Show Menu
トピック×

Repository Modenizer

Repository Modenizerは、Cloud ServiceとしてAdobe Experience Managerに定義されたプロジェクト構造と互換性を持つように、コンテンツとコードを個別のパッケージに分割して、既存のプロジェクトパッケージを再構築するために開発されたユーティリティです。

概要

Cloud ServiceとしてのAdobe Experience Managerは、AEMプロジェクトに多くの新機能と可能性を提供します。 ただし、AEMCloud Serviceとの互換性を保つために、Adobe Experience ManagerMavenプロジェクトにはいくつかの変更が必要です。 高レベルでは、AEMは、可変コンテンツと不変コンテンツの分割を考慮して コンテンツ コードを個別のサブパッケージに分離する必要があります。 Cloud Service用の新しいAEMプロジェクト構造の詳細は、 AEMプロジェクト構造 (英語)を参照してください。
Repository Modenizerは、次の配置構造を作成することで、互換性のあるAEMCloud Serviceプロジェクト構造を作成します。
  • ui.apps パッケージがすべてのコードに展開 /apps され、コードが含まれます
  • ui.content 実行時に書き込み可能な領域(例: /content /conf 、、 /home または何も含まない /apps )、およびすべてのコンテンツと設定が含まれます。
  • all packageは、サブパッケージとを含むコンテナパッケージ ui.apps ui.content す。
プロジェクト構造は、パッケージとそれらの アーキタイプ 24に基づいて pom.xml/filter.xml files います。 Refer to Archetype 24 for more details.

リポジトリの最新化の使用

  • AdobeI/O CLIを使用:AdobeI/O CLIのCloud Serviceコードリファクタリングプラグインとして、 aio-cli-plugin-aem-cloud-service-migration AEMを介してRepository Modenizerを使用することをお勧めします。
  • スタンドアロンユーティリティとして、リポジトリ・モダナイザは、スタンドアロン・ユーティリティとして実行することもできます。
    詳しくは、 Gitリソースを参照してください。Repository Modenizer (リポジトリの最新化)を参照してください。
    Repository Modenizerは、NodeJSを使用して開発されています。 NodeJS 10.0以降をインストールすることをお勧めします。