Show Menu
トピック×

Adobe Experience Manager へのデジタルアセットの追加

Adobe Experience Manager は、アップロードされたデジタルファイルのバイナリコンテンツを、リッチメタデータ、スマートタグ、レンディションおよびその他のデジタルアセット管理(DAM)サービスで強化します。画像、ドキュメント、生の画像ファイルなど、様々な種類のファイルを、ローカルフォルダーまたはネットワークドライブから Experience Manager Assets にアップロードできます。
アップロード方法は多数用意されています。最もよく使用されるブラウザーアップロードに加えて、他の方法でも Adobe Experience Manager リポジトリにアセットを追加することができます。Adobe Asset Link や Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーションなどのデスクトップクライアント、ユーザーが作成するアップロードおよび取り込みスクリプト、AEM 拡張機能として追加されている自動取り込み統合などです。
ここでは、エンドユーザー向けのアップロード方法に焦点を当て、Adobe Experience Manager API および SDK を使用したアセットアップロードおよび取り込みの技術的側面について説明する記事へのリンクを示します。
Adobe Experience Manager では任意のバイナリファイルをアップロードおよび管理できますが、最もよく使用されるファイル形式については、メタデータ抽出やプレビュー/レンディション生成などの追加サービスもサポートされています。詳しくは、 サポートされているファイル形式 を参照してください。
アップロードしたアセットに対して追加の処理をおこなうように選択することもできます。アセットのアップロード先のフォルダーに様々なアセット処理プロファイルを設定して、特定のメタデータ、レンディションまたは画像処理サービスを追加することができます。詳しくは、この後の 追加処理 を参照してください。
Adobe Experience Manager as a Cloud Service では、直接バイナリアップロードという新しいアセットアップロード方法を利用します。この方法は、AEM ユーザーインターフェイス、Adobe Asset Link、AEM デスクトップアプリケーションなどの標準の製品機能やクライアントでデフォルトでサポートされているので、エンドユーザーがそれを意識することはありません。
ユーザー側の技術チームでカスタマイズまたは拡張されるアップロードコードでは、新しいアップロード API およびプロトコルを使用する必要があります。

アセットのアップロード

ファイル(または複数のファイル)をアップロードするには、デスクトップ上でファイルを選択して、ユーザーインターフェイス(Web ブラウザー)内の目的のフォルダーにドラッグ&ドロップします。または、ユーザーインターフェイスからアップロードを開始することもできます。
  1. Assets ユーザーインターフェイスで、デジタルアセットを追加する場所に移動します。
  2. アセットをアップロードするには、以下のいずれかの操作をおこないます。
    • ツールバーの「 作成 」アイコンをタップします。次に、メニューで「 ファイル 」をタップします。表示されたダイアログで、必要に応じてファイル名を変更できます。
    • HTML5 をサポートするブラウザーで、アセットを Assets ユーザーインターフェイスに直接ドラッグします。ファイル名を変更するためのダイアログは表示されません。
    複数のファイルを選択するには、ファイル選択ダイアログで、Ctrl キーまたは Command キーを押しながらアセットを選択します。iPad を使用している場合、一度に選択できるファイルは 1 つだけです。
  1. 進行中のアップロードをキャンセルするには、進行状況バーの横にある閉じるボタン(「 X 」)をクリックします。アップロード処理をキャンセルすると、AEM Assets はアセットのアップロード済みの部分を削除します。
    ファイルがアップロードされる前にアップロード操作をキャンセルすると、AEM Assets が現在のファイルのアップロードを停止し、コンテンツを更新します。ただし、既にアップロードされているファイルは削除されません。
  1. AEM Assets のアップロード進行状況ダイアログには、アップロードが成功したファイルと失敗したファイルの数が表示されます。
さらに、Assets ユーザーインターフェイスには、アップロードした最新のアセットまたは最初に作成したフォルダーが表示されます。
ネストされたフォルダー階層を AEM にアップロードする方法については、 アセットの一括アップロード を参照してください。

アセットが既に存在する場合のアップロードの処理

アセットのアップロード先に既に存在するアセットと同じ名前のアセットをアップロードすると、警告ダイアログが表示されます。
既存のアセットを置き換えるか、別のバージョンを作成するか、アップロードする新しいアセットの名前を変更して両方のアセットを残すかを選択できます。既存のアセットを置き換えると、アセットのメタデータと、既存のアセットに対して以前におこなった変更内容(注釈、切り抜きなど)は削除されます。両方のアセットを保持することを選択した場合は、新しいアセットの名前に数字の 1 が付きます。
名前の競合ダイアログで「 置換 」を選択すると、新しいアセットのアセット ID が再生成されます。この ID は以前のアセットの ID とは異なります。
アセットインサイトによる Adobe Analytics でのインプレッション数やクリック数の追跡が有効になっている場合は、再生成されたアセット ID により、Analytics から取得したアセットのデータが無効になります。
重複したアセットを AEM Assets で保持するには、「 保持 」をタップまたはクリックします。アップロードした重複アセットを削除するには、「 削除 」をタップまたはクリックします。

ファイル名の処理と禁止文字

AEM Assets では、ファイル名に禁止文字が含まれるアセットをアップロードできません。ファイル名に禁止文字が含まれるアセットをアップロードしようとすると、AEM Assets に警告メッセージが表示され、これらの文字を削除するか使用可能な名前でアップロードするまでアップロードが停止されます。
組織固有のファイル命名規則に合うように、アセットをアップロードダイアログでは、アップロードするファイルに長い名前を指定できます。
ただし、以下の文字(スペース区切りリスト)はサポートされていません。
  • アセットファイル名に含めてはいけない文字: * / : [ \\ ] | # % { } ? &
  • アセットフォルダー名に含めてはいけない文字: * / : [ \\ ] | # % { } ? \" . ^ ; + & \t

アセットの一括アップロード

多数のファイルをアップロードする場合、特に、ディスク上のネストされたフォルダー階層にファイルが存在する場合は、次の方法を使用できます。
セットアップした Adobe Experience Manager にデプロイする際に、他のシステムからのコンテンツ移行の一環として一括アップロードをおこなう場合は、使用するツールの入念な計画、検討、選択が必要です。コンテンツ移行方法のガイダンスについては、 デプロイメントガイド を参照してください。

デスクトップクライアントを使用したアセットのアップロード

Adobe Experience Manager では、Web ブラウザーユーザーインターフェイスに加えて、デスクトップ上の他のクライアントもサポートしています。Web ブラウザーを使用しなくても、これらのクライアントでアップロード操作をおこなうことができます。
  • Adobe Asset Link を使用すると、Adobe Photoshop、Adobe Illustrator、Adobe InDesign の各デスクトップアプリケーションで AEM 内のアセットにアクセスできます。これらのデスクトップアプリケーション内から、現在開いているドキュメントを Adobe Asset Link ユーザーインターフェイスを通じて直接 AEM にアップロードできます。
  • Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーション を利用すると、アセットのファイルタイプやアセットを操作するネイティブアプリケーションによらず、デスクトップ上でアセットを簡単に操作できます。ブラウザーアップロードではフラットなファイルリストのアップロードのみサポートしているので、ネストされたフォルダー階層内のファイルをローカルファイルシステムからアップロードできると非常に便利です。

追加処理

アップロードしたアセットに対して追加の処理をおこなうには、アセットのアップロード先のフォルダーに対するアセット処理プロファイルを使用できます。これらは、 フォルダーのプロパティ ​ダイアログで使用できます。
次のプロファイルがあります。
  • メタデータプロファイル :フォルダーにアップロードされたアセットにデフォルトのメタデータプロパティを適用できます。
  • 処理プロファイル :レンディション処理を適用したり、デフォルトレンディション以外にレンディションを生成したりできます。
また、現在の環境で Dynamic Media が有効になっている場合は、次のプロファイルも使用できます。
  • 画像プロファイル :アップロードしたアセットに特定の切り抜き( スマート切り抜き ​とピクセル切り抜き)設定やシャープ設定を適用できます。
  • ビデオプロファイル :特定のビデオエンコーディングプロファイル(解像度、形式、パラメーター)を適用できます。
アセットに対する Dynamic Media の切り抜きなどの操作は非破壊的です。つまり、アップロードした元の内容は変更されず、代わりに、アセットの配信時におこなわれる切り抜きやメディア変換のパラメーターが提供されます。
処理プロファイルが割り当てられているフォルダーの場合、プロファイル名がカード表示のサムネールに表示されます。リスト表示では、プロファイル名が「 処理プロファイル 」に表示されます。

API を使用したアセットのアップロードまたは取り込み

アップロード API およびプロトコルの技術的詳細、およびオープンソース SDK とサンプルクライアントへのリンクについては、開発者向けリファレンスの アセットアップロード に関する節に記載されています。