Show Menu
トピック×

Brand Portal でフォルダーを共有する

Brand Portal は、アセットの取り込みをサポートしていません。したがって、事前設定済みの AEM オーサーインスタンスから Brand Portal にアセットを公開する必要があります。

Brand Portal でのフォルダー共有ワークフロー

以下に、フォルダー共有のワークフローとユーザーアクセスを示します。
  • AEM Assets から Brand Portal に公開されるすべてのフォルダーは、レプリケーションの設定時に「公開」として指定されていない限り、デフォルトで Brand Portal 管理者にのみ表示されます。
  • 管理者は、 フォルダーのプロパティ ​コンソールを使用して、一部の選択したユーザーやグループとのみフォルダーを共有します。フォルダーを共有しているこれらのユーザーとグループのみが、Brand Portal へのログイン後にフォルダーを表示できます。それ以外のユーザーにフォルダーは表示されません。
  • 管理者は、 フォルダーのプロパティ ​コンソールの「 公開フォルダー 」チェックボックスを利用して、フォルダーを公開フォルダーとして設定できます。公開フォルダーはすべてのユーザーに表示されます。
  • ユーザーの役割と権限に関係なく、ユーザーが Brand Portal にログインすると、すべての公開フォルダーが表示されます。また、そのユーザーと直接共有しているフォルダーや、そのユーザーの所属グループと直接共有しているフォルダーも表示されます。非公開フォルダーや、その他のユーザーと共有しているフォルダーは、すべてのユーザーには表示されません。

Brand Portal 上でフォルダーをユーザーグループと共有する

フォルダーのアセットに対するアクセス権は、その親フォルダーに対するアクセス権に依存します。子フォルダーの設定には関係ありません。この動作は AEM 内の ACL によって制御されます。子フォルダーは親フォルダーの ACL を継承するためです。例えば、フォルダー A の中にフォルダー B があり、その中にフォルダー C がある場合、フォルダー A に対するアクセス権を持つユーザーグループ(またはユーザー)は、フォルダー B および C に対しても同じアクセス権を持ちます。フォルダー B は A の子フォルダーであるため A の ACL を継承し、フォルダー C はフォルダー B の子フォルダーであるため B の ACL を継承します。
同様に、フォルダー B のみに対するアクセス権を持つユーザーグループ(またはユーザー)は、フォルダー C に対して同じアクセス権を持ちますが、フォルダー A に対するアクセス権は持ちません。したがって、組織がコンテンツを整理する際には、広範囲に公開するアセットは子フォルダーに配置して、子からルートフォルダーへのアクセスを制限することをお勧めします。

公開フォルダーの公開

Brand Portal のレプリケーションの設定時に「 公開フォルダーの公開 」オプションが選択されない限り、管理者以外のユーザー(エディターや閲覧者など)が、AEM Assets から Brand Portal に公開されたアセットにアクセスすることはできません。
公開フォルダーの公開 」オプションが無効になっている場合、管理者がこれらのアセットを管理者以外のユーザーと共有するには、共有機能を使用する必要があります。
公開フォルダーの公開 」を有効にするオプションは、AEM 6.3.2.1 以降で利用できます。

共有フォルダーへのアクセス

以下の表に、様々なユーザーの役割が持つアクセス権と、アセットを共有/共有解除する権限を示します。
AEM Assets から Brand Portal に公開されたすべてのフォルダーへのアクセス
共有フォルダーへのアクセス
フォルダーを共有/共有解除する権限
管理者
編集者
不可*
可。ただし、そのユーザーと共有されている場合、またはそのユーザーの所属グループと共有されている場合のみ。
可。ただし、そのユーザーと共有されているフォルダー、またはそのユーザーの所属グループと共有されているフォルダーのみ。
閲覧者
不可*
可。ただし、そのユーザーと共有されている場合、またはそのユーザーの所属グループと共有されている場合のみ。
不可
ゲストユーザー
不可*
可。ただし、そのユーザーと共有されている場合、またはそのユーザーの所属グループと共有されている場合のみ。
不可
AEM オーサーインスタンスと Brand Portal のレプリケーションを設定する際、「 公開フォルダーの公開 」オプションはデフォルトで無効になっています。このオプションが有効になっている場合は、Brand Portal に公開されているフォルダーが、デフォルトですべてのユーザー(管理者以外のユーザーも含む)にアクセス可能になります。

管理者以外のユーザーによる共有フォルダーへのアクセス

管理者以外のユーザーは、Brand Portal 上でそのユーザーに共有されているフォルダーにのみアクセスできます。ただし、ポータルにログインしたときにこれらのフォルダーがどのように表示されるかは、「 フォルダー階層を有効化 」の設定によって異なります。
この設定が無効な場合
管理者以外のユーザーが Brand Portal にログインすると、自身に共有されているすべてのフォルダーがランディングページに表示されます。
この設定が有効な場合
管理者以外のユーザーが Brand Portal にログインすると、ルートフォルダーから始まるフォルダーツリーと、それぞれの親フォルダー内に含まれる共有フォルダーが表示されます。
これらの親フォルダーは仮想フォルダーであり、これらに対してアクションを実行することはできません。仮想フォルダーは鍵のアイコン付きで表示されます。
カード表示 ​でこれらをカーソルで指したり選択したりしても、共有フォルダーとは異なり、アクションタスクは表示されません。 列表示 ​や​ リスト表示 ​で仮想フォルダーを選択すると「 概要 」ボタンが表示されます。
仮想フォルダーのデフォルトのサムネールは最初の共有フォルダーのサムネール画像になることに注意してください。

フォルダーの共有

フォルダーを Brand Portal 上でユーザーと共有するには、次の手順を実行します。
  1. 左側のオーバーレイアイコンをクリックし、「 ナビゲーション 」を選択します。
  2. 左側のサイドパネルの「 ファイル 」を選択します。
  3. Brand Portal インターフェイスで、共有するフォルダーを選択します。
  4. 上部のツールバーの「 共有 」を選択します。
    フォルダーのプロパティコンソールが表示されます。
  5. デフォルトの名前をユーザーに表示しないようにする場合は、 フォルダーのプロパティ ​コンソールで、「 フォルダーのタイトル 」フィールドにフォルダーのタイトルを指定します。
  6. ユーザーを追加 」リストで、フォルダーを共有するユーザーまたはグループを選択して、「 追加 」をクリックします。フォルダーをゲストユーザーとのみ共有し、他のユーザーとは共有しない場合は、「 メンバー 」ドロップダウンから「 匿名ユーザー 」を選択します。
    グループのメンバーシップや役割に関係なく、すべてのユーザーがフォルダーを使用できるようにするには、「 公開フォルダー 」チェックボックスをオンにして、そのフォルダーを公開フォルダーに設定します。
  7. 必要であれば、「 サムネールを変更 」をクリックしてフォルダーのサムネール画像を変更します。
  8. 保存 」をクリックします。
  9. 共有フォルダーにアクセスするには、フォルダーを共有するユーザーの資格情報を使用して Brand Portal にログインします。インターフェイスで共有フォルダーを確認します。

フォルダーの共有解除

共有フォルダーの共有を解除するには、以下の手順に従います。
  1. Brand Portal インターフェイスで、共有を解除するフォルダーを選択します。
  2. 上部のツールバーの「 共有 」をクリックします。
  3. フォルダーのプロパティ ​コンソールの「 メンバー 」で、ユーザーの横にある x 記号をクリックして、このユーザーを、フォルダーを共有しているユーザーの一覧から削除します。
  4. 警告メッセージボックスの「 確認 」をクリックして、共有を解除することを確認します。「 保存 」をクリックします。
  5. 共有リストから削除したユーザーの資格情報を使用して、Brand Portal にログインします。そのフォルダーは、そのユーザーの Brand Portal インターフェイスで利用できなくなっています。