Show Menu
トピック×

Commerce Integration Frameworkを使用したAEMとサードパーティのコマース統合

エンタープライズビジネスでは、ストアフロントを強化するために、追加のサードパーティコマースソリューションが必要になる場合があります。 Commerce Integration Framework(CIF)は、Magentoに加えて、サードパーティのコマースソリューションもAEMと統合する必要がある場合に使用できます。 CIFには、アクセラレーターリファレンスストアフロント、AEM CIFコアコンポーネント、および標準搭載のMagentoで機能するオーサリングツールなどの要素が用意されています。 AEMとサードパーティのコマースソリューションを統合し、これらのCIF要素を再利用するには、追加の開発が必要です。

アーキテクチャ

アーキテクチャ全体を次に示します。
AEMとAEMのMagento — サードパーティのコマースの統合アーキテクチャの主な違いは、上の図に示すように、統合とデータ変換レイヤーを追加することです。 統合レイヤーは、AdobeのサーバーレスプラットフォームであるAdobe I/O Runtimeプラットフォームでホストする必要があります。 Adobe I/O Runtimeの詳細は こちら
この統合レイヤーの目的は、非MagentoまたはサードパーティのAPIをAdobeコマースAPI(MagentoGraphQL API)に対してマッピングすることです。 このマッピングにより、 AEM CIFコアコンポーネント 、およびCIFオーサリングツールで、Magento以外のソリューションからデータを取得できます。 このアプローチを使用すると、統合レイヤーは統合ロジックをカプセル化し、AEMとサードパーティのソリューションとの間に問題を分離します。 これにより、さまざまなサードパーティのソリューションで、CIF要素を不可知の方法で使用できます。 プロジェクトでCIF要素を使用する利点は、 概要

統合の開発

AEMに非Magento/サードパーティのソリューションを統合するために必要な統合レイヤーの構築を開始する際に役立つように、 リファレンス実装を作成し 、これを実証します。 この参照は、プロジェクトの開始点として使用できます。