Show Menu
トピック×

ユーザーとロールの追加

Cloud Manager の多くの機能には、使用するための特定の権限が必要です。例えば、プログラムの主要業績評価指標(KPI)を設定できるのは、特定のユーザーだけです。これらの権限は、論理的にグループ化されてロールになります。
Cloud Manager では、現在、特定の機能を使用できるかどうかを制御する次の 4 つのユーザーロールを定義しています。
  • ビジネスオーナー
  • プログラムマネージャー
  • デプロイメントマネージャー
  • デベロッパー
Cloud Manager を使用するには、Adobe ID と Adobe Managed Services 製品コンテキストが必要です。

ロールの定義

Admin Console の「開発者」ペルソナは、Cloud Manager の「デベロッパー」ロールとは無関係です。
ロールの概要を次の表に示します。
Cloud Manager のロール
説明
ビジネスオーナー
KPI の定義、実稼動デプロイメントの承認、重大な 3 層エラーのオーバーライドを担当します。
プログラムマネージャー
Cloud Manager を使用して、チームの設定、ステータスのレビュー、KPI の確認をおこないます。重大な 3 層エラーを承認することができます。
デプロイメントマネージャー
デプロイメント作業を管理します。Cloud Manager を使用して、ステージング環境または実稼動環境へのデプロイメントを実行します。CI/CD パイプラインを編集できます。重大な 3 層エラーを承認することができます。Git リポジトリにアクセスできます。
デベロッパー
カスタムアプリケーションコードを開発およびテストします。主に Cloud Manager を使用してステータスを確認します。Git リポジトリにアクセスして、コードをコミットできます。
コンテンツ作成者
通常は、Cloud Manager を操作しません。(Experience Cloud からナビゲートした)Cloud Manager プログラムスイッチャーを使用して、AEM にアクセスできます。