Show Menu
トピック×

AEM コネクタの保守

ここでは、AEM コネクタの保守について説明します。コネクタの 実装 登録 に関する記事と共に参照してください。
初回登録後も、AEM の新しいリリースによって、またはそれとは関係なく(例:機能の追加やバグの修正など)パートナーが AEM コネクタを更新する理由が生じる可能性があります。ここでは、両方のシナリオについて手順の概要を説明すると共に、AEM のアップグレード時にユーザー側でコネクタを検証するための典型的な手順についても説明します。
AEM as a Cloud Service アプリケーションは、AEM メンテナンスパッチで日々更新され、より大規模な変更については機能リリース時に月単位でアクティベートされます。AEM の更新は後方互換性を保ってアプリケーションの障害を防ぐためのものですが、ベンダーパートナーは、自社のコネクタが期待どおりに動作することを定期的に検証するとよいでしょう。AEM プログラム/環境へのアクセスは、パートナーチームが決定します。