Show Menu
トピック×

Moving to AEM as a Cloud Service

クラウドサービスとしてAEMに移行する利点

クラウドサービスとしてのAEMは、Experience Manager Sites & Assetsに対して、拡張性、安全性、機敏性の高いテクノロジーの基盤を提供し、マーケティング担当者やIT部門は、効果的なエクスペリエンスを大規模に提供することに集中できます。
AEMをクラウドサービスとして使用すると、チームは製品のアップグレードを計画する代わりに、革新に専念できます。 新しい製品機能は完全にテストされ、中断することなくチームに提供されるので、常に最新のアプリケーションにアクセスできます。

クラウドサービスへのトランジションプロセスについて

クラウドサービスへのトランジションの遍歴には、計画、実行、実行後の3つのフェーズが含まれます。
トランジションを円滑に行うためには、適切な計画を立て、本ガイドで概要を説明しているベストプラクティスに従う必要があります。
次の図に、クラウドサービスへの推奨されるトランジションの遍歴を図示します。
クラウドサービスへのトランジションの遍歴に関する様々なフェーズについて詳しく説明します。

Adobe Experience Manager as a Cloud Service に関するガイド

ユーザーガイド
説明
Adobe Experience Manager as a Cloud Service ドキュメントの概要については、まずこちらを参照してください。
このガイドでは、ソリューションの紹介、用語など、Adobe Experience Manager as a Cloud Service の概要を説明します。
このガイドでは、新機能、廃止される機能および削除された機能、既知の問題など、Adobe Experience Manager as a Cloud Service の最新リリースに関する重要な情報を提供します。
Adobe Experience Manager as a Cloud Service のセキュリティに関する重要なトピックについて説明します。
このガイドでは、この新しいサービスのアーキテクチャなど、Adobe Experience Manager as a Cloud Service の中心概念について紹介します。
Adobe Experience Manager Sites as a Cloud Service の管理方法について説明します。
Adobe Experience Manager Assets as a Cloud Service の管理方法について説明します。
クラウドサービスへのトランジションの遍歴を理解します。
開発のデプロイメントに関するトピックなど、Adobe Experience Manager as a Cloud Service のデプロイメントをカスタマイズする方法について説明します。
Adobe Experience Manager as a Cloud Service にソリューションを統合する方法を説明します。
インデックス作成やメンテナンスタスクなど、Adobe Experience Manager as a Cloud Service のバックエンド運用について説明します。