Show Menu
トピック×

AEMのCloud Serviceとしてのオーバーレイ

Cloud ServiceとしてのAdobe Experience Managerでは、オーバーレイの原則を使用して、コンソールやその他の機能(ページオーサリングなど)の拡張やカスタマイズが可能です。
オーバーレイは様々なコンテキストで使用される用語です。このコンテキスト(AEMをCloud Serviceとして拡張する)では、オーバーレイとは、定義済みの機能を取り込み、それに独自の定義を付加する(標準機能をカスタマイズする)ことです。
標準インスタンスでは、定義済みの機能はに保持され /libs 、ブランチの下にオーバーレイ(カスタマイズ)を定義する(リソースを解決する /apps 検索パスを使用する 検索パス )ことをお勧めします。
  • タッチ対応UIは Granite 関連のオーバーレイを使用します。
    • 方法
      • の下に適切な /libs 構造を再構築し /apps ます。
        1:1コピーは不要です。 Sling Resource Marge は、必要な元の定義を相互参照するために使用されます。 Sling Resource Merger は、差分メカニズムによってリソースにアクセスおよびマージするためのサービスを提供します。
      • Make any changes under /apps .
    • メリット
      • More robust to changes under /libs .
      • 実際に必要な項目のみを再定義できます。
Sling Resource Merger および関連する手法は、 Granite と併用する場合に限り使用できます。つまり、オーバーレイをスケルトン構造で作成する方法は、標準のタッチ操作対応 UI でのみ使用できます。
オーバーレイは、コンソールの設定、サイドパネル内にあるアセットブラウザーへの選択カテゴリの作成(ページのオーサリング時に使用)など、多くの変更において推奨される方法です。オーバーレイは、次の理由で必要になります。
  • You ** must not make changes in the /libs branch Any changes you do make may be lost, because this branch is liable to changes whenever upgrades are applied to your instance.
  • オーバーレイにより、変更を 1 箇所に集中させることができます。そのため、必要に応じて変更の追跡、移行、バックアップ、デバッグを実行しやすくなります。

検索パス

AEMは、検索パスを使用してリソースを検索し、(デフォルトでは)最初にブランチを検索し、次に /apps ブランチを検索し /libs ます。 This mechanism means that your overlay in /apps (and the customizations defined there) will have priority.
オーバーレイの場合、リソースは、OSGi設定で定義された検索パスに応じて取得されるリソースとプロパティの集計です。