Show Menu
トピック×

AEM Assets と Brand Portal の連携の設定

Adobe Experience Manager(AEM)Assets と Brand Portal の連携は、Adobe 開発者コンソールを通じて設定されます。開発者コンソールは Brand Portal テナントの認証用の IMS トークンを取得します。Brand Portal が AEM Assets Cloud Service、AEM Assets 6.3 以降でサポートされるようになりました。
AEM Assets を Brand Portal でサービスできるように設定すると、Brand Portal ユーザーと共にアセットを公開および配布できます。従って、AEM 6.3 以降で Brand Portal を設定すると、Brand Portal ユーザ向けにアセットの公開、アセットの配布、アセットの投稿機能が可能になります。
AEM Assets 6.3 以降の場合
これまで、Brand Portal は、旧来の OAuth ゲートウェイを通じてクラシック UI で設定されていました。このゲートウェイは、JWT トークン交換を使用して認証用の IMS アクセストークンを取得します。
旧来の OAuth を使用した設定は、2020 年 4 月 6 日以降はサポートされなくなり、Adobe 開発者コンソールを使用した設定に変更されました。
既存のお客様のみ
旧来の OAuth ゲートウェイを通じた設定は、既存のお客様には引き続きご利用いただけます。
旧来の OAuth ゲートウェイを通じた設定で問題が発生した場合は、Adobe 開発者コンソールで既存の設定を削除し新しい設定を作成します。
AEM Assets と Brand Portal の連携を設定する手順は、AEM のバージョンと、初めて設定するか既存の設定をアップグレードするかによって異なります。
AEM のバージョン
新しい設定
設定のアップグレード
AEM Assets as a Cloud Service
-
AEM 6.5(6.5.4.0 以降)
AEM 6.4(6.4.8.0 以降)
AEM 6.3(6.3.3.8 以降)
AEM 6.2
サポートへのお問い合わせ
サポートへのお問い合わせ