国、フランチャイズ、または白いラベルのSPAエクスペリエンスを作成します。

ヘッドレスコンテンツ管理

AEM では、様々な形式で様々なスタックレベルからコンテンツを提供できます。一部は、2008 年以降、](https://sling.apache.org/documentation/bundles/rendering-content-default-get-servlets.html)Sling GET および POST Servlet[ で機能しています。コンテンツサービス( Sling Model エクスポーター )は AEM 6.3 で導入されたもので、AEM SJ SDK で単一ページアプリの改善に使用されている方法です。 HTTP API for Assets は、AEM 6.5 向けに拡張された CRUD API です。
新しいHTTP API機能:

Screens アドオン

インタラクティブなキオスク端末からデジタルサイネージに至るまで、あらゆるデジタル表示でのエクスペリエンスを効率良くデザイン、配信、最適化します。
デザイン
  • コンテンツ再利用の向上により、デジタルと実店舗の区別なくエクスペリエンスとコンテンツを統一できます。
  • ローンチのサポートにより、オーサリングおよび承認/公開ワークフローを効率化します。
  • SPA エディターを使用して、機能豊富でインタラクティブなエクスペリエンスを編集および配信できます。
配信
  • 堅牢なオンラインおよびオフライン操作(スマート同期)が追加されてメディアプレイヤーのサポートが強化され、大規模なサイネージネットワークにも対応できるようになりました。
最適化
  • 動的プレースホルダーを使用して、データでトリガーされるコンテンツの場所または設定別にパーソナライズできます。
  • Adobe Analytics と AEM Screens Player の連携でインサイトの統合が促進されます。
For more details on changes to AEM Screens - see the Release Notes in the AEM Screens User Guide .

Experience Manager Assets

AEM 6.5 には、AEM ユーザー、DAM ロール、および関連するクリエイティブおよびマーケティングロールの生産性を高めるため、以下の機能およびき機能強化が導入されています。

Adobe Creative Cloud との連携

Adobe Asset Link (Photoshop、Illustrator、InDesign などの Adobe Creative Cloud アプリケーションを使用するクリエイティブユーザー向けのアプリ内エクスペリエンス)の導入により、コンテンツ作成プロセスにおけるクリエイティブ担当者とマーケティング担当者のコラボレーションが効率化されます。AEMデスクトップアプリケーションは、任意のファイルタイプとデスクトップアプリケーションを使用して、デスクトップ上のAEMのアセットを操作するユーザーのニーズを引き続きサポートします。
さらに、AEM は Adobe Stock と連携しているので、ユーザーは AEM Web UI から直接 Adobe Stock アセットの検索、プレビュー、ライセンス取得、保存をおこなえます。

Connected Assets

「接続されたアセット」機能は、中央のAEM Assets DAMデプロイメントからのアセットを活用する必要がある、多数のAEMサイトデプロイメントを含む大規模なデプロイメントを対象としています。 これにより、一元的に管理される資産に関するガバナンスを改善し、さまざまなサイトの導入に対する資産の供給を効率的に行うことができます。

Dynamic Media

Dynamic Media により、リッチメディアのオーサリングと AEM Assets での配信が強化され、臨場感あふれるパーソナライズされた最先端のエクスペリエンスが促進されます。高品質のマスターアセットを使用すると、アドビの高度なクラウドレンダリング、スマート切り抜き、クラス最高のビューアを活用して、業界随一のパフォーマンスを備えた非常に魅力的なエクスペリエンスを提供できます。
新しい特長は次のとおりです。
  • 360 ビデオおよび VR ヘッドセットのサポート
  • カスタムビデオのサムネール
  • アクセシビリティのサポート強化
  • ホット・リンク保護

Adobe Experience Manager Forms

AEM 6.5 Forms では、いくつかの新機能と機能強化が加えられています。主なものを以下に示します。
  • 送信されたフォーム、処理されたドキュメント、レンダリングされたドキュメントの数を追跡できるトランザクションレポート
  • インタラクティブコミュニケーションのユーザビリティの向上
  • アダプティブフォームでのクラウドベースの電子署名
  • AEM Sites の単一ページアプリケーション(SPA)へのアダプティブフォームやインタラクティブコミュニケーションの組み込み
  • AEM ワークフローでの変数のサポート
  • インタラクティブコミュニケーションでのデータ表示パターンのサポート
  • アダプティブフォームおよびインタラクティブコミュニケーションテーブルの並べ替え
  • フォームデータモデルでの入力データの自動検証
See the Summary of new features and enhancements in AEM 6.5 Forms for information about new and improved features and documentation resources.

Experience Manager Communities

AEM 6.5 では、Communities に新機能や機能強化が加えられています。主なものを以下に示します。
  • ユーザー生成コンテンツのオーサリング中における登録メンバーのタグ付け(@メンション)がサポートされています。
  • グループメンバーへのダイレクトメッセージの一括送信がサポートされるようになりました。
  • カスタムフィルターが開発され一括モデレート UI に追加されました。A sample project demonstrating filtering by tags can be used as a base to develop analogous custom filters.
  • 新しいリスト表示には、改善された一括モデレート UI が用意されています。
  • 1 人のコミュニティ管理者ではなく、様々なコミュニティサイトおよびネストされたグループの管理者を個別に割り当てることができます。
  • Enablement functionality of AEM 6.5 Communities supports (SCORM) 2017.1 engine.
  • アクセシビリティを向上させるために、イネーブルメントコンポーネントでキーボードナビゲーションをサポートしています。
  • MSRP および DSRP. の設定時に Apache Solr 7.0 を選択できます。
For detailed list of changes, see AEM 6.5 Communities release notes .

Experience Manager Livefyre

使用している AEM 6.5 インスタンスを Livefyre と連携させることができます。Livefyre と AEM の連携方法については、以下を参照してください。

顧客中心開発の強化

アドビは、お客様が開発のすべての段階、つまり仕様、開発、テストに関与できる顧客中心開発モデルを使用しています。このプロセスにご協力いただいているお客様とパートナーの皆様に感謝いたします。
アドビでは、お客様中心のバグ修正と機能強化リクエストの開発に関する情報収集、優先順位付け、追跡の手順およびプロセスを整備しています。The Adobe Marketing Cloud Support Portal is integrated with the Adobe Enhancement & Defect Tracking System. お客様からの問い合わせは、可能な場合はカスタマーケアで特定および解決されます。研究開発部門にエスカレートされた場合は、すべての顧客情報が収集され、優先順位付けとレポートに使用されます。開発では有償のサポート、保証の問題、有償の顧客向け強化機能が優先されます。
この優先順位付けのプロセスにより、AEM 6.5 では 750 件を超えるお客様中心の変更がおこなわれました。

このリリースに含まれるファイルのリスト

Foundation
Sites
Assets
  • 強化された PDF Rasterizer を追加するためのパッケージ( 詳細
  • 強化された RAW 画像のサポートを追加するためのパッケージ( 詳細
Forms

言語

次の言語のユーザーインターフェイスが使用できます。
  • 英語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • スペイン語
  • イタリア語
  • ブラジル語ポルトガル語
  • 日本語
  • 簡体字中国語
  • 繁体字中国語(限定的にサポート)
  • 韓国語
Experience Manager 6.5 は、中国語エンコーディング規格の使用に関する GB18030-2005 CITS の認定を受けています。

インストールとアップデート

設定の要件については、 インストール手順 を参照してください。
詳細な手順については、 アップグレードドキュメント を参照してください。

サポートされているプラットフォーム

サポートされているプラットフォーム(サポートレベルを含む)の完全な一覧表については、 AEM 6.5 の技術要件 を参照してください。
Oak microKernel forOak microKernel for
Oracle は Oracle Java SE 製品の「長期サポート」(LTS)モデルに移行しました。Java 9 and 10 are non-LTS releases by Oracle (see Oracle Java SE support roadmap ). アドビでは、AEM を実稼働環境で実行するための Java については、LTS リリース版のみサポートします。そのため、AEM 6.5 で使用するバージョンとしては、Java 11 をお勧めします。

廃止される機能および削除された機能

アドビでは、製品の機能を常時評価して、さらに強力なバージョンへの置き換えの計画や、将来の展望や拡張に備えた部分的な再実装の決定を継続的におこなっています。
Adobe Experience Manager 6.5 についての情報は、 廃止および削除された機能 を参照してください。このページには、近い将来におこなわれる変更の予告と、前のリリースからアップデートするお客様向けの重要な注意事項も含まれています。

既知の問題

Product Download and Support (Restricted Sites)

以下のサイトは既存ユーザーのみが参照できます。アクセス権が必要な既存ユーザーの方は、アドビのアカウントマネージャーまでお問い合わせください。