Show Menu
トピック×

AEM and Magento Integration using Commerce Integration Framework

AEMとMagentoは、Commerce Integration Framework(CIF)を使用してシームレスに統合されます。 CIFを使用すると、AEMはMagentoインスタンスにアクセスし、GraphQLを介してMagentoと通信できます。 また、AEM Authorは、製品/カテゴリの選択機能と製品コンソールを使用して、Magentoからオンデマンドで取り込んだ製品およびカテゴリデータを閲覧できます。 さらに、CIFには標準搭載のストアフロントが用意されており、これによりコマースプロジェクトの迅速化に役立ちます。

アーキテクチャの概要

アーキテクチャ全体を次に示します。
CIFはGraphQLのサポートに基づいて構築されます。 AEMとMagento間の主な通信チャネルは、Magentoの GraphQL API APIです。 Cloud ServiceとMagentoの間で通信を設定する方法は異なります。詳しくは、 「はじめに 」ページを参照してください。
CIF内では、サーバー側とクライアント側の通信パターンがサポートされます。 サーバー側API呼び出しは、組み込みの汎用 GraphQLクライアント 、およびMagentoGraphQLスキーマ用に生成されたデータモデル セットを組み合わせて使用して実装されます。 また、GraphQLクエリやGQL形式の変異も使用できます。
Reactを使用して構築されるクライアント側コンポーネントの場合は Apollo Client (Apollo Client)が使用されます。

AEM CIFコアコンポーネントのアーキテクチャ

AEM CIFコアコンポーネントのMagentoとのビジネスロジックとバックエンドの通信は、Slingモデルに実装されます。 プロジェクト固有の要件を満たすためにこのロジックをカスタマイズする必要がある場合は、Slingモデルの委任パターンを使用できます。
AEM CIFコアコンポーネントの AEM CIFコアコンポーネントのカスタマイズ カスタマイズページには、CIFコアコンポーネントのカスタマイズ方法に関する詳細な例とベストプラクティスが記載されています。
プロジェクト内では、AEM CIFコアコンポーネントとカスタムプロジェクトコンポーネントは、Sling Context-Aware設定を使用して、AEMページに関連付けられたMagentoストア用に設定されたクライアントを簡単に取得できます。