Show Menu
トピック×

プログラムの作成

クラウドネイティブソリューションは、必要な権限とセルフサービスモデルに対するプログラムの作成機能をユーザーに提供します。
プログラムの作成ウィザードでは、特定の顧客または組織が使用できるプログラムの範囲内で、ユーザーの目標に従って詳細を送信するように求められます。
Cloud Managerへの初回アクセスのイベント、またはテナントにプログラムが存在しない場合は、「最初のプログラムを 作成 」画面が表示されます。 ユーザーが Escを選択するか 、ダイアログボックスの外側をクリックすると、次の画面が表示されます。

プログラムの作成ウィザードの使用

特定の顧客/組織が使用できる範囲内でプログラムを作成するユーザーの目的に応じて、プログラム作成ウィザードが表示され、1つ以上の詳細をユーザーに送信するように求めます。
If a program already exists, then you will see Add Program on the top right of the landing page, as shown in the figure below.

Sandboxプログラムの作成

サンドボックスプログラムを作成するには、次の手順に従います。
  1. プログラムの作成ウィザードで、「デモの 設定 」を選択します。 プログラム名は、「 作成 」を選択する前に送信されます。
  2. 新しいSandboxプログラムカードがランディングページに表示され、その上にマウスポインターを置いてCloud Managerアイコンを選択し、Cloud Managerの概要ページに移動できます。 カードは、新しく作成されたSandboxプログラムの自動セットアップの状態をユーザーに通知します。 進行状況が表示されます。
  3. プログラムの設定とプロジェクトの作成手順が完了したら、次の図に示すように、 Git リンクを管理にアクセスできます。
    Cloud Manager UIからセルフサービスのGitアカウント管理を使用してGitリポジトリにアクセスし管理する方法について詳しくは、 Gitへのアクセスを参照してください
  4. 開発環境を作成すると、次の図に示すように、AEM リンクに アクセスできます。
  5. 開発への非実稼動パイプラインのデプロイが完了すると、ウィザードに従って、開発時にAEMにアクセスするか、開発環境にコードをデプロイするかを行います。
    次に示すように、Cloud Managerの概要ページからプログラムの編集、切り替えまたは追加を行うこともできます。

正規プログラムの作成

正規 ** プログラムは、AEMとCloud Managerに精通し、コードを実稼働環境にデプロイする目的で、開始によるコードの記述、構築、テストを行う準備が整っているユーザーを対象としています。
正規プログラムを作成するには、次の手順に従います。
  1. プログラムの作成ウィザードで 「実稼働用に 設定」を選択して、正規プログラムを作成します。 ユーザーは、デフォルトのプログラム名を受け入れるか、「 続行 」を選択する前に編集できます。
  2. 上の画面の後に表示される画面にプログラムに含めるソリューションを選択します。
    次の画面は、複数のソリューションを購入した顧客のセグメントに対してのみ表示されます。 1つのソリューションのみを購入したお客様の場合、下のソリューション選択画面は表示されません。
  3. Once you have selected the solutions, click Create .
  4. ランディングページにプログラムカードが表示されたら、その上にマウスポインターを置いてCloud Managerアイコンを選択し、Cloud Managerの 概要 ページに移動します。
  5. メインの誘い文句(CTA:コールトゥアクション)カードは、環境の作成、非実稼働パイプラインの作成、最後に実稼働パイプラインの作成をユーザーに指示します。
    A regular program does not have Auto-setup feature.