Show Menu
トピック×

Connected Assets を使用した での DAM アセットの共有 Experience Manager Sites

大規模企業では、Web サイトの作成に必要なインフラストラクチャが分散していることがあります。Web サイト作成機能と、それらの Web サイトの作成に使用されたデジタルアセットが、別のデプロイメントに格納されている場合もあります。1つの理由は、連携して動作する必要がある既存の配置を地理的に分散させることができます。 もう1つの理由は、親会社が一緒に使用したい異種インフラストラクチャを導く買収です。
ユーザーは、でWebページを作成でき Experience Manager Sitesます。 Experience Manager Assets は、webサイトに必要なアセットを提供するDigital Asset Management(DAM)システムです。 Experience Manager とを統合して、上記の使用例をサポートするよう Sites になり Assetsました。

Connected Assets の概要

When editing pages in Page Editor, the authors can seamlessly search, browse, and embed assets from a different Assets deployment. 管理者は、の別の(リモートの)デプロイメントとの、のデプロイメントの1回限り Sites の統合を作成 Assetsします。
For the Sites authors, the remote assets are available as read-only local assets. この機能は、一度に少数のリモートアセットをシームレスに検索および使用できるようサポートします。To make many remote assets available on a Sites deployment in one-go, consider migrating the assets in bulk.

前提条件とサポートされているデプロイメント

この機能を使用または設定する前に、以下を確認してください。
  • ユーザーがそれぞれのデプロイメント上で適切なユーザーグループに属している。
  • For Adobe Experience Manager deployment types, one of the supported criteria is met. 6.5について詳し Experience Manager くは、Experience Manager 6.5 Assetsの 接続されたアセット機能を参照してください
    Sites クラウドサービス
    Experience Manager 6.5 AMS Sites 上
    Experience Manager 6.5 Sites オンプレミス
    Experience Manager Assetsクラウドサービス​
    サポート対象
    サポート対象
    サポート対象
    Experience Manager6.5 AMSAssets上​
    サポート対象
    サポート対象
    サポート対象
    Experience Manager6.5Assetsオンプレミス​
    サポートなし
    サポートなし
    サポートなし

サポートされているファイル形式

作成者は、コンテンツファインダーで画像や次のタイプのドキュメントを検索し、検索したアセットをページエディターで使用できます。 Download コンポーネントにドキュメントを追加したり、 Image コンポーネントに画像を追加できます。Authors can also add the remote assets in any custom Experience Manager component that extends the default Download or Image components. 次の形式がサポートされています。

関連するユーザーとグループ

この機能の設定や使用に関係する様々な役割と対応するユーザーグループについて、以下で説明します。ローカルスコープは、作成者がWebページを作成する場合に使用します。 リモートスコープは、必要なアセットをホストしている DAM デプロイメントで使用されます。The Sites author fetches these remote assets.
役割
対象範囲
ユーザーグループ
手順のユーザーネーム
要件
Sites administrator
ローカル
Experience Manager administrators
admin
Set up Experience Manager and configure integration with the remote Assets deployment.
DAM ユーザー
ローカル
Authors
ksaner
/content/DAM/connectedassets/ の取得済みアセットを表示/複製するために使用されます。
Sites 各手順で
ローカル
Authors (リモートDAMでの読み取りアクセスと、ローカルでの作成者アクセスを使用 Sites)
ksaner
End user are Sites authors who use this integration to improve their content velocity. The authors search and browse assets in remote DAM using Content Finder and using the required images in local web pages. ksaner DAM ユーザーの資格情報が使用されます。
Assets administrator
リモート
Experience Manager administrators
admin リモートで Experience Manager
クロスオリジンリソース共有(CORS)を設定します。
DAM ユーザー
リモート
Authors
ksaner リモートで Experience Manager
Author role on the remote Experience Manager deployment. Search and browse assets in Connected Assets using the Content Finder.
DAM ディストリビューター(テクニカルユーザー)
リモート
Sites Authors
ksaner リモートで Experience Manager
This user present on the remote deployment is used by Experience Manager local server (not the Sites author role) to fetch the remote assets, on behalf of Sites author. この役割は、上の 2 つの ksaner の役割とは異なり、別のユーザーグループに属しています。

Configure a connection between Sites and Assets deployments

An Experience Manager administrator can create this integration. Once created, the permissions required to use it are established via user groups that are defined on the Sites deployment and on the DAM deployment.
To configure Connected Assets and local Sites connectivity, follow these steps.
  1. Access an existing Sites deployment or create a deployment using the following command:
    1. In the folder of the JAR file, execute the following command on a terminal to create each Experience Manager server.
      java -XX:MaxPermSize=768m -Xmx4096m -jar <quickstart jar filepath> -r samplecontent -p 4502 -nofork -gui -nointeractive &
    2. After a few minutes, the Experience Manager server starts successfully. Consider this Sites deployment as the local machine for web page authoring, say at https://[local_sites]:4502 .
  2. Ensure that the users and roles with local scope exist on the Sites deployment and on the Assets deployment on AMS. Create a technical user on Assets deployment and add to the user group mentioned in users and groups involved .
  3. Access the local Sites deployment at https://[local_sites]:4502 . ツール アセット Connected Assets 設定 ​をクリックし、次の値を入力します。
    1. Assets 場所は https://[assets_servername_ams]:[port] です。
    2. DAM ディストリビューターの資格情報(テクニカルユーザー)。
    3. マウントポイント 」フィールドに、 が取得したアセットの格納先となるローカル パスを入力します。Experience Manager例: remoteassets フォルダー。
    4. オリジナルバイナリ転送の最適化しきい値 」の値をネットワークに応じて調整します。このしきい値より大きいサイズのアセットレンディションは、非同期で転送されます。
    5. データストアを使用してアセットを保存し、データストアが両方の デプロイメント間に共通のストレージである場合は、「 Connected Assets と共有されるデータストア 」を選択します。この場合、実際のアセットバイナリはデータストアに存在し、転送されないため、しきい値の制限は重要ではありません。
      図:Connected Assets の典型的な設定.
  4. アセットは既に処理され、レンディションが取得されたので、ワークフローランチャーを無効にします。Adjust the launcher configurations on the local (Sites) deployment to exclude the connectedassets folder, in which the remote assets are fetched.
    1. On Sites deployment, click Tools > Workflow > Launchers .
    2. DAM アセットの更新 ​および DAM メタデータの書き戻し ​ワークフローを含むランチャーを検索します。
    3. ワークフローランチャーを選択し、アクションバーの「 プロパティ 」をクリックします。
    4. In the Properties wizard, change the Path fields as the following mappings to update their regular expressions to exclude the mount point connectedassets .
    /content/dam(/((?!/subassets).)*/)renditions/original
    /content/dam(/((?!/subassets)(?!connectedassets).)*/)renditions/original
    /content/dam(/.*/)renditions/original
    /content/dam(/((?!connectedassets).)*/)renditions/original
    /content/dam(/.*)/jcr:content/metadata
    /content/dam(/((?!connectedassets).)*/)jcr:content/metadata
    作成者がアセットを取得する際、リモート デプロイメントで使用可能なすべてのレンディションが取得されます。取得したアセットのレンディションをさらに作成したい場合は、この設定手順をスキップしてください。The DAM Update Asset workflow gets triggered and creates more renditions. These renditions are available only on the local Sites deployment and not on the remote DAM deployment.
  5. Add the Sites instance as one of the Allowed Origins on the remote Assets' CORS configuration.
    1. 管理者の資格情報を使用してログインします。 Search for Cross-Origin . ツール 操作 Web コンソール ​にアクセスします。
    2. To create a CORS configuration for Sites instance, click icon next to Adobe Granite Cross-Origin Resource Sharing Policy .
    3. In the field Allowed Origins , input the URL of the local Sites, that is, https://[local_sites]:[port] . 設定を保存します。

リモートアセットの使用

Web サイト作成者は、コンテンツファインダーを使用して DAM インスタンスに接続します。Web サイト作成者は、コンポーネント内のリモートアセットを参照、検索、ドラッグできます。リモート DAM への認証をおこなえるよう、管理者から提供された DAM ユーザーの資格情報を手元に用意してください。
作成者は、ローカルDAMおよびリモートDAMインスタンスで使用可能なアセットを、単一のWebページで使用できます。 コンテンツファインダーを使用すれば、ローカル DAM の検索とリモート DAM の検索を切り替えることができます。
Only those tags of remote assets are fetched that have an exact corresponding tag along with the same taxonomy hierarchy, available on the local Sites instance. その他のタグは破棄されます。Authors can search for remote assets using all the tags present on the remote Experience Manager deployment, as it offers a full-text search.

使用手順

上記のセットアップを使用してオーサリングエクスペリエンスを試し、機能を理解してください。リモート DAM デプロイメントで、選択したドキュメントまたは画像を使用します。
  1. Navigate to the Assets interface on the remote deployment by accessing Assets > Files from Experience Manager workspace. または、ブラウザーで https://[assets_servername_ams]:[port]/assets.html/content/dam にアクセスします。選択したアセットをアップロードします。
  2. On the Sites instance, in the profile activator in the upper-right corner, click Impersonate as . ユーザー名として ksaner を入力し、提供されたオプションを選択し、「 OK 」をクリックします。
  3. サイト We.Retail us en で、We.Retail Web サイトページを開きます。ページを編集します。または、ブラウザーで https://[aem_server]:[port]/editor.html/content/we-retail/us/en/men.html にアクセスしてページを編集します。
    ページの左上隅にある「 サイドパネルを切り替え 」をクリックします。
  4. Open the Assets tab and click Log in to Connected Assets .
  5. 資格情報(ユーザー名: ksaner 、パスワード: password )を入力します。This user has authoring permissions on both the Experience Manager deployments.
  6. DAM に追加したアセットを検索します。リモートアセットは左側のパネルに表示されます。画像またはドキュメントでフィルタリングしてから、サポートされているドキュメントのタイプでさらにフィルタリングします。 Image コンポーネント上の画像と Download コンポーネント上のドキュメントをドラッグします。
    The fetched assets are read-only on the local Sites deployment. You can still use the options provided by your Sites components to edit the fetched asset. コンポーネントによる編集は非破壊的です。
    図:リモート DAM でアセットを検索するときにドキュメントタイプと画像をフィルタリングするオプション.
  7. アセットが非同期で取得され、取得タスクが失敗した場合、サイト作成者に通知されます。オーサリング中またはオーサリング後でも、作成者は 非同期ジョブ ユーザーインターフェースで取得タスクやエラーについての詳細情報を確認できます。
    図:バックグラウンドで発生するアセットの非同期取得に関する通知。
  8. When publishing a page, Experience Manager displays a complete list of assets that are used in the page. 公開時にリモートアセットが正常に取得されることを確認します。取得した各アセットのステータスを確認するには、 非同期ジョブ ユーザーインターフェースをご覧ください。
    1 つ以上のリモートアセットが取得されない場合でも、ページは公開されます。リモートアセットを使用するコンポーネントは空で公開されます。The Experience Manager notification area displays a notification for errors that show in async jobs page.
Web ページで使用された、取得済みのリモートアセットは、その格納先となるローカルフォルダー(上の手順の場合は connectedassets )へのアクセス権限を持つすべてのユーザーから検索や使用が可能となります。これらのアセットは、ローカルリポジトリでもコンテンツファインダー経由で検索および表示できます。
取得されたアセットは他のローカルアセットと同じように使用できます。ただし、関連するメタデータは編集できません。

制限事項

権限とアセット管理

  • ローカルアセットは、リモートデプロイメントの元のアセットと同期されません。DAM デプロイメント上での編集、削除または権限の失効は、ローカル側には一切伝播されません。
  • ローカルアセットは読み取り専用のコピーです。Experience Manager コンポーネントは、アセットに対して非破壊編集をおこないます。その他のいかなる編集もできません。
  • ローカルで取得されたアセットは、オーサリング用途でのみ使用できます。アセット更新ワークフローの適用やメタデータの編集はおこなえません。
  • 画像とリストに表示されるドキュメント形式のみがサポートされます。Dynamic Media、アセット、コンテンツフラグメントおよびエクスペリエンスフラグメントはサポートされません。
  • メタデータスキーマは取得されません。
  • All Sites authors have read permissions on the fetched copies, even if authors do not have access to the remote DAM deployment.
  • 統合をカスタマイズするための API サポートはありません。
  • この機能は、リモートアセットのシームレスな検索および使用をサポートします。多くのリモートアセットをローカルデプロイメントで一度に利用できるようにするには、リモートアセットの移行を検討します。
  • リモートアセットを ページプロパティ ユーザーインターフェイスのページサムネールとして使用することはできません。 Webページのサムネールは、 ページのプロパティ ( Thumbnail )ユーザインターフェイスで「画像を 選択」をクリックして設定できます。

セットアップとライセンス

  • Assets の展開 Adobe Managed Services はサポートされています。
  • Sites は、一度に1つの Assets リポジトリに接続できます。
  • A license of Assets working as remote repository.
  • One or more licenses of Sites working as local authoring deployment.

使用方法

  • リモートアセットを検索し、ローカルページ上のリモートアセットをドラッグしてコンテンツを作成する機能のみがサポートされています。
  • 取得操作は 5 秒でタイムアウトします。アセット取得時、問題が発生する場合があります(ネットワークに問題がある場合など)。Authors can reattempt by dragging the remote asset from Content Finder to Page Editor.
  • 取得されたアセットに対しては、単純な非破壊編集と、 Image コンポーネント経由でサポートされている編集をおこなえます。アセットは読み取り専用です。

問題のトラブルシューティング

一般的なエラーシナリオのトラブルシューティングをおこなうには、次の手順に従います。
  • If you cannot search for remote assets from the Content Finder, recheck and ensure that the required roles and permissions are in place.
  • リモート DAM から取得したアセットは、リモートに存在しない、それを取得するための適切な権限が不足している、ネットワーク障害などの理由で Web ページに公開されない場合があります。アセットがリモートDAMから削除されていないか、権限が変更されていないことを確認します。 適切な前提条件が満たされていることを確認します。 アセットをページに追加し直して、再公開してください。 アセット取得時のエラーについては、 非同期ジョブのリスト を確認してください。