Show Menu
トピック×

フォルダーメタデータスキーマ

Adobe Experience Manager(AEM)Assets では、フォルダープロパティページに表示されるレイアウトとメタデータを定義する、アセットフォルダーのメタデータスキーマを作成できます。

フォルダーメタデータスキーマフォームの追加

フォルダーメタデータスキーマフォームエディターを使用して、フォルダーのメタデータスキーマを作成および編集します。
  1. AEM のロゴをタップまたはクリックし、 ツール アセット フォルダーメタデータスキーマ ​に移動します。
  2. フォルダーメタデータスキーマフォームページで、「 作成 」をタップまたはクリックします。
  3. フォームの名前を指定し、「 作成 」をタップまたはクリックします。新しいスキーマフォームがスキーマフォームページにリストされます。

フォルダーメタデータスキーマフォームの編集

以下を含む、新しく追加された、または既存のメタデータスキーマフォームを編集できます。
  • タブ
  • タブ内のフォーム項目
これらのフォーム項目を CRX リポジトリのメタデータノード内のフィールドにマップしたり、フォーム項目を設定したりできます。新しいタブまたはフォーム項目をメタデータスキーマフォームに追加できます。
  1. スキーマフォームページで、作成したフォームを選択し、ツールバーの「 編集 」アイコンをタップまたはクリックします。
  2. フォルダーメタデータスキーマエディターページで、 + アイコンをタップまたはクリックして、フォームにタブを追加します。タブの名前を変更するには、デフォルト名をタップまたはクリックし、「 設定 」に新しい名前を指定します。
    タブを追加するには、 + アイコンをタップまたはクリックします。タブを削除するには、「 X 」をタップまたはクリックします。
  3. アクティブになっているタブで、「 フォームを作成 」タブから 1 つ以上のコンポーネントを追加します。
    複数のタブを作成する場合は、コンポーネントを追加する特定のタブをタップまたはクリックします。
  4. コンポーネントを設定するには、コンポーネントを選択して、「 設定 」タブでそのプロパティを変更します。
    必要に応じて、「 設定 」タブからコンポーネントを削除します。
  5. ツールバーの「 保存 」をタップまたはクリックして変更内容を保存します。

フォームを作成するコンポーネント

フォームを作成 」タブには、フォルダーメタデータスキーマフォーム内で使用するフォーム項目が一覧表示されます。「 設定 」タブには、「 フォームを作成 」タブで選択した各項目の属性が表示されます。以下は、「 フォームを作成 」タブで使用可能なフォーム項目のリストです。
コンポーネント名
説明
セクションヘッダー
共通コンポーネントのリストに対してセクションヘッダーを追加します。
1 行のテキスト
1 行のテキストのプロパティを追加します。これは文字列として保存されます。
複数値テキスト
複数値テキストプロパティを追加します。これは文字列の配列として保存されます。
番号
数値コンポーネントを追加します。
日付
日付コンポーネントを追加します。
ドロップダウン
ドロップダウンリストを追加します。
標準タグ
タグを追加します。
非表示のフィールド
非表示のフィールドを追加します。このフィールドは、アセットの保存時に POST パラメーターとして送信されます。

フォーム項目の編集

フォーム項目のプロパティを編集するには、コンポーネントをタップまたはクリックし、「 設定 」タブで次のプロパティのすべてまたは一部を編集します。
フィールドラベル :フォルダーのプロパティページに表示されるメタデータプロパティの名前。
プロパティにマッピング :このプロパティは、フォルダーノードが保存されている CRX リポジトリ内でのフォルダーノードの相対パスを指定します。この値は、パスがフォルダーのノードの下にあることを示す「 ./ 」で始まります。
このプロパティの有効な値は次のとおりです。
  • ./jcr:content/metadata/dc:title :フォルダーのメタデータノードにある値を、プロパティ dc:title として格納します。
  • ./jcr:created :アセットの作成日時が格納されます。これは保護プロパティーです。これらのプロパティを設定する場合は、「編集を無効にする」とマークすることをお勧めします。
プロパティパスにスペースを含めないでください。コンポーネントがメタデータスキーマフォームに適切に表示されなくなります。
JSON パス :オプションのキーと値のペアを指定する JSON ファイルのパスを指定します。
プレースホルダー :このプロパティを使用して、メタデータプロパティに関連するプレースホルダーテキストを指定します。
選択肢 :リストの選択肢を指定するには、このプロパティを使用します。
説明 :メタデータコンポーネントの短い説明を追加するには、このプロパティを使用します。
クラス :プロパティに関連付けられているオブジェクトクラス。

フォルダーメタデータスキーマフォームの削除

フォルダーメタデータスキーマフォームページから、フォルダーメタデータスキーマフォームを削除できます。フォームを削除するには、フォームを選択し、ツールバーの「削除」アイコンをタップまたはクリックします。

フォルダーメタデータスキーマの割り当て

フォルダーメタデータスキーマフォームページから、またはフォルダーの作成時に、フォルダーにフォルダーメタデータスキーマを割り当てることができます。
フォルダーのメタデータスキーマを設定すると、スキーマフォームのパスは、フォルダーノードの folderMetadataSchema プロパティ(. /jcr:content 下)に保存されます。

フォルダーメタデータスキーマページからのスキーマへの割り当て

  1. AEM のロゴをタップまたはクリックし、 ツール アセット フォルダーメタデータスキーマ ​に移動します。
  2. フォルダーメタデータスキーマフォームページから、フォルダーに適用するスキーマフォームを選択します。
  3. ツールバーの「 フォルダーに適用 」をタップまたはクリックします。
  4. スキーマを適用するフォルダーを選択し、「 適用 」をクリックまたはタップします。既にフォルダーにメタデータスキーマが適用されている場合は、既存のメタデータスキーマを上書きするかどうかを確認する警告メッセージが表示されます。「 上書き 」をタップまたはクリックします。
  5. メタデータスキーマを適用したフォルダーのメタデータプロパティを開きます。
    フォルダーメタデータフィールドを表示するには、「 フォルダーメタデータ 」タブをタップまたはクリックします。

フォルダー作成時のスキーマの割り当て

フォルダーを作成するときに、フォルダーメタデータスキーマを割り当てることができます。システムに 1 つ以上のフォルダーメタデータスキーマが存在する場合は、 フォルダーを作成 ​ダイアログに追加リストが表示されます。希望のスキーマを選択できます。デフォルトではスキーマは選択されていません。
  1. AEM Assets ユーザーインターフェイスで、ツールバーの「 作成 」をタップまたはクリックします。
  2. フォルダーのタイトルと名前を指定します。
  3. フォルダーメタデータスキーマリストから希望のスキーマを選択します。次に、「 作成 」をタップまたはクリックします。
  4. メタデータスキーマを適用したフォルダーのメタデータプロパティを開きます。
  5. フォルダーメタデータフィールドを表示するには、「 フォルダーメタデータ 」タブをタップまたはクリックします。

フォルダーメタデータスキーマの使用

フォルダーメタデータスキーマが設定されたフォルダーのプロパティを開きます。フォルダープロパティページに「 フォルダーメタデータ 」タブが表示されます。フォルダーメタデータスキーマフォームを表示するには、このタブを選択します。
各種フィールドにメタデータ値を入力し、「 保存 」をタップまたはクリックして値を保存します。指定した値は、CRX リポジトリ内のフォルダーノードに保存されます。