Show Menu
TOPICS×

アセットソーシングの概要

アセットソーシング
​を使用すると、追加の​
アセット投稿
​プロパティを持つ新しいフォルダーを AEM ユーザー(管理者/管理者以外のユーザー)が作成できるので、この新規作成フォルダーを Brand Portal ユーザーによるアセット送信に利用することができます。これにより、新しく作成された​
投稿
​フォルダー内に
SHARED
および
NEW
という 2 つのサブフォルダーを追加作成するワークフローが自動的にトリガーされます。次に、AEM 管理者はプロジェクトの要件を定義します。それには、投稿フォルダーに追加する必要があるアセットのタイプの簡単な説明と一連のベースラインアセットを
SHARED
フォルダーにアップロードして、BP ユーザーが必要な参照情報を確実に入手できるようにします。その後、管理者は、アクティブな Brand Portal ユーザーに投稿フォルダーへのアクセスを許可してから、新しく作成した​
投稿
​フォルダーを Brand Portal に公開することができます。
NEW
フォルダーへのコンテンツの追加を完了したら、ユーザーは、投稿フォルダーを AEM オーサー環境に公開できます。なお、読み込みが完了し、新しく公開したコンテンツが AEM Assets 内に反映されるまでに数分かかる場合があります。
また、既存の機能はすべてそのままで変わりません。Brand Portal ユーザーは、投稿フォルダーおよび許可された他のフォルダーからアセットを表示、検索およびダウンロードできます。さらに、管理者は投稿フォルダーの共有、プロパティの変更、コレクションへのアセットの追加をおこなうことができます。

前提条件

  • AEM 6.5.2 以降。
  • AEM Assets インスタンスと Brand Portal の連携が設定されていることを確認します。 AEM Assets と Brand Portal の連携の設定 を参照してください。
  • Brand Portal テナントが 1 つのAEM Assets オーサーインスタンスで構成されていることを確認します。
アセットソーシングは、AEM Assets Cloud Service ではサポートされていません。

AEM 6.5.4 には既知の問題があります。Brand Portal ユーザーは、Adobe 開発者コンソールにアップグレードすると、投稿フォルダーのアセットを AEM Assets に公開できません。
この問題は AEM 6.5.5 で修正されました。お使いの AEM Assets インスタンスを最新のサービスパック AEM 6.5.5 にアップグレードし、Adobe 開発者コンソールで 設定をアップグレード してください。
AEM 6.5.4 の即時修正をおこなうには、 ホットフィックスをダウンロード して、オーサーインスタンスにインストールすることをお勧めします。